モニュメントバレー

アメリカの人気観光スポット「モニュメントバレー」で絶景を堪能しよう!

2018/09/22

モニュメントバレーは、アメリカが誇る人気の観光地です。広大な赤土の大地に巨大な砂岩が地面から突き出した風景が圧巻で、映画にも度々登場します。

ここでは、モニュメントバレーの基本情報や見どころ、おすすめのホテルなどをご紹介します。モニュメントバレーには、一度訪れたくなる魅力がいっぱいですよ!

モニュメントバレーってどんなところ?

モニュメントバレー
モニュメントバレーは、アメリカのユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がっています。

何億年も前の地層が雨や風などの浸食により削り落とされ、テーブルのような岩山(ビュート)やさらに細くなった砂岩(メサ)が突き出したように点在しており、この地でしか見られない風景が存在しています。

紀元前2000年からアメリカの先住民族であるナバホ族が現在も居住しています。ナバホ族にとっては神聖な場所であるとともに生活の地でもあるため、足を踏み入れる際にはナバホ族の許可が必要な場所もあります。

実は、映画のロケ地としても有名で、西部劇などもたくさん撮影されているモニュメントバレー。代表的な作品として「2001年宇宙の旅」、「バックトゥザフューチャー3」、「フォレスト・ガンプ」などがあります。

関連記事
大自然と独特の文化に溢れたユタ州はどんな場所?ユタ州の魅力を紹介!
地球の神秘を感じられるアリゾナ州で自然を体感できる観光を楽しもう

モニュメントバレーの楽しみ方

モニュメントバレー

モニュメントバレーは天然のインスタ映えスポット!

モニュメントバレーには砂岩が点在しており、撮影スポットがたくさんあります。

特に、晴れた日の夜には素晴らしい星空を眺めることが可能です。年間で晴天の日が約300日ありますので、青い空と赤土のコントラストや、砂岩にオレンジ色の朝日や夕日があたる光景は「世界一のサンライズ」と呼ばれています。

関連記事
一生に一度は行っておきたい!世界中のおすすめ絶景スポット・ホテルを紹介
自然の美しさを感じられる世界の絶景ホテル11選!

モニュメントバレーに行くならツアーがおすすめ

モニュメントバレーの道は未舗装で運転が難しい箇所もあるので、レンタカーでドライブする場合は注意が必要です。また許可がないと入れない場所もあるので、できればツアーを申し込むのがおすすめです。

ツアーにはジープや馬に乗って観光するもの、気球に乗って上空から眺められるものなどがあります。また、ナバホ族が主催するツアーでしか行けない場所もあります。

おすすめのビューポイント

モニュメントバレー
ここでは、いくつかのおすすめビューポイントをご紹介します。

ミトンズビュー

ビジターセンターからモニュメントバレーを眺めると、砂岩がまるで手袋(ミトン)のように見えます。この景観は「ミトンズビュー」と呼ばれており、モニュメントバレーの代表的な風景です。ちなみに、ビジターセンターは、レストランやギフトショップ、お手洗いが完備されているモニュメントバレー観光の拠点。各ツアーの発着所にもなっています。

フォレストガンプポイント

「フォレストガンプポイント」は、一直線にのびた道路のはるか向こうに砂岩がそびえ立つ、映画「フォレストガンプ」で有名になった場所です。

ジョンフォードポイント

モニュメントバレーには、映画「駅馬車」など西部劇で有名なジョンフォード監督が何度も彼の作品で撮影をした場所も。このスポットは「ジョンフォードポイント」と呼ばれています。

モニュメントバレーでおすすめのホテル

ここからは、モニュメントバレーでのおすすめホテルをご紹介します。

この付近にはホテルは数件しかなく、ハイシーズンは予約が取りにくいので、早めに予約しましょう。

ザ・ビューホテル

モニュメントバレーの公園内に建つホテルで、ビジターセンターに隣接しています。外観は赤茶色で周りの景観にも配慮された素敵なデザインになっています。

目の前にはミトンズビューの景色が広がり、ホテルの部屋からサンライズやサンセットを楽しむことができます。また、バルコニーの付いたお部屋もあり、夜は星空を思う存分楽しめます。

設備も整っており室内も綺麗です。内装はナバホ族ならではのネイティブアメリカンの雰囲気で統一されています。とても人気がありますので、ハイシーズンの予約は早めに済ませましょう。雄大な景色を独り占めできる素敵なホテルです。

宿泊料金はスタンダードなお部屋で1泊およそ2万円~4万円ほどです。

グールディングスロッジ

モニュメントバレーのメサ(台地状に浸食された巨大な岩山)の麓に張り付くように建っているホテルです。地上から見あげるメサはすごい迫力。

グールディングスロッジは歴史ある古いホテルですが、改装がされていて快適に時間を過ごせます。おすすめは新しく建てられたスィートタイプのコテージで、キッチンやリビング、2ベッドルームのお部屋などもあり、リラックスできること間違いなし!

ホテルの設備も充実しており、通年営業の屋内プールやナバホ族の郷土料理などが食べられるレストランやスーパー、ガソリンスタンドなども敷地内に完備されていて、小さな町のようになっています。

また、ジョンフォード監督が撮影の際、たびたびこのホテルを訪れていたことから、貴重な資料も展示されています。ナバホ族が主催のツアーの発着所にもなっており、各ツアーを毎日開催していますので、旅の拠点にして、長く滞在していただきたいホテルです。

宿泊料金はスタンダードなお部屋で1泊1万5千円~4万円となっています。

モニュメントバレーへのアクセス

モニュメントバレーへの最寄りの空港はラスベガスです。ラスベガスへは日本からアメリカ西海岸の主要都市経由になります。ラスベガスからモニュメントバレーまでは車で6時間半ほどです。

また、ラスベガスからモニュメントバレーをめぐる2~3日のツアーや、グランドサークルをめぐる4~5日間のツアーなどもあります。

関連記事
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

一度は訪れたい、モニュメントバレー

雄大な景色と、広大な大地のモニュメントバレーは、自然の力が作り出した素晴らしい景色が広がっています。何千年の地球の歴史を感じさせる砂岩と、ネイティブアメリカンの歴史は世界のここにしかない風景です。

また、自然に溶け込んだ素晴らしいホテルもありますので、きれいな夕焼けや星空をぜひゆったりと堪能してみて下さい。これぞ、アメリカと思わせる圧巻の絶景を見に行く価値は十分ありますよ!