空港からラスベガスへのアクセス方法と便利な交通機関を種類別に紹介

2018/06/11

世界でもっとも有名なカジノの街といえば、ラスベガスです。

しかし、ラスベガスはギャンブルだけの町ではありません。有名ホテルでは連日さまざまなショーやコンサートなどが開催され、家族でも楽しめる世界的一のエンターテイメントシティなのです。

ここでは、空港からラスベガスへのアクセス方法と市内での交通機関について紹介していきます。

空港からのラスベガスへのアクセス

ラスベガス 空港
ラスベガスにもっとも近い空港は、マッカラン国際空港(McCarran International Airport)です。

ラスベガスのダウンタウンから約9kmの距離にあり、アメリカ国内ばかりでなく世界各国からの便が発着しています。空港内には1000台以上のスロットマシンがずらりと並び、まさにラスベガスの玄関というイメージです。

空港からラスベガス市内へ行く方法は、「タクシーを利用する」「バスに乗る」「レンタカーを借りる」の3つがあります。

関連記事
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう

タクシーを利用してラスベガスへ移動する

グループで行動するのには、タクシーが便利です。

ラスベガス市内は、「ストリップ地区」と「ダウンタウン地区」に分かれます。

ストリップ地区は、ホテルやショッピングモールなどが集中したラスベガスの中心街です。主要なホテルはこの地区にあるので、観光客が向かうのはこの地区になります。

タクシー乗り場は、到着ターミナル1の場合、手荷物引取所東側出口の1~4にあります。到着ターミナル3の場合は、0階。国際線はビルの東側、国内線は西側の外にあります。

料金はストリップ地区まで15ドル~25ドルで、時間は約10~20分で到着します。

タクシー利用の場合は、料金とは別にチップが必要です。料金の15%~20%を目安にして下さい。また、アメリカのタクシーは日本のようにドアが自動ではありません。タクシーから降りたら必ずドアを閉めるようにして下さい。

関連記事
アメリカのダウンタウンの魅力とおすすめカジノを紹介

バスに乗ってラスベガスへ

マッカラン国際空港からラスベガスのストリップ地区にいくバスには2つのタイプがあります。

一つはシャトルバンです。いわゆる乗り合いバスで、目的地まで運んでくれます。料金はストリップ地区まではおよそ11ドルからで2人以上のグループなら割引もあります。

シャトルバンに乗るには、空港のサービスカウンターでの申し込みが必要です。サービスカウンターは、ターミナル1の場合、手荷物引取り所の西出口7~12の外に、ターミナル3は0階、際線はビルの東側、国内線はビルの西側の外にあります。

チップは、荷物ひとつあたり1ドルぐらいを目安にして下さい。また、シャトルバスは乗り合いバスですから、乗客の目的地よっては遠回りする場合もあります。到着時間に幅があることは覚悟しておきましょう。

もう一つのバスは、RTCバスです。RTCバスはストリップ地区を経由する郊外行きの急行バスです。

バス乗り場は、ターミナル1からは無料のシャトルバスで行けます。ターミナル3の場合は、ビルの西端から出て左手を案内板に従って行くと乗り場があります。

料金は6ドルで乗車時に直接運転手に支払います。バスではおつりがでないので、必ず小銭を用意しておきましょう。

レンタカーを借りる

時間を気にせず自由に移動するにはレンタカーが便利です。

マッカラン国際空港の近くにはマッカランレンタカーセンターがあり、空港から無料のバスが巡回しています。バス乗り場へは、手荷物引取り所から頭上のRental Car Shuttleという案内表示に従って歩けばたどり着けます。

当日でもレンタカーを借りることはできますが、手続きが面倒なので事前に予約しておくことをオススメします。

また、日本の運転免許証以外に国際免許証が必要になります。国内の運転免許センターや警察署で即日で取得できるので、海外で車を運転する場合には必ず取得しておきましょう。

ラスベガス市内の移動方法

ラスベガス 空港 アクセス
ラスベガスにはカジノやショー、イベントなど開催しているホテル以外にもさまざまな観光スポットがたくさんあります。

ホテルが集中するストリップ地区のメインストリートは約6.8kmと長いので、効率的に移動するには交通手段を利用するのがベストです。

ラスベガス市内を移動する交通手段には「モノレール」と「バス」があります。

モノレールでラスベガス市内を移動する

ラスベガス 空港 アクセス
モノレールには、無料モノレールと有料モノレールがあります。

無料モノレールは、同系列のホテル間を移動します。

ミラージュホテル~トレジャーアイランドホテル」「ベラージオホテル~モンテカルロホテル」「エクスカリバーホテル~ルクソールホテル~マンダレイベイホテル」の3区間があります。

運行時間はそれぞれ異なりますが、5分~10分間隔で運行しているので、滞在先のホテルがある人は大いに利用しましょう。

MGMグランドホテルから北サハラ駅までラスベガス大通を沿って走っているのが、有料モノレールです。ストリップ地区東側の主要ホテルから移動する場合は便利な手段です

料金は、1回乗車券が5ドル、24時間乗り放題のワンデイパスが12ドル、3日間が28ドルです。深夜2時ぐらいまで運行しているので、何回も利用する場合はワンデイパスがお得です。

バスでラスベガス市内を移動する

ラスベガス 空港 アクセス
ラスベガス市内を走るバスには、Deuce(デュース)とSDX(The Strip & Downtown Express)の2つがあります。

Deuce(デュース)は、24時間ストリップ地区の主なホテルに停車する2階建てバスです。料金は、1回券(2時間まで利用可能)が6ドルと割安で、ホテル間を移動するには最適です。

SDXは、2連結車両の急行バスです。少し離れたアウトレットモールやダウンタウンへの移動に利用します。料金は、1回券(2時間まで利用可能)が6ドル、1日券8ドルです。

また、同系列ホテルを移動する無料シャトルを利用するのもよいでしょう。ただし、本数が多くないのでナイトクラブなどに行くにはタクシーを利用するのがベストです。

ラスベガスをゴージャスに移動したいのなら、リムジンをチャーターする方法もあります。料金は1時間あたり100ドルで最低時間が3時間からのケースが多いようです。5~6人のグループなら試して見るのもよいですね。

交通手段をうまく使ってラスベガス旅行を楽しんで!

老若男女だれもが楽しめるエンターテイメントシティ、ラスベガス。カジノで遊ぶのもいいですし、ショーやコンサートも楽しみたいですよね。ショッピングをするのもいいかもしれません。

ラスベガスは24時間寝るのも忘れてしまう魅力がいっぱいです。世界有数の不夜城でステキな体験を味わって下さい。

関連記事
旅行に行く前に要チェック!おすすめのラスベガス旅行記を紹介
カジノの聖地 ラスベガスでカジノもショーも楽しめるプランを紹介
黄金に輝くラスベガスのカジノホテル「マンダレイ・ベイ」を紹介
TAGS