ラニカイビーチ

天国の海と呼ばれるラニカイビーチの美しい魅力とアクセス方法を紹介

2018/06/11

ラニカイビーチとはハワイのオアフ島東部に位置しています。天国の海と呼ばれるビーチは、その名の通り白い砂と青い海がまさに絶景で、ハワイでも有数のビーチです。

ここでは、ラニカイビーチはどんなところか、ラニカイビーチの魅力、アクセスをご紹介します。ハワイに訪れた際にはぜひ立ち寄っていただいきたいスポットです。

ラニカイビーチはどんなところなのか

ラニカイビーチ
ハワイ州はアメリカ州のひとつで、ラニカイビーチやホノルルがあるオアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島など主要な6つの島で成り立っています。

日本人に大変人気のあるハワイですが、オアフ島にあるワイキキビーチやアラモアナショッピングセンターなど、訪れた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ショッピングやアクティビティなども充実し、気候もよく、日本語も通じやすいハワイは、自然もとても豊かな場所ですので、街でのんびりされるのもいいのですが、海や山に観光しに行くのもおすすめです。

最近はラニカイビーチへ行く観光客も少しづつ増えてきています。ワイキキビーチなどに比べれば比較的、静かなビーチでのんびりできます。

ハワイ語でラニ=天国、カイ=海という意味で、まさに天国の海。ハワイで一番美しいビーチだという評判も高いラニカイビーチの魅力をご紹介します。近くにはオシャレな観光スポットもあるので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事
ハワイの中でも特に人気の高い!「オアフ島」の魅力とおすすめスポットを紹介
「庭園の島」と呼ばれるハワイのカウアイ島の基本情報とおすすめを紹介
ハワイの定番スポット!アラモアナセンターの充実した魅力を紹介!

ラニカイビーチの魅力

ラニカイビーチ
ハワイで一番美しいといわれるラニカイビーチですが、実際に全米No.1に輝いたこともあるアメリカズベストビーチのひとつです。

また、このビーチの特徴としてビーチから遠くに見える2つの小島が双子の島になっており二つ合わせてモクルアと呼ばれています。写真スポットはもちろん、絵を書くために訪れる人も多くいます。

高級住宅街の中にある、隠れ家的なビーチで、住宅の間にある小道を抜けると、綺麗な海が広がります。ビーチへ抜ける小道は何本かあり、それぞれ違う風景を感じられます。

治安もよく過ごしやすいビーチです。ワイキキからも少し離れているため、人もまばらな時間が多いです。

遠浅で波も穏やかなビーチはシュノーケリングにもぴったりで、ウミガメ保護区に指定されているので、ウミガメにも会えるかもしれません。

自然のままを大事にしているため、売店や更衣室、トイレなどの設備はありませんので、必要なものは持参しましょう。また、ライフガードもいませんので、遊泳の際には安全に十分注意してください。

ラニカイビーチには駐車場がなく、路上駐車できる場所も少ないですが、隣のカイルアビーチは駐車場がありますので、ここまでバスや車で向かい、徒歩、またはレンタサイクルでラニカイビーチに向かうという方法がおすすめです。

カイルアビーチは設備も整っていますので、必要なものを揃えてから向かうのもいいかもしれません。シュノーケルセットなどもカイルアビーチでレンタルするか、持参しましょう。

ラニカイビーチからカイルアビーチまでは徒歩で15~20分ほどで、カイルアビーチ付近のカイルアタウンには、アンティークな雑貨店やオシャレなカフェ、可愛いショップがあり、女性に大変人気のスポットです。

ラニカイビーチで泳いだ後は、カイルアタウンでショッピングというのもおすすめです。ぜひ、あわせて訪れてみてください。

関連記事
オアフ島の中でも1.2を争う美しさ! カイルアビーチパークの魅力
美しいサンセットを眺められる ハワイ サンセットビーチの魅力

ラニカイビーチへのアクセス

ラニカイビーチ
日本国内各空港から、ハワイホノルルへはまず、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)へ空路で向かいます。

空港からホノルル中心部へは約10㎞あるため、ツアーなら送迎用シャトルバス、なければタクシーやレンタカー、空港シャトルバスなどで向かいます。

ワイキキからラニカイビーチへはオプショナルツアーや現地ツアーに申し込むと、主要なスポットを巡ってくれアクセスを考える心配もないので、初めてのハワイへ旅行に来た方などにおすすめです。

アラモアナショッピングセンターからラニカイビーチまでは車で約45分です。ゆったりと自分のペースで時間をかけてめぐりたいという方には、交通機関やレンタカーを使ってビーチを思う存分楽しむのもよいでしょう。

バスで行く場合はまずカイルアタウンに向かいましょう。カイルアタウンから海の方へ向かうとカイルアビーチがあり、その奥にラニカイビーチがあります。

カイルアタウンからは、ラニカイビーチ行きのバスに乗り換えるか、徒歩で向かいます。レンタサイクルなどもサイクリングロードがあるので運転しやすく便利です。

カイルアタウンからカイルアビーチまでは徒歩で約20分、そこからラニカイビーチまではさらに徒歩で約15分です。

少し遠いのでは?と思われるかもしれませんが、街にはアンティークショップや、ビーチに必要なものが購入できるお店やスーパーなどがあり、楽しみながら歩くことができます。

しかし、この距離を往復するのはちょっと辛いと思う方は、片道をバスにしてみたり、レンタサイクルにするなど、しっかり計画しましょう。

また、タクシーでも向かえますが、帰りのタクシーを捕まえられる保証はありませんので気を付けましょう。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ラニカイビーチでのんびりと自然を満喫しよう

ワイキキからラニカイビーチへのアクセスは正直あまりよくはありません。

しかし、それゆえに、手つかずの自然が残っており、閑静な住宅街をぬけたところにありますので、ビーチはとても静かです。時間をかけて訪れる価値は十分にあると思います。

真っ白い砂とコバルトブルーの海は、透明度も高くシュノーケリングをしたり、ゆっくりと砂浜で波音を聞きながらお昼寝するのもいいかもしれません。

ハワイは何度も行ったという方も初めての方も少し足を延ばして、天国の海といわれる景色をぜひ楽しんでみてください。