ラスベガス カジノ

世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう

2018/10/23

世界一有名なエンタテインメントの街といえば、ラスベガス。その中でも、24時間いつでも熱中できる大人の遊びにカジノがあります。

ラスベガスのカジノは、映画のワンシーンが飛び出したような、華やかさとワクワク感が魅力的です。

この記事では、ラスベガスの基本情報とカジノ情報、そしておすすめのカジノホテルを紹介していきます。

ラスベガスってどんな場所?

ラスベガス カジノ

ラスベガスは、アメリカネバダ州南部にある、カジノで有名なリゾート地です。

1848年にカリフォルニア州でゴールドラッシュが起きた頃から、カリフォルニア州に向かう途中の中継地として、定住者が増え始めました。

1931年に賭博が合法化され、第二次世界大戦後から徐々にカジノホテルが増え始めました。そして、現在の状態まで発展を遂げています。

残念ながら、今は日本からの定期直行便がなく、一般的にはロサンゼルスやサンフランシコ、シアトルなど、アメリカ西海岸の都市からの乗り換えになります。

ラスベガス行きの航空券は、閑散期だとエコノミークラスで8万円ほどで購入できます。

ロサンゼルスから車で4時間ほどで行けるため、砂漠の景色を楽しみながらドライブして行くこともできます。

さらに、グランド・キャニオンにも近く、同じく4時間ほどのドライブで行けます。一度の旅行にロサンゼルス、ラスベガス、グランド・キャニオンの3ヶ所を回ることも可能です。

関連記事
カジノの聖地 ラスベガスでカジノもショーも楽しめるプランを紹介

ラスベガスのカジノで注意することと基本情報

ラスベガスのカジノは、24時間営業で年中無休、入場は無料です。

閉店時間を気にせずに遊べますが、カジノ内には時計がないため、時間を忘れて熱中してしまいがちです。腕時計やスマートフォンなどを忘れずに携帯しましょう。

ドレスコードは以前と比べて緩くなっていますが、短パンやサンダルなどのラフすぎる格好は、入場拒否されることがあります。

ラスベガスのカジノは、21歳未満の入場が禁止されています。アジア人は実年齢よりも幼く見られてしまい、年齢認証を求められることが多いです。パスポートを必ず持参しましょう。

また、不正防止のため、カジノ内での写真やビデオの撮影は禁止です。記念写真はロビーで済ませましょう。

カジノ内では、カクテルやドリンクなどが配られています。欲しい時は自ら立ち上がって取りに行かずに、声をかけて持ってきてもらうようにしましょう。

フリードリンクなため無料ですが、ウエイトレスに$1ほどのチップを渡すとスマートです。

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介

ラスベガスのおすすめカジノホテル3選

ラスベガスには多くのカジノホテルがあります。

ここからは、その中でも特におすすめのカジノホテルを紹介していきます。自分に合ったカジノホテルを見つけると、よりラスベガス旅行を楽しむことができますよ。

関連記事
黄金に輝くラスベガスのカジノホテル「マンダレイ・ベイ」を紹介
ラスベガスに立つピラミッドの正体は? ルクソール・ホテルの魅力

ベニスをイメージした ベネチアン・ラスベガス

ベネチアン・ラスベガスは、イタリアの水都・ベニスをイメージして作られた、全室スイートルームの大型カジノリゾートです。

人工運河でゴンドラに乗ることができ、大型ショッピングモールも併設されていて、カジノ以外にもいろいろ楽しめるテーマパークのようになっています。

もちろん、メインとなっているカジノフロアも、とてもゴージャスです。イタリア建築を思わせる、高級感あふれる内装となっています。一泊20,000円ほどから泊まれます。

映画好きにはたまらない プラネット・ハリウッド・リゾート

ラスベガス カジノ
プラネット・ハリウッド・リゾートは、ハリウッド映画をテーマにしたカジノリゾートです。若者に人気の高いモダンなデザインで、ハリウッドゆかりのコレクション品が多く飾られています。

映画好きにはたまらない空間となっています。

館内には、カジノの他、ナイトクラブやサーフィンができるプールなど、若者向けの施設が完備されています。プラネット・ハリウッド・リゾートのカジノでは、特にブラックジャック台が多く設置されています。

一泊12,000円ほどから泊まれます。

パリス・ラスベガス

ラスベガス カジノ
パリス・ラスベガスは、ド派手なエッフェル塔のレプリカが目印のカジノリゾートです。

パリをモチーフに、凱旋門やルーブル博物館など、パリのランドマークを忠実に再現しています。パリの街並みをイメージしたカジノフロアは、まさに大人のテーマパークです。本格的なフランス料理を味わえるのも魅力的です。

パリス・ラスベガスも一泊12,000円ほどから泊まれます。

ラスベガスのカジノでの遊び方

カジノで初心者におすすめのカジノゲームは、スロットマシーンです。

テーブルゲームのようにチップに両替する必要がなく、現金をスロットマシーンに投入するだけでゲームができます。また、たったの1セントから遊べるマシーンもあるため、初心者に人気が高いです。

また、テーブルゲームで初心者に特に人気が高いゲームは、ルールがシンプルなルーレットです。

具体的な数字を選ぶのはもちろん、偶数か奇数、赤か黒、または18以下か19以上という賭け方ができます。50%の確率で勝つことができ、大変遊びやすいゲームです。

ラスベガスのカジノでは他に、ブラックジャックやバカラ、ポーカー、クラップスなどが遊べます。初心者向けのゲームに慣れてきたら、ぜひルールを覚えて挑戦してみましょう。

関連記事
カジノで遊べるゲームの種類って?種類別にゲームのルールを紹介!

ラスベガスのカジノでのルール

テーブルゲームでは、まずディーラーに現金からチップに替えてもらいます。不正防止のため、現金を手渡さずにテーブルの上に置いてください。

逆に、ゲームが終わったら、両替窓口でチップを現金に替えてください。スロットマシンでは、現金がそのまま使えます。

なお、ラスベガスでのミニマムベッド(最低賭け金)は、毎日テーブルごとに変動します。あらかじめ確認してからゲームを始めましょう。

ゲームが終わり、テーブルを離れる時には、感謝の気持ちを込めてディーラーにチップを渡しましょう。この時も現金ではなく、賭けに使ったチップをテーブルに置きます。

また、ラスベガスでは明確なチップのルールはありませんので、自分が渡したい額だけ渡せばよいです。負けた時に無理して渡す必要もありません。

カジノといえばラスベガス!

様々な大型カジノリゾートが集まるラスベガス。各カジノごとにテーマが違うため、内装を見回るだけでも十分楽しめます。

また、少ない賭け金から始められるため、初心者でも安心して遊べます。

ラスベガスには、カジノ以外にも、ショッピングやダイニング、コンサートやショーなど、アトラクションが盛りだくさんです。そんな魅惑の町・ラスベガスで、ぜひアメリカンドリームを叶えてみませんか?