ラスベガスの一等地にある老舗ホテル シーザーズ・パレスの魅力

2018/06/18

「カジノ」「高級」「欲望」「VIP」ここから連想される場所といったら、ズバリ「ラスベガス」ですよね。

そんなラスベガスの一等地にあるホテル「シーザーズ・パレス」をご存知でしょうか?50年の歴史と今、なお止まらない進化を続ける老舗ホテルです。泊まれるものなら泊まってみたいですよね。

ここでは、シーザーズ・パレスについて詳しく紹介していきたいと思います。興味がある人も無い人も、ぜひ一度ご覧になって、高級感漂うその場所の雰囲気を掴んでみてください。

シーザーズ・パレスってどんな場所?

シーザーズ・パレス
シーザーズ・パレスとはアメリカ、ラスベガスにある高級老舗ホテルです。創業は1966年で、50周年を超えた現在でも一等地で存在感を放ち続けています。

シーザーズ・パレスはラスベガスの中でも最も華やかな場所と称される「ラスベガスストリップ」の中心にあり、古代ローマを模した外観や噴水、モニュメントの存在から宮殿と言っても過言ではないような宿泊施設になっています。

その魅力は外身だけには留まらず、コンテンツも充実しています。ラスベガスの目玉「カジノ」、和洋中揃った「ビュッフェ」、「ショッピング」、セリーヌ・ディオンなどを招く「コンサート」などといった催しがあり、寝て終わりの場所とは到底言えないでしょう。

ただ、そんなシーザーズ・パレスも、ボクシングやマジックの大きな大会が別会場に移ってしまうなど、苦境にあえいだ時期はありました。

しかし、新しい施設を建設したりと様々な試みがなされており、50年の歴史に執着すること無い姿勢が名門たる由縁につながっています。

関連記事
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう
空港からラスベガスへのアクセス方法と便利な交通機関を種類別に紹介

趣向の異なる 6 棟のホテルのタワー

シーザーズ・パレスは敷地内に6棟のホテルタワーが存在しています。それぞれ、「ローマン・タワー」「フォーラム・タワー」「パレス・タワー」「アウグストゥス・タワー」「オクタヴィアス・タワー」「ノブ・ホテル」といいます。

ローマン・タワーが一番リーズナブル、アウグストゥスとオクタヴィアスには専用チェックインが存在するといった違いがあります。

日本人シェフ・松久信幸プロデュース「ノブ・ホテル(Nobu Hotel)」

そんな6つの棟のなかでも、特に注目すべきは「ノブ・ホテル」です。

ここは世界的に有名な日本人料理人の松久信幸さんがプロデュースを行ったホテルとして有名です。2013年2月にオープンしたこの場所ではセレモニーが開かれ、俳優のロバート・デ・ニーロ氏も参加するなど、話題を呼びました。

 

View this post on Instagram

 

Nick Tillinghastさん(@tillweezy)がシェアした投稿

日本人シェフプロデュースということで、テーマは「和」。他に専用コンシェルジュやプライベートプール、ナイトクラブのVIPアクセスといったサービスを受けることができるので、非日常体験をしっかりと味わえるはずです。

なにより、ここの宿泊客は「レストラン ノブ(松久信幸さん監修のレストラン)」の料理を24時間ルームサービスでオーダーすることができます。最高級な料理をお手軽に頼めてしまう、一気にセレブの仲間入りですね。

シーザーパレスのカジノ

シーザーズ・パレス
カジノの本場といっても過言ではないラスベガス。

シーザーズ・パレス内においてもカジノは充実しています。

古代ローマ時代をモチーフにしたデザイン

カジノは古代ローマ時代をモチーフにしたデザインとなっています。格式高く、年齢制限や撮影制限があるのでそれには注意ですが、大人の遊びを楽しめる空間であることは間違いありません。

また、特に驚くべきはその広さ。

1万2000平米とも言われるカジノスペースにはスロットやポーカーといった定番ゲームはもちろん、スポーツベッティングといったゲーミングスペースも存在しており、飽きることはないでしょう。

レストランやバーも併設されているので、ディナーがてらに立ち寄っても良さそうです。

ポーカールームは、大きなフロア面積に62台のポーカーテーブルが設置

前述の広さに加えて、ポーカールームはひと際存在感を誇ります。

 

View this post on Instagram

 

Caesars Palaceさん(@caesarspalace)がシェアした投稿

シーザーズ・パレスのカジノはラスベガスの中でもポーカープレイヤーが集まるカジノとして有名な場所です。

全62台のテーブルに、紳士なディーラー、打つ金額によって分かれる場所、中心エリアには一段上がって囲われたスペースもあります。ポーカーの腕に自信がある人はぜひチャレンジしてみてください。

関連記事
カジノで初心者でも遊べるトランプゲームの魅力やルールを紹介!
世界のカジノでも共通して人気の高いゲーム ポーカーのルールを紹介

シーザーズ・パレス内のおすすめ施設

シーザーズ・パレス
シーザーズ・パレス内にはカジノ以外にも多くの施設が併設されています。

ホテル内だけでも旅行を楽しむことができるかもしれません。

関連記事
旅行に行く前に要チェック!おすすめのラスベガス旅行記を紹介
カジノの聖地 ラスベガスでカジノもショーも楽しめるプランを紹介

ローマコロシアム

ローマコロシアムとは、コロッセオ風の4296席収容シアター劇場です。

ここでは、過去にセリーヌ・ディオンやエルトン・ジョンがショーを行った場所であり、建設のきっかけになったのもセリーヌ・ディオンの長期公演です。

他にもマライア・キャリーなどがここを訪れており、見た目、歴史ともにシーザーズパレスを代表する施設といえるでしょう。

隣接のショッピングモール、フォーラムショップ

旅行に行ったらショッピングもしたくなりますよね。シーザーズパレスには「フォーラムショップ」というローマ神殿風ショッピングモールがあります。

 

View this post on Instagram

 

Caesars Palaceさん(@caesarspalace)がシェアした投稿

ショップは「ルイヴィトン」や「コーチ」といったハイブランドが並びますが、螺旋式エスカレータ、青空、夕焼けに変化する空を模した天井、アトラクションなど観光スポットとしても楽しめる場所になっています。

無料のショー「フォール オブ アトランティス」

施設内の円形広場で楽しめるのが「フォール オブ アトランティス」という無料アトラクション。

無料と言えど、アトラクションのクオリティは高く、炎や水、レーザー光線を組み合わせた演出には目を惹かれます。一時間に一回、10分ほどなので、タイミングに合わせて訪れてみてください。

シーザーズ・パレスで撮影された映画

シーザーズパレスは過去に有名な映画のロケ地としても使用されています。

映画のファンの方は足を運んでみたくなるでしょう。

例えば、映画「アルマゲドン」や「ハングオーバー!」というタイトルは聞いたことがあるでしょう。それらの撮影に使用されたのがシーザーズ・パレスです。

特に「ハングオーバー!」ではほぼ全編をこの場所で撮影しています。宿泊する前に、DVDや動画配信でチェックしておくとよりワクワクした気持ちで準備ができるかもしれませんね。

ラスベガス旅行ならシーザーズ・パレスがおすすめ!

シーザーズ・パレス
シーザーズ・パレスはラスベガスの一等地にある、高級老舗ホテルです。

古代ローマ風の外観にカジノ、ショッピング、ショーと中身も充実。さらには世界的日本人シェフ監修の建物もあるとなると、興味が尽きませんよね。ぜひその好奇心を満たしてみてください。

そして、日常では味わえない空気を堪能してみてください。