旅行中に食べたいハワイならではのローカルグルメとレストランを紹介

2018/06/20

ハワイといえば、青い空に綺麗な海、暖かい風に吹かれてゆっくりと過ごせる憧れのリゾート地ですよね。

様々なアクティビティやショッピング、観光スポット巡りが楽しめるハワイですが、忘れてはならないのがハワイアングルメです。異文化が交わり合い、有名レストランからローカルグルメ、B級グルメまで多国籍なフードが味わえるハワイ。

ここでは、旅行中に食べておきたい、ハワイだからこそ食べられる有名グルメと、おすすめのローカルグルメスポットを紹介します。

ハワイで有名な食べ物

ハワイにはハワイならではのローカルフードがあります。

この項目では、ハワイのローカルフードを紹介していきます。

関連記事
様々な国や地域ごとの違いを楽しむ!世界の料理のおすすめを紹介
中国!フランス!トルコ! 世界三大料理の特徴と共通点の解説
ハワイ ホノルルの人気レストラン ミッシェルズの人気の理由とは?

ガーリックシュリンプ

ハワイ フード
ガーリックシュリンプは、ハワイの北部のノースショアが発祥といわれています。エビをガーリックで炒めた料理で、食欲をそそる香りとエビの旨味がくせになる、ハワイのB級グルメです。

ハワイの様々なレストランや屋台で食べることができます。いつも行列が絶えないガーリックシュリンプの人気店といえば、オアフ島の北部ノースショア、カフクの町にある「 ロミーズ ( Romy’s ) 」です。

赤い看板と建物が目を引くお店で、大人気メニューのシュリンプガーリックは、香ばしいガーリックとエビの甘さがマッチした、わざわざノースショアまで足を伸ばしてでも食べたい絶品メニューです。

ポケ( ポケ丼 )

ポケとは、ハワイで取れた新鮮なマグロや魚介等を一口大に切り、ごま油と醤油ベースのタレで海藻やネギと一緒に漬けた料理です。日本でもハワイアンレストランなどでよく見かける料理なので、知っている方も多いと思います。

そんなポケ丼を自由自在な具材の組み合わせで味わえるのが、2018年1月にオープンしたばかりの話題のポケボウル専門店「 マグロスポット ( Maguro Spot ) 」です。

ボウルのサイズ、米の種類、トッピング、ソースなどすべてお好みで、様々な種類の中から選ぶことができ、その組み合わせは500種類以上になります。

ワイキキの中心部にあり、アクセスも便利なので気軽に行くことができます。

スパムおにぎり

ハワイに在住している日系アメリカ人が考案した、現地の人にも人気のスナック感覚で食べるハワイのソウルフード、スパムおにぎり。

ABCストアやスーパーマーケットなど、様々な場所で購入することができますが、おすすめは、ワイキキ内で唯一のおにぎり専門店「 いやす夢 ( Iyasume Musubi ) 」 のスパムおにぎりです。

特製たれで焼いたスパムと、卵、ベーコンの乗った豪華なおにぎりは、ボリュームがあって地元民にも観光客にも大人気となっています。

ロコモコ

ハワイ フード
ロコモコは誰もが知っているハワイの定番グルメです。ごはんの上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレイビーソースをかけた料理です。

「 ルルズ・ワイキキ ( LuLu’s Waikiki ) 」は, ワイキキで1番美味しいロコモコが食べられると評判のレストランです。

ワイキキの海沿いにあり、素晴らしい海の景色を眺めながら朝食やランチを頂くのもいいですし、夜は生演奏を見ながら食事を楽しめる、雰囲気も最高のレストランです。

アサイーボウル

アサイーボウルとは、グラノーラの上にフルーツを山盛りに乗せ、トッピングとしてハチミツやヨーグルトなどをかけた日本でも人気のヘルシーな食べ物です。ハワイの朝食の定番となっています。

「 ボガーツ カフェ(Bogart’s Cafe ) 」では、フルーツとグラノーラたっぷりの食べ応えのあるアサイーボウルを味わうことができます。

ハワイで1番美味しいアサイーボウルと言われるほど、地元のロコたちにも大人気のカフェです。

マラサダドーナツ

マラサダドーナツは、ポルトガル移民がハワイへ持ち込んだことから広がった、ハワイのロコ達にも愛され続けているスイーツで、日本でいう「揚げパン」です。

中はふんわり、表面はカリッとな食感が人気で、砂糖をまぶしただけのシンプルなものから、チョコやカスタードクリームが詰まったものまで種類も様々です。

マラサダドーナツの人気店といえば、カパフル通りにある老舗ベーカリーの「 レナーズ ベーカリー (Leonard’s Bakery) 」です。日本にも出店している人気店ですが、本場ハワイで味わうマラサダドーナツはまた格別でしょう。

一つ1ドルで、砂糖をまぶしただけの「 オリジナル 」が人気です。

知る人ぞ知るハワイのおすすめローカルグルメスポット

ハワイ フード
ハワイのローカルフードを楽しむにレストランに足を運ぶ方も多いでしょう。

この項目では、ハワイのローカルフードを楽しめるおすすめのレストランを紹介していきます。

カハイ ストリート キッチン ( Kahai Street Kitchen )

ハワイの地元民も通いつめるほど人気のカハイ ストリート キッチンは、プレート料理が大人気のローカルレストランです。

2016年に、ワイキキから車で10分ほどのモイリイリ地区に移転しました。メニューはロコモコやマヒマヒ、日替わりメニューなど様々な種類がありますが、何を食べても美味しいと評判のお店です。

ほとんどの料理の価格が10ドル程度なのもリピーターに人気の理由の一つです。

■カハイ ストリート キッチン
住所: 946 Coolidge St., Honolulu
営業時間: 10時30分から17時30分
定休日: 日曜と月曜

ニコスピア38 ( Nico’s Pier 38 )

ニコスピア38は、ハワイの魚市場のすぐ隣にある、新鮮なシーフードを使った料理が美味しいローカルに大人気のレストランです。

人気のポケ丼はもちろん、マグロのステーキや魚介のサラダ、サンドイッチ等様々なメニューから選ぶことができます。店内にはテラス席もあり、港を眺めながら新鮮なシーフード料理を堪能するのも贅沢です。

■ニコスピア 38
住所: 1133 N Nimitz Hwy, Pier 38, Honolulu, HI
営業時間: 10:00~16:30、17:00〜21:00(月~土曜)、10:00~16:00(日曜)

ワイオラ シェイブアイス ( Wiola Shave Ice )

シェイブアイスとは、ハワイ版かき氷のことで、フワフワな食感と種類豊富なフレーバーが人気のローカルスイーツです。

ワイオラ シェイブアイスは、ハワイに3店舗あり、ワイキキから徒歩圏内のカパフル店はアクセスにも便利です。カパフル商店街からモキハナ通りに少し入った所にあり、水色の建物が目印のお店です。

40種類以上のトッピングの中から好きなものを選べ、あずきやもち、カスタードプリン等様々です。一番人気は、ハワイらしい「 レインボー 」のシェイブアイスで、連日ロコ達の行列が絶えないお店です。

■ワイオラ シェイブアイス ( カパフル店 )
住所: 3113 Mokihana St, Honolulu, HI
営業時間: 10:00~18:30

ハワイには美味しいローカルグルメがいっぱい!

ハワイ フード
ハワイに行ったらぜひ食べたい、ハワイの有名な食べ物とローカルグルメスポットを紹介しました。

ハワイでしか食べられないグルメは、旅行の思い出をより一層鮮やかで特別なものにしてくれるでしょう。ぜひハワイ旅行の際の参考にしてみてください。

関連記事
ハワイの定番スポット!アラモアナセンターの充実した魅力を紹介!
まるで海の動物園!シーライフ・パークで海洋生物と触れ合おう!
ハワイ州オアフ島のシンボル! ダイヤモンドヘッドの魅力を紹介
TAGS