モルディブ 水上コテージ

世界の3分の2の水上コテージがある国 モルディブの魅力に迫る

2018/10/05

皆さんはモルディブを知っていますか?モルディブは水上コテージで有名なリゾートの一つです。

この記事ではモルディブの魅力やおすすめの水上コテージについて紹介していきます。長期休暇を落ち着いた場所で過ごしたい方におすすめのリゾートとなっています。

今度の長期休みにモルディブ旅行に行きたくなること間違いなし!

モルディブってそもそもどんな場所?

モルディブ 水上コテージ
インドの下に浮かぶ約1200もの小さな島々からなるモルディブ。正式名称はモルディブ共和国で、首都はマレ、漁業と観光が国の主な産業です。

名前は知っているけど、詳しい観光スポットはよくわからなくて漠然とリゾート地という印象を持っている方が多いかと思います。旅行先としては日本人にはあまり馴染みがないのが実態です。

しかし、いざ日本の外に目を向けてみると、毎日大型の飛行機がアジアや中東諸国から発着するほどアジア諸国ではかなり有名かつ人気のリゾート地となっています。

残念ながら、今のところ日本からの直行便はなく、シンガポールや中国を経由するルートが一般的となっています。

最近ではLCCであるSCOOTが就航し、航空券のみだと往復約10万円から、ホテル込みだと15万円〜30万円ほどで旅行できるようです。

関連記事
インド洋に浮かぶ真珠の首飾り「モルディブ」で贅沢で優雅な夢のひと時を過ごそう!
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

モルディブでオススメの水上コテージホテル

モルディブ 水上コテージ
世界中におよそ5,000あるといわれる水上コテージ、そのうちの3分の2がモルディブにあるといわれています。

エメラルドに輝く綺麗な海の上に建てられる水上コテージはモルディブの伝統的な建築方法で、現在はリゾートホテルとしても利用されています。そんなモルディブの水上コテージホテルをいくつか紹介します。

関連記事
水上コテージとはなにか 基本情報と水上コテージで宿泊できる国の解説
タヒチのボラボラ島は極上リゾート!水上コテージの魅力や特徴を紹介

シナモン ハクラ フラ モルディブ

マレ国際空港からおよそ145km離れたところにある小さな島全体がホテルとなっており、約70の水上コテージのお部屋があります。

島ではシュノーケリングやスキューバダイビングなどを楽しめます。全体的にとても穏やかな雰囲気のリゾートでのんびりしたい方におすすめです。マレ国際空港からは水上飛行機での移動になるので、この移動もひとつの貴重な思い出になるでしょう!

レストランでの食事も美味しいと評判で、充実したサービスの割には料金が良心的な人気のある水上コテージホテルです。

アナンタラ キハバー

アナンタラ キハバーも島全体がホテルとなっているリゾート地で、こちらもマレ国際空港から水上飛行機で向かいます。

ユネスコ生物圏保護区に指定された地域であり、モルディブ屈指の美しい珊瑚礁が見られるエリアです。また、ジンベイザメやマンタなどが群れで泳いでいるのをよく見かけられるエリアでもあります。

ここの水上ホテルの特徴はなんといっても、水上レストランです。水中に一面ガラスのレストランがあり、モルディブの綺麗な海とそこで泳ぐ魚たちを水中からゆっくりと眺めながらお食事を楽しむことができます。

ギリ ランカンフシ

モルディブの5つ星ホテルの一つであるギリ ランカンフシは自然が最大限に味わえるリゾートです。

45の水上コテージがありますが、そのうちの8つは道が繋がっておらず、ボートでのみアクセス可能で、まるで異世界に行ったかのような旅ができます。このホテルでは”No News No Shoes”のポリシーがあり、島では裸足で生活します。

お部屋は十分すぎるくらい広く、美しい自然の中でプライベートな休暇を満喫したい方におすすめの水上コテージです。

モルディブのおすすめアクティビティは?

モルディブ 水上コテージ
モルディブにはレジャー施設などの遊べる場所があまり多くありません。基本的に、1つの島に1つのリゾート(ホテル)なので、モルディブでの主な過ごし方は、その島内にずっといることになります。

ホテルで海を眺めながら一日を過ごすという方もいるようですが、やはり多くの人はマリンスポーツを楽しみます。ここではモルディブで体験できるオススメのマリンスポーツをいくつか紹介します。

シュノーケル

モルディブの魅力はなんと言っても綺麗な海と珊瑚礁。

南国のカラフルなお魚と綺麗な珊瑚礁を見るためにシュノーケリングはモルディブ旅行での欠かせないアクティビティの一つです。

カヌー

シュノーケルはちょっと・・・。という方でも安心して体験できるのがカヌー!

モルディブの海は穏やかなので、海風を感じながらゆっくりと過ごすことができます。

ジェットパックで水上を飛び回る

綺麗な海で、周りを邪魔するものがないモルディブだからこそ安心してできるのがジェットパックを使ったアクティビティです。

水の噴射を利用して水上を飛び回ります。スリルもあり、普段からスポーツをしている方におすすめです。

モルディブ料理はどんな感じ?

モルディブという小さな国ですが、モルディブ料理というカテゴリーがあります。海に囲まれた国というだけあって、魚を使った料理が多いです。

有名な魚はマグロやカツオで、日本人の口に会う料理が多いようです。また、インドに近いだけあってカレーもよく食べられるようです。特に有名なのが、モルディブの名産である魚を使った魚カレーです。

ココナッツを使って調理するのでまろやかな仕上がりになり、これも美味しいモルディブ料理の定番です。

モルディブのお土産は何がいい?

リゾート地としては有名なモルディブですが、主要産業が観光と漁業というだけあって、名産品はあまりないといわれています。しかし、それでも自然や伝統を生かしたお土産が多くあります。

まずは、モルディブ の伝統的なアート作品であるドーニやリエ・ラージェフンです。

ドーニは海の国モルディブ での主な移動手段である伝統的な舟の模型ですが、とても精巧に手作りされており、インテリアとして飾りたくなります。リエ・ラージェフンは南国らしいからフルな漆細工です。

花瓶やお皿など色々な作品があり、見た目も可愛らしく女性に喜ばれそうなお土産です。

次に、モルディブ のお土産と言ってよいかはわかりませんが、お隣の国スリランカの名産である紅茶をお土産に買って行く方が多いようです。スリランカに行ったわけではないですが、美味しい紅茶とともにモルディブ のお土産話しをするのもよいかもしれませんね。

また、セレブが多く訪れるというだけあって、ホテルのコスメなんかも充実しており、宿泊したリゾートで独自のコスメを販売しているところも多いようです。

モルディブはカジノがあるの?

リゾートを満喫した後は、カジノでパッーっとするのも旅行の楽しみの一つであります。情報量が少ないですが、モルディブ にもカジノはあるようです。

例えばロビンソンクラブモルディブにはカジノの記載があります。

ただし、モルディブはイスラム教の国であり、カジノを含む賭博行為は禁止されています。したがって公式なカジノはなく、ホテルが独自でやっているものだと思われます。

カジノ客が逮捕されたという情報は今の所ありませんが、あくまでも自己責任ということになりそうです。

関連記事
全世界に約16億人「ムスリム」の基本情報とムスリム特有のマナーなどを紹介!

モルディブでまったり過ごしたい!

モルディブ 水上コテージ
日本人にとっては馴染みの薄い旅行先ですが、実際には多くの飛行機が発着しており、最近ではLCCの就航もあって徐々に人気を集めています。

水上コテージという日本ではなかなか味わうことのできない体験をここ、モルディブ でしてみてはいかがでしょうか?

360°どこを見てもエメラルドの海に囲まれた水上コテージの上でのんびり過ごす、贅沢な休日を味わいましょう!