ベラージオ・ホテル・アンド・カジノ

巨大リゾートホテル ベラージオ・ホテル・アンド・カジノを紹介

2018/06/24

アメリカ合衆国きっての眠らない街として名を馳せるネバダ州・ラスベガス。

街全体がひとつのカジノホールのようにきらびやかなラスベガスで、一際目を引く巨大なリゾートホテルが「ベラージオ・ホテル・アンド・カジノ」です。

映画「オーシャンズ11」のロケ地になったり、日本でもラスベガスの象徴として取り上げられることの多いこのリゾートホテルはゴージャスを絵に描いたような絢爛豪華な場所です。

今回は世界中の人々が一攫千金を夢見て集まるラスベガス一のリゾートホテル ベラージオについて詳しくご紹介していきます!

ベラージオ・ホテル・アンド・カジノってどんな場所?

ベラージオ
ラスベガスといえば何といってもカジノが有名ですよね。世界中の観光客たちがアメリカンドリームを掴むために訪れるラスベガスは、夜になってもギラギラとネオンが輝く独特の雰囲気を持った街です。

ラスベガスに着いてすぐ感じるのは、そのホテルの多さと外見の奇抜さ。サーカスが毎日見られるホテル、室内に遊園地を兼ね備えたホテル、動物園、水族館・・・、ともうホテルの域を完全に超えてしまっています。

元々はカジノ客をホテルに呼び込むため趣向を凝らしたサービスを行っていたのですが、そちらがメインになってしまうほどのスケールの大きさです。

日本より何もかもが大きい、まさにアメリカらしさを詰め込んだ街といえるでしょう。

そんなラスベガスの奇抜なホテル群の中で、厳かに、上品に佇むのが「ベラージオ・ホテル・アンド・カジノ」です。ヨーロッパの避暑地をイメージして作られており、巨大な人口湖をに添うような形状で4000室を超える巨大なホテルが建っています。

1998年に建設された巨大なカジノホテルは当時も今もラスベガスを象徴する場所として世界中の人々を惹きつけています。

広大な敷地を持つカジノ、毎日行われる噴水ショー、シルク・ドゥ・ソレイユの常設ステージと大人も子供も楽しめるエンタテイメントに加え、ショッピングモールやレストランはもちろんボタニカル・ガーデンまであり、旅の目的をベラージオに設定しても十分満足がいくほどです。

関連記事
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう
カジノの聖地 ラスベガスでカジノもショーも楽しめるプランを紹介

ベラージオまでのアクセス

ラスベガスの窓口となるのがマッキャラン国際空港です。日本からの直行便は出ておらず、アメリカ国内のどこかで国内線への乗り換えが必要です。

マッキャラン国際空港はベラージオのあるラズベガスの中心地ブルーバード、通称ストリップ通りまで約3キロととても便利な場所にあるため到着したらすぐにホテルに向かいましょう。

個人旅行の際に心配になるのがホテルまでのアクセスですよね。旅の始まりに、タクシーのぼったくりに遭ってしまったり道に迷ってしまうと盛り上がった気分も萎んでしまいます。

しかし、ラスベガスなら大丈夫。観光客の多いラスベガスのタクシーにはしっかりと規制があるため安心して利用できます。

また、エアポートシャトルもおすすめの移動手段です。

乗り合いになるのでタクシーより時間がかかりますが、料金は6ドルほどととても安くラスベガスが初めての方は地理を掴む時間にもなります。ストリップ通りの個性的なホテル群を眺めながらの移動はあっという間ですよ。

英語が話せない方もホテルの名前だけ言えれば大丈夫です。

関連記事
空港からラスベガスへのアクセス方法と便利な交通機関を種類別に紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ベラージオといえばカジノ

ベラージオ
ベラージオといえば何を差し置いてもカジノです。ラスベガスにカジノは数多くありますが、ベラージオほど広く上品なカジノフロアは他にはありません。

「カジノって賭け事でしょう?怖い雰囲気じゃないの?」という方も、ベラージオのカジノフロアを訪れてみるときっとイメージが変わります。

豪華で明るいカジノフロアで、ドレスアップした人たちがスリルのあるゲームを楽しんでいる様子はまるで映画のワンシーンを見ているかのよう。とても広いフロアですが、至る所にセキュリティの方が立っていますし怖い雰囲気とは程遠いですよ。

ディーラーのいるルーレットゲームなどは少し掛け金が高めになりますが、スロットマシンなどは1セントから賭けられるので、ちょっと余った小銭を持って雰囲気を楽しみに行きましょう。

関連記事
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ
カジノで初心者でも遊べるトランプゲームの魅力やルールを紹介!

ベラージオのおすすめの楽しみ方

ベラージオ
広大な敷地を持つベラージオは一日中ホテルから出なくても飽きることはありません。

チェックイン時に地図を貰えるので、滞在中余すことなく見て回り、ベラージオを思う存分楽しみましょう。

全部で24種類ある噴水ショー

ベラージオのおすすめエンタテイメントといえばホテル目の前の大きな噴水ショーです。

5万平方メートルもの噴水を舞台に一日に何度も繰り返されるショーは、実は全部で24種類もあるそうです。噴水のよく見える部屋をリクエストしておくと、部屋の中から見学することも可能ですよ。

特に日没後、ラスベガスの街のネオンを背景に繰り広げられる噴水ショーは幻想的でとても見ものです。ベラージオ滞在のハイライトとなる体験ができるでしょう。

シルク・ドゥ・ソレイユを観劇することができる

ベラージオでは、日本でも有名なあの「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台を見ることができます。

ベラージオで行われているのは、シルク・ドゥ・ソレイユを一躍世界に広めた代表的な演目です。舞台で水が多用されるのも人口湖の畔に建つベラージオとの関係を感じさせますね。

とても人気のあるショーのため、ホテル予約時に一緒にチケットの確保をお願いしておくことをおすすめします。ベラージオ宿泊者は特別な席で見ることができるので、世界的に有名な舞台をぜひ間近で鑑賞しましょう。

様々なリラックスを体験できるスパタワー

ベラージオ本館の隣に新しくスパのみの棟、通称「スパタワー」が建設され、ネイルやフェイシャルエステを始めとするありとあらゆるサロンやフィットネスセンターなどが一纏めになっています。

カップルで利用できるスペースもあるので、男性の方もぜひリフレッシュしましょう。

ベラージオのスパは世界中のトリートメント技術が味わえるのが特徴で、種類や技術も間違いなくラスベガス一と称されています。

日本からは指圧、エジプトのゴールドを使ったボディトリートメント、タイのヨガマッサージ、天然スクラブを使ったピーリングなど数え切れないほどの種類が用意されています。

メニュー表を見ても良く分からない!という方はせっかくですので「ベラージオ」と名前の付いたマッサージを選ぶと良いでしょう。ホテルおすすめのスパ体験ができますよ。

季節ごとの花を楽しむことができるボタニカル・ガーデン

心を癒したいときには、美しいボタニカル・ガーデンへ足を運びましょう。

ベラージオのフロントを抜けた先に無料で入場できるボタニカル・ガーデンがあります。季節ごとにテーマを設け、その時期に咲く花々がセンスよく展示されています。

常に整備された温室は、フォトジェニックなスポットがたくさんあります。ぜひボタニカル・ガーデンで写真を撮って、SNSにアップしましょう!

ベラージオの宿泊プランや価格は?

ベラージオ
ゴージャスでなんでも揃う一流のホテル、さらにロケーションも抜群と聞くと気になるのがそのお値段です。

4000室もある巨大なホテルですから、同じ宿泊人数でも部屋からの景観やフロントからの遠さなどでお値段が変わります。部屋からベストな位置で噴水ショーを眺めたい!という方は少しお高めの部屋を予約することをおすすめします。

公式サイトから予約をすると、一番安い時で約170ドル(約19000円)、ホリデーシーズンなどの一番高いときで600ドル(約67000円)前後となっています。

景観にこだわらず、とにかくベラージオに宿泊したい!体験したい!という方は、ホテルの予約サイトを利用してみましょう。タイミングが合えば17000円前後で部屋を見つけることができるでしょう。

しかし注意したいのが「リゾートフィー」の存在です。

リゾートフィーとはホテルの様々な施設の利用料のようなもので、ベラージオは約44ドル(約5000円)と他のホテルに比べるとお高めの設定になっています。

もちろん、その分価値のある体験ができるホテルですが宿泊費を抑えたい方は予約時に気をつけてくださいね。

ベラージオなら1日中飽きずに楽しめる!

今回はラスベガスの象徴ともいえるリゾートホテル、ベラージオ・ホテル・アンド・カジノをご紹介しました。

ただの宿泊施設としては、お値段が高すぎるかもしれません。

しかし、ベラージオ自体が宿泊施設の枠を超えた一大リゾート地と言っても過言ではありません。様々なアトラクションがひしめくリゾートの中に宿泊することができると考えれば、決して高いお値段のホテルではないといえるでしょう。

ドレスアップをしてレストランに向かう時、美しい噴水のショーを見た時、カジノで少し勝てた時、ベラージオに泊まって良かった!と感じることでしょう!