コスタリカ

自然豊かな国 コスタリカのおすすめカジノと魅力を紹介

2018/09/06

コスタリカというと皆さんはどんな国を想像するでしょうか?日本人からすると馴染みの薄い国ですが、実は北米人のリゾート地などでも知られる世界的にも人気のある国です。

この記事では、魅力いっぱいのコスタリカを詳しくご紹介します。コスタリカは旅行先にもおすすめの場所です。ぜひ参考にしてみてください。

コスタリカってどんな場所?

コスタリカ
コスタリカは、カリブ海に面する自然が豊かな国です。スペイン語で「豊かな(Rica)海岸(Costa)」を意味するコスタリカは、幸せの国とも呼ばれています。

世界幸福度ランキングでは途上国の中でもトップになるなど、国民にとっても暮らしやすく満足度も高い国ということがわかります。

九州と四国を合わせたくらいの小さな国ですが、グアナカステ保全地域やココ島国立公園など自然遺産も多く存在し、平和な国ならではの穏やかなゆったりとした空気を感じることができます。

関連記事
自然の美しさを学べると欧米諸国を中心に人気の高いコスタリカのツアーの魅力を紹介!
リゾート地が多く集まる「カリブ海」のオススメリゾートと基本情報を紹介!

コスタリカはどこにあるの?

コスタリカは中央アメリカの南部に位置し、近隣の国にはニカラグアとパナマがあります。

気候は乾季と雨季に分かれており、両岸を海にはさまれている上に地形も変化に富んでいるため、地域によって降雨量が全く違います。

コスタリカ最大の都市は首都のサンホセです。中央市場や文化広場などがあり、多くの人々で大変にぎわっています。旅行先として一番人気があるのも、このサンホセでしょう。

日本からどれくらいの時間とお金で行けるの?

コスタリカへは、アメリカを経由しないと行くことができません。乗り継ぎなどの待ち時間も含めると、所要時間19~33時間ほどでしょう。

サンホセにあるファン・サンタマリーア国際空港が、コスタリカの玄関口となります。航空券はおよそ12万円ほどから購入が可能です。

コスタリカカジノの基本情報

コスタリカ
自然に恵まれたコスタリカですが、実は数多くのカジノが存在します。サンホセの街を歩いていると、あらゆるところにカジノの看板を見かけることができます。

大型ホテルに限らず様々な宿泊施設でカジノを併設しているところも多く、誰もが気軽に楽しめる印象を持ちます。ここからは、コスタリカのカジノについて詳しくご紹介します。

コスタリカのカジノの営業時間

コスタリカの夜は早く、レストランなどのお店も23時頃には閉店してしまいます。しかし、カジノであればほとんどが朝の5時頃まで営業しているので、時間を気にせず思いきり夜を楽しむことができます。

ホテル併設のカジノなら、自分のスケジュールや体調などとの調整もつきやすくおすすめです。

コスタリカのカジノのドレスコード

カジノのドレスコードといえば、綺麗に着飾らないといけないように思いがちですが、コスタリカでは、どこのカジノも厳しいドレスコードの規定はありません。

Tシャツに短パン、サンダルなどのカジュアルな服装でも入場を断られることはないでしょうが、節度を持ち、マナーを守っていれば十分楽しむことができるでしょう。

関連記事
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介

コスタリカのカジノのゲームの種類

カジノには、ブラックジャックやポーカー、トランプなど様々な種類のゲームがあります。

コスタリカのサンホセにあるカジノでは、マカオのように数多くのテーブルゲームがあるのが特徴です。また、ポーカーができるカジノが街の中心部に集まっており、そちらでも気軽にカジノを楽しむことが可能です。

コスタリカならではのカジノゲームとして、「ロミー」と「カナスタ」というゲームがあります。ロミーはBJの変形ゲーム、カナスタはルーレットの変形といわれ、コスタリカにしかないゲームをしてみるのもよいでしょう。

関連記事
世界のカジノでも共通して人気の高いゲーム ポーカーのルールを紹介
初心者でも楽しめるカジノゲーム「21(ブラックジャック)」についてルールや仕組みを紹介!

コスタリカのおすすめカジノホテル

コスタリカにはカジノを併設したホテルが多く存在します。

その中でも特におすすめの2件をご紹介します。

ホリディ イン サンホセ オーロラ

ホリディ イン サンホセ オーロラはサンホセの街の中心部にあります。

カジノが併設されており、ホテルから徒歩圏内に黄金博物館などの観光施設もあるため、観光するにも非常に便利なホテルといえます。スタッフも親切で、気持ちの良いサービスを受けることができます。

客室は清潔で日本人にとっては安心できますね。朝食には素晴らしいビュッフェがあり、レストランでは各国の料理が用意されています。

サンホセに泊まるのであれば、是非おすすめのホテルです。宿泊料金は1泊13,000円からが目安となります。

コスタリカ マリオット ホテル サンホセ

コスタリカ マリオット ホテル サンホセは空港から近く、静かでゆっくりくつろげるリゾートに最適のホテルです。

オーナーがラスベガスのカジノを持っていることから、こちらにもカジノが併設されています。フィットネス設備も充実しており、屋外プールやジョギングコース、テニスなど多くのサービスを受けることができます。

また、レストランのカフェで鳥のさえずりを聞きながらの朝食は、コスタリカならではの自然を感じられることでしょう。1泊26,000円ほどから宿泊が可能です。

コスタリカのお土産

コスタリカ
旅行に行くなら、やはりおさえておきたいのはお土産情報です。コスタリカは気候も食べ物も日本とは全く異なるため、珍しいお土産がたくさんあります。
ここからは、そんな中でも渡す人に喜んでもらえるようなお土産をご紹介します。

Salsa Lizano(サルサ リサーノ)

サルサ リサーノは、コスタリカの国民的人気を誇る調味料です。日本でいうとウスターソースのような調味料で、コスタリカでは肉や魚、ご飯など何にでも手軽にかけて食べられます。

中でもコスタリカの朝ご飯の定番ともいえるのが「ガジョ・ピント」と呼ばれる料理です。こちらは、黒豆、玉ねぎ、ご飯とスパイスなどをサルサ リサーノで味付けしたもので、コスタリカ料理のひとつです。

サルサ リサーノは日本人にも親しみやすい味なので、料理好きな方にはぴったりのお土産です。

Brittのコーヒー豆

コスタリカではコーヒー豆の生産が盛んに行われています。

気候が安定している標高1000~1700メートルの場所で栽培されていることから、非常に高品質なコーヒー豆を手に入れることができます。コスタリカで手に入れられる品種はアラビカ種で、香り豊かな酸味と深いコクが特徴です。

特におすすめしたいのが、Brittのコーヒー豆です。スーパーや中央市場などで販売しているため、購入しやすくお土産にしても喜ばれることでしょう。

関連記事
質の高いコスタリカコーヒーの特徴と生産国のコスタリカを紹介!

コスタリカに行ってみよう!

コスタリカ
コスタリカのカジノやおすすめのお土産などについてご紹介しました。日本からは遠いため馴染みのない国ではありますが、自然が好きな方にはぴったりの旅行先です。

カジノもコスタリカならではの種類があるので、旅行するなら一度はチャレンジしてみたいところ。是非、訪れてみてはいかがでしょうか。