マカオに次ぐアジアのカジノ大国!? フィリピン カジノを紹介

2018/06/30

フィリピンのカジノは近年注目されているスポットで、「Entertainment City Manila」として、政府が力を入れている観光産業となっています。

アジアのカジノといえばマカオやシンガポールが有名ですが、近々マカオに次ぐアジア2位の市場規模になるといわれており、いずれアジアはもちろん、世界No.1になる日が来るかもしれません。

また、フィリピンはリゾート地としても有名ですので、昼間は観光やリゾートを楽しみ、夜はカジノを楽しむといった過ごし方で、一日中満喫することができます。

この記事ではフィリピンのカジノについて紹介していきます。

フィリピン カジノの注意事項

フィリピン カジノ
フィリピンのカジノは首都マニラとセブ島に集中していますので、カジノを楽しみたい方はどちらかに宿泊するのがおすすめです。

フィリピンのカジノに入場する際には注意することがいくつかあります。まず、年齢が21歳以上の方しか入れません。また保護者同伴であっても21歳未満は入場できません。

カジノ場内は写真撮影禁止となっています。喫煙マナーも厳しいので喫煙スペースを守りましょう。

フィリピンのカジノはドレスコードがないところが多いですが、Tシャツや短パン、サンダルなどは避けた方が無難です。各施設でドレスコードは違いますので、行く前に必ず確認しましょう。

セキュリティーが厳しいところもありますが、その分安心してカジノを楽しむことができるでしょう。しかし、置き引きやスリには注意が必要です。荷物は必ず身に着けるようにしましょう。

フィリピンのおすすめカジノスポット(マニラ)

フィリピン カジノ
フィリピンンにはカジノスポットがいくつかありますが、その中でもおすすめのカジノスポットを紹介していきます。

首都マニラにはカジノスポットが集中しているため、カジノをするには最適な環境が整っています。

関連記事
近代化が進むフィリピン マニラのおすすめカジノや魅力を紹介

Okada Manila Resort & Casino(オカダマニラ)

オカダマニラには、スロットやデジタルマシーンが3000台もあり、種類も豊富です。テーブルゲームも500台あり、カジノを満喫できるでしょう。

また、ハイリミットエリアとオカダクラブ(VIPルーム)もありますが、比較的誰でも入りやすくなっています。

お店の名前にもあるように、オーナーが日本人の岡田和生氏で、空港からベイエリアに向かうと金色の巨大な建物が目に入ります。おすすめは世界最大級の噴水ショーで夜はライトアップもされて綺麗です。

併設のホテルもラグジュアリーなハイクラスホテルで優雅な時間をすごせます。

関連記事
日本人がオーナーを務める大型カジノリゾート オカダマニラを紹介

Solaire Resort & Casino(ソレア・リゾート&カジノ)

ソレア・リゾート&カジノは、ニノイアキノ国際空港から車で20~30分の、マニラ湾に面した好立地の施設です。

18,500平方メートルのカジノスペースは広大で、スロットマシン1200台以上、テーブルゲーム300台が揃っています。いくつかのフロアがあり、バカラやルーレットなど他にも様々なゲームができます。

VIPルームや、選ばれたお客様しか入場できないプレミアムVIPサロンもあり、特別な空間でゆったりと楽しむこともできます。

ホテルはスイートやベイサイドヴィラもある高級リゾートです。アジア最大級のショッピングセンターも隣にあるため、ショッピングも充実して楽しむことができますよ。

City of Dreams Manila(シティ オブ ドリームス マニラ)

シティ オブ ドリームス マニラは、ニノイアキノ国際空港から車で10分ほどのところにありアクセスも良い高級エンターテイメントリゾートです。カジノ、ホテル、ショッピング、スパなどがあります。

宿泊施設は3ホテル6棟が建っており、5つ星ホテルもあります。

カジノエリアは、贅沢な吹き抜けのフロアにゲームテーブル365台、スロットマシン1680台を配置し、最低ベット額も低めですので、初心者の方も安心してゲームができます。

プライベートエリアで楽しめるメンバー専用の「Signature Club」、さらにVIP専用の「Li Ying Club」などもあり、ハイクラスの方にも対応しています。

フィリピンのおすすめカジノスポット(セブ島)

フィリピン カジノ
マニラだけでなく、セブ島にも快適なおすすめカジノスポットはあります。

セブ島はリゾート地でもあるため、バカンスを楽しみながらカジノで盛り上がることもできますよ。

関連記事
アジアのリゾート セブ島の魅力に迫る セブ島の楽しみ方とカジノ
フィリピンのリゾート『セブ島』で少し大人な夜遊び体験♡

Waterfront Cebu City Hotel & Casino

ウォーターフロント セブシティ ホテル アンド カジノは、セブマクタン国際空港から車で30分ほどのところにあるホテルです。

市内の観光にも便利で、セブ島の有名ショッピングモールまで無料のシャトルバスが出ています。プールやフィットネスジムなどもあります。

24時間営業のカジノがあり、セブの中では規模が大きく、スロットマシンもテーブルゲームも充実しています。比較的入りやすい雰囲気ですので、初心者の方や女性の方でも楽しめます。

JPark Island Resort and Waterpark

Jパーク アイランド リゾート & ウォーターパーク セブは、セブマクタン国際空港から車で20分、本格的なリゾートとカジノを楽しめるホテルです。

セブ最大級のウォーターパーク、プライベートビーチ、ジムなどがありゆったりとリゾートを満喫できます。

セブマクタン島でカジノがあるのは珍しく、外国人観光客専用で入場時にはパスポートチェックがあります。24時間オープンしており、敷地はそんなに広くはありませんが、リゾートにあるカジノということなら十分楽しめます。

フィリピンのカジノゲームの種類

フィリピンで出来るカジノは、スロットマシンなどはやはり人気で台数も種類も豊富にそろっている施設が多いです。

しかし、テーブルゲームは施設によってあるものとないものがありますので、どんなものができるのか、確認しておきましょう。

主なものとして、バカラ、ブラックジャック、ポンツーン、ルーレット、マネーホイール、ダブルゼロ、スリーカードポーカー、クラップス、シックボー、ダイサイ、赤白などがあります。

フィリピンのカジノで遊べるゲームのルール

フィリピンのカジノで遊べるゲームのルールをあらかじめ知っておくと、より楽しくゲームをプレイすることができます。フィリピンならではの変則的なルールが適用されていることもあるため、注意が必要です。

初心者でも楽しめる簡単なルールのものもあるため、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
カジノで初心者でも遊べるトランプゲームの魅力やルールを紹介!
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介

ブラックジャック

フィリピンではブラックジャックではなく10のカードを抜いた変形ルールの「ポンツーン」が多いです。

テーブルに座ったらブラックジャックではなかったということもありえるため、注意が必要です。

バカラ

フィリピンではバカラをアレンジした「Super6」が主流です。

基本ルールはバカラと変わらないのですが、プレイヤーが6で勝った場合は配当が50%に、バンカーが6で勝った場合は配当が12倍になるというルールが追加されています。フィリピンならではのルールで、バカラは大変人気があります

大小

大小(ダイサイ)はサイコロの目が大か小かをあてるゲームで初心者も馴染みやすいルールになっていて人気です。

好きなところに好きなだけ賭けることができますが、慣れないうちは偶数か奇数かに賭けることもでき、わかりやすいのでおすすめです。

赤白

フィリピンのカジノでは、赤白(Red/White)も人気です。ピンポン玉をつかったゲームでカードに比べてわかりやすく、参加しやすいでしょう。

落とされたピンポン玉が赤と白と☆のどのマス目に入るかを当てるゲームです。

意外なカジノ大国、フィリピンでの旅行を楽しんで!

フィリピン カジノ
フィリピンはカジノでの観光に重点をおき、巨大なカジノが併設されている統合型リゾートが次々と建設されています。それはアジア№1のマカオを抜く勢いで、日本からのアクセスも良く、大変注目されています。

広大なカジノスペースにマシンやテーブルがずらりと並び、華やかでラグジュアリーな雰囲気で、カジノを思う存分楽しむことができます。

フィリピンは比較的最低ベット額が低い設定のところが多いので、初心者の方も始めやすく、またしっかりと楽しみたい人も満足するでしょう。

以前に比べて治安も良くなってきており、カジノはもちろん観光やショッピング、エンターテイメント、ビーチやプールなども同時に楽しめるリゾートに、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。