天空に浮かぶプール マリーナ ベイ サンズ インフィニティプール

2018/09/21

天空に浮かぶプール。

そう聞くと、シンガポールの五つ星ホテル「マリーナ ベイ サンズ」の屋上プール(インフィニティプール)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

3つの高層ビルのルーフに船が乗っているようなその姿は、テレビのCMや旅番組で度々取り上げられ、知名度は抜群です。このプールが目的でマリーナ ベイ サンズに宿泊する人も少なくありません。

この記事では、そんなマリーナ ベイ サンズの天空プールに注目!楽しみ方や注意事項などを紹介します。

絶大な人気を誇る、世界最大級のインフィニティプール

マリーナベイ・サンズ インフィニティプール
マリーナ ベイ サンズのインフィニティプールは、地上200m(建物57階)のサンズスカイパーク内にあり、プールの全長はおよそ150m。2010年のホテル開業以来客足が途絶えることはなく、今もシンガポールのランドマーク的存在であり続けています。

プールからはマーライオン公園やシンガポールの高層ビル群、反対側からはガーデンバイザベイ(植物園)や豪華客船が往来する港湾を見下ろすことができます。

地上200mの屋上から眺める景色は絶景で、プールの輪郭がすっきり見えて景色との一体感が味わえます。

関連記事
シンガポール最大規模 マリーナベイサンズの魅力とおすすめポイント
シンガポールの名所 マリーナ・ベイ・サンズの楽しみ方を大解剖!
人気の旅行先 シンガポールにカジノってある?おすすめカジノを紹介

天空プールは宿泊者だけに許された特権

プールの利用はホテルの宿泊者だけに許された特権です。残念ながら誰でも利用できる訳ではありません。

眼下に広がるシンガポールの街は息を飲むほどの絶景。ここで過ごすひと時は、マリーナ ベイ サンズに宿泊した者だけに与えられる究極の贅沢といってよいでしょう。

インフィニティプールの営業時間と持ち物、注意事項について

インフィニティプールの営業時間は、午前6時から午後11時までです。よほどの悪天候でない限り、原則無休となっています。小雨程度では閉鎖されませんのでご安心下さい。

プールエリアの入り口にゲートがあり、一人につき一枚部屋のカードキーの提示が必要になります。

ロッカーはないため貴重品は持っていかない方が無難ですが、景色を撮影するためにカメラだけは持参したいところです。持ち込む場合は、貴重品をタオルで隠したり誰かが見張るなどして用心しましょう。

また、プールのある屋上に脱衣室はないので、必ず客室で着替えるようにして下さい。部屋に備えられているバスローブは持ち込み可能ですので、水着の上から羽織っていきましょう。

紫外線対策にも使える薄手のジャケットなどもあると便利です。タオルはプールサイドで貸し出しがあり、何枚でも借りられます。

他に、サングラス、ビーチ用サンダル、日焼け止めなどがあると完璧です。浮き輪の利用は出来ません(キッズプール別)。水着やサンダルなどは屋上のショップで買えますが、割高ですので持参した方がよいでしょう。飲料水は無料で配られています。

インフィニティプールの楽しみ方


インフィニティプールには様々な楽しみ方があります。

自分のやりたいことに合わせた楽しみ方ができるため、飽きずに滞在することができます。

南国ムード溢れるプールで、移りゆく景色を眺める

プールサイドには幾つものヤシの木が植えられていて、南国ムードが満点です。

とてもホテルの屋上とは思えない雰囲気ですが、眼下にはシンガポールの摩天楼が広がっています。ビル群に明りが灯りはじめると、昼間とはまた違った雰囲気に。

プールエリアもライトアップされ、幻想的な大人のムードが漂い始めます。滞在中は移りゆく街の景色を楽しみに、時間帯を変えて何度か訪れてみるのがおすすめです。

プールサイドにあるラウンジチェアは少ないので、早めに行って確保しましょう。日中は混み合いますが、朝のオープン頃と夜遅い時間帯は比較的混雑が少ないので狙い目です。

関連記事
マリーナベイ・サンズから夜景を眺められるおすすめスポットを紹介

ジャグジーで肌寒い日も快適

プールの反対側にはジャグジ―が2カ所あり、寒い時に体を温めることができます。

日本の冬にあたるシーズンは、シンガポールでも朝晩と肌寒さを感じることがあるので、温かいジャグジ―を活用して体調を整えましょう。

深さに配慮した、キッズプールを完備

家族連れの宿泊者に配慮し、メーンプールの脇にはキッズ専用のプールが設けられています。

深さ50cmほどでライフガードもいますので、子供も安心して遊ばせることができるでしょう。キッズプールに限り、浮き輪の利用が可能です。

天空のプールは、お子様にもきっと忘れられない思い出になるはずです。

プールサイドでは飲食も楽しめる

プールサイドでは、午前7時から午後11時まで、軽食やアルコール、ソフトドリンクなどを楽しむことができます。

その場での支払いは必要なく、部屋番号を告げ後で清算されるシステムになっています。

価格は、ビール約15シンガポールドル(SGD)、カクテル約SGD20、ソフトドリンク約SGD7などとなっています。お腹の空き具合を気にすることなく、思う存分遊べますね。

関連記事
マリーナベイサンズで極上のグルメを楽しもう!マリーナベイサンズのレストランを紹介

公式サイトが宿泊料金最安値を保証

マリーナベイ・サンズ インフィニティプール
マリーナ ベイ サンズの公式サイトから宿泊を予約すると様々なプランが用意されていて、宿泊料金の最安値が保証されています。予約手数料やデポジットもなく、宿泊日5日前までならキャンセルも無料です。

また、ヨガや食事が楽しめる、SGD50相当の特典の用意されたプランなどもあります。日本語での予約も可能です。プランは常に更新されるので、ホームページから最新の情報を手に入れお得に宿泊しましょう。

プールだけに焦点を絞って楽しみたい人はリーズナブルな低層階に、ホテルステイも満喫したい人は高層階のクラブルームなどに泊まるとよいでしょう。高層階だとプールに行くまでのエレベーターの乗り継ぎの手間なども省けます。

シンガポールに旅行するならマリーナ ベイ サンズは外せない!


移りゆくシンガポールの景色を高所から眺められる、マリーナ ベイ サンズのインフィニティプール。

そびえ立つビルの屋上にあるのに、そこはまるで都会に浮かぶ緑豊かなオアシスのようです。目の前に広がる景色とのギャップが、人々の心を惹きつけるのかもしれません。

シンガポールへ旅行の際は、ぜひマリーナベイサンズに滞在し地上200mの天空のオアシスを訪れてみて下さい。ここでの時間はきっと、生涯忘れられない思い出の一つになることでしょう。