マカオ 治安

カジノ大国 マカオの治安っていいの? マカオの治安について紹介

2018/09/30

マカオと言ったら煌びやかな建物とカジノ。みなさんの中にはマカオのカジノで遊びたい!と考えている人も少なくないでしょう。しかし、初めてマカオに行く際に気になることの一つとして治安がありますよね。

日本はとても安全な国です。そんな日本と同じ気持ちで旅行先に行ってしまえば、少し怖い思いや悲しい気持ちになってしまう場合もあるかもしれません。

この記事では、そのような思いをしないためにマカオの治安で注意をするべき点や、予防策などをご紹介します。旅行先で嫌な思いをしないためにも、あらかじめ予備知識をいれておきましょう。

マカオの治安について

マカオ 治安
マカオにはカジノがあることから、一見すると治安も悪そうなイメージもあるかもしれません。実際に昔はマフィアによる抗争で治安が悪化した時期もありました。しかし、現在ではそのような心配はしなくても大丈夫そうです。

24時間営業のカジノがあるからこそ、街が明るく深夜でも人々が外を歩き回り、女性の一人歩きも日常の風景になりつつあります。路線バスやタクシーが深夜の時間帯も多く運行しているので、交通手段がある安心感もあります。

また、警察官が時間帯を問わず市内各所を巡回していることから、マカオの治安はなかなか良いといえます。

しかし、日本並みに安全で安心とは言いきれません。

関連記事
カジノだけじゃない!マカオの美しく贅沢なおすすめ夜景スポットを紹介
香港からマカオへの移動手段はフェリーだけじゃない!香港からマカオへの移動手段を紹介

スリや置き引きなどの軽犯罪には要注意

命を狙われるような犯罪はないものの、スリやドラックなどの犯罪には注意しましょう。

また、マカオらしい犯罪の一つが「必ず儲かる秘密のカジノがある!」というようにホテルやマンションに連れて行かれ、金品などを取られてしまうような事件もあります。このような軽犯罪には注意が必要です。

なぜ、マカオは治安がよいといえるのか

マカオ 治安
現在から約20年以上前のマカオは今ほど豊かな地域ではなく治安がよくなかったため、マカオ政府がカジノ税収で行ったの策が警察を増員することでした。

マカオは観光産業の街でもあるため、大量の旅行客が流れ込みます。治安の維持には充分に体制を整える必要がありました。これらのことから治安も良い方向へ向かってきたといえます。

マカオで気をつけなければいけないこと

マカオは比較的治安がよい地域ではありますが、気を付けなければいけないこともあります。

ここからはマカオで気を付けるべきことについて紹介をしていきます。

観光地での移動には気を付ける

たくさんの人で賑わっている場所、観光スポットなどではスリに要注意です。

セナド広場周辺などは、日本人の観光客も多く訪れる場所となっていて大勢の人で賑わっています。人と人がぶつかり合って通る狭い道などはスリ犯にとって狙いやすい場所です。

財布やパスポートなどの貴重品は必ず身につけておく、レストランやカフェなど座る時は隣の席には荷物は置かない、などの警戒や基本的なことを忘れないようにしましょう。

また、スリは複数人のグループで動いていることが多いといわれています。会話をしていて注意が削られている間にグループの別の人間がスリをするといったパターンが多く見られます。

そのため、街で話しかけられても気を許さずに、少しの警戒心を持っていた方がいいでしょう。

関連記事
観光にはもってこいの都市!マカオの充実した観光スポットと美味しいグルメを紹介
マカオ観光の超人気スポット!セナド広場の楽しみ方

カジノでは置き引きに気を付ける

カジノに行く際も、ゲームに夢中になりがちですが基本的な貴重品は身につけておきましょう。

置いていたハンドバッグを置き引きされてしまうケースもよくあります。

関連記事
本場ラスベガスを超えた!世界最大規模のマカオのカジノを紹介
カジノ都市マカオにある人気のカジノホテル5選!

フェリーでパスポートを出しっぱなしにしない

到着してすぐに入国審査があるため、パスポートを出しっぱなしにしている人を多く見かけますが、これはかなりの危険行為です。

2018年現在、日本のパスポートは世界で一番の信用度があります。そのため、パスポートを盗難されてしまう可能性もあるでしょう。

パスポートはとても高価なもの、貴重品ということを再度確認し、用のないときは大切に人目のつかない所へしまっておきましょう。

タクシーのぼったくり

昔と比べれば、かなり減ってきてはいますが、まだまだ不正に高額な請求をしてくるタクシー運転手もいます。

特に深夜の時間帯に利用する方は要注意です。万が一、ぼったくりだと気づいた方は、ドライバーの名前と車のナンバーを控え領収書を必ず貰ってから警察に相談しましょう。

いかさま賭博

マカオに限らず海外では、「知らない人に話しかけられても仲良くならない。」という気持ちが大切です。

特に、日本語で話しかけてくる外国の人には要注意です、いかさま賭博を持ちかけてくる可能性があります。ちなみに、カジノ以外の場所での賭博は法律違反なので気をつけましょう。

外務省の海外安全ホームページを随時確認するとよい

マカオ 治安
外務省のホームページによりますと、現時点でのマカオの危険情報や感染症危険情報などは出ていません。

しかし、マカオには肝炎が多いため野菜を含めて色々な料理は加熱処理されたもの以外は食べないようにする必要があります。

また、水道水はそのまま飲用することができないため、煮沸をしてから飲むか、市販の飲用水を利用することをおすすめします。マカオでの車の運転を予定している方は車両進入禁止地域が多いので道路標識を見落とさずに、十分注意して運転して下さい。

万が一、マカオに滞在中に緊急を要することがおきた場合は、警察・救急車・消防署→TEL:999を覚えておくと、いざというときに安心です。

万全の準備でマカオ観光を楽しもう!

マカオ 治安
今回紹介したのはマカオの治安についてでしたが、行く国によっては別の注意点や気をつけることがあると思います。

気を許さず、警戒心を持って!などと言うと堅苦しく怖いイメージが湧いてきてしまうかもしれませんが、行く国の事情をを知ることは大切なことです。

自分で出来るトラブルの防ぎ方などを頭の中に入れてから旅行をすると、いざというときに少しでも安心につながります。

日本はとても安全ですがマカオも他の海外に比べると比較的安心して旅行を楽しめます。治安もいい場所といえるのでぜひ一度行って、マカオを満喫してみて下さい。

TAGS