断崖絶壁「エルキャピタン」にロッククライマーが魅了され続ける理由

2018/09/10

自分の力で自然や障害に挑んでいく登山やロッククライミング、パルクールに魅了される人が近年増えてきています。

この記事では、ロッククライミングで有名な名所、エルキャピタンについて紹介していきます。エルキャピタンは一枚岩の花コウ岩で、アメリカのヨセミテ国立公園にあります。観光地としても人気のスポットで、アメリカの雄大な自然を感じることができます。

エルキャピタンの名前の由来って?

エルキャピタン
まずはエルキャピタンの名前の由来から見ていきましょう。

エルキャピタンの名付け親は、アメリカ陸軍のマリポサ歩兵大隊。1851年にこの巨大な一枚岩を発見し「El Capitan」と名づけました。この読みはスペイン語になっており、Capitanはキャプテンという意味です。

ネイティブアメリカンがこの一枚岩に過去に存在した族長の名前をつけていたため、マリポサ歩兵大隊が「(岩の)族長」と名付けたといいます。

エルキャピタンがあるヨセミテ国立公園はカルフォルニア州マリポサ郡にあり、郡の名前は岩を発見した歩兵大隊の名前になっています。ちなみに国立公園の名前であるヨセミテとは、インディアナ語で灰色熊という意味なのだとか。

関連記事
ニューメキシコ州『サンタフェ』でアメリカの文化と歴史に触れる旅をしよう
ロサンゼルスの都会の喧騒から離れて息抜きしよう!リバーサイドの魅力を紹介!

エルキャピタンの登山難易度ってどのくらい?

エルキャピタン
エルキャピタンにはいくつか登山ルートがありますが、最も有名なルートは「ノーズ」と呼ばれるルートです。ノーズは、エルキャピタンの中央に位置しており、谷床から頂上まで910メートルあります。

エルキャピタンを初めに登りきった人はウォーレン・ハーディング。クライマーとして、エルキャピタンに挑むこと4回目で初めて登頂することができました。

4回の挑戦は1957年7月~1958年11月にかけて行われており、トータルで45日間かかりました。

関連記事
人気アクティビティ「トレッキング」の基本情報 国内と海外のオススメコースを紹介!

エルキャピタンのフリーソロに成功したクライマー

現在70以上のルートがあるエルキャピタン。このエルキャピタンの最難関コースをわずか2時間少々で登ってしまう超人的なクライマーたちもいます。そして記録は更新されていっています。

初めに2時間23分46秒で登頂したのはアレックス・オノルド氏、ハンス・フローリン氏でした。この記録はノーズを登頂して達成されています。この記録が達成されたのは、2012年です。

その後、なんと2017年にブラッド・ゴブライト氏、ジム・レイノルズ氏が記録を更新します。そのタイムは2時間19分44秒と、約4分もタイムを縮めています。

ちなみに、これらの登頂は安全面を考慮してロープなどの道具を使用して行われました。しかし、ロッククライミングには「フリーソロ」というクライミング方法もあり、そのフリーソロで登頂に成功した人もいます。

「フリーソロ」で登頂に成功したアレックス・オノルド氏

安全面への考慮からロープやその他道具を使用するのが基本的なロッククライミング。一方、フリーソロは安全道具やロープの使用も何もない状況で登っていくという方法です。

ノーズの最速登頂記録を初めに刻んだアレックス・オノルド氏は、谷床から頂上まで915メートルあるフリーライダーというルートからの登頂をフリーソロで挑み、見事に成功させています。

世界遺産であるエルキャピタン

エルキャピタン

ロッククライミングの聖地として崇められているエルキャピタンが位置するヨセミテ国立公園は、1984年に世界遺産に登録されています。

この雄大なエルキャピタンを含むヨセミテの景色は、きっと息をするのを一瞬忘れてしまうくらいの感動をあなたに与えてくれるはずです。

関連記事
地球の神秘を感じられるアリゾナ州で自然を体感できる観光を楽しもう
日本では見ることが出来ない絶景をツーソンで見てみよう!ツーソンの魅力を紹介!

エルキャピタンを見に行こう!

エルキャピタン
エルキャピタンは世界中の登山家たちがクライミングの練習場所としても使用しています。

花コウ岩の一枚岩として世界一の大きさを誇るエルキャピタン。その姿と自然が織り成すコントラストは見る人を魅了することでしょう。ぜひ旅行した際にロッククライミングの聖地を堪能してください。