ケープタウン

観光もカジノも楽しめる高コスパな「ケープタウン」がおすすめ!

2018/09/09

南アフリカというと、皆さんはどんなところをイメージしますか?

南アフリカは、日本から遠く離れたアフリカ大陸の最南端にあります。アフリカ最大の経済大国であり、金やダイヤモンドの産地としても世界的に有名な国です。

この記事では、そんな南アフリカにあるケープタウンについて詳しく紹介していきます。旅行先に迷っている方はぜひケープタウンを旅行先の候補に入れてみてください。

ケープタウンってどんな場所?

ケープタウン
南アフリカには数々の観光地がありますが、その中でも一番人気のある都市がケープタウンです。

ケープタウンは、南アフリカにある都市の中で、ヨハネスブルグに次ぐ都市といわれ、街の中心部やウォーターフロントは観光客で常に賑わっています。

ケープタウンはどこにある?

ケープタウンは、南アフリカの西ケープ州に位置します。街はヨーロッパを思い出させるようなコロニアルな家々が続き、自然も多く、郊外にも観光名所が多く存在します。

気候も比較的温暖で過ごしやすく、世界中から観光客が訪れるため、治安もよいことで知られています。

日本からどれくらいの時間とお金で行ける?

日本から南アフリカへは現在直行便がないため、第三国を経由する必要があります。経由地の主な国としては、ヨーロッパやアジアがあげられます。

どの国を経由するかにもよりますが、所要時間は大体17~22時間程度でしょう。ヨーロッパを経由する航空券は比較的高くなることが多いため、アジアを経由する方法が一般的です。

航空券は13万円ほどから購入が可能です。

ケープタウンの見どころ

ケープタウン
ケープタウンは観光名所も多く見どころもたくさんあるのですが、中でもシンボル的存在といえるのが「テーブルマウンテン」です。

テーブルマウンテンの特徴は、その名の通り横に約3メートル広がる平らな山頂です。登山だけでなくロープウェイを使って山頂に行くこともでき、頂上から見る雄大な景色は圧巻の迫力です。

そして、このテーブルマウンテンではずせないのが、市街地から眺める「テーブルクロス」と呼ばれる光景です。

この呼び名は、テーブルマウンテンにかかる雲や霧をテーブルクロスに見立てて表現されています。ケープタウンに行くならば、テーブルマウンテンは外せない観光名所となっています。

ケープタウンのカジノ 基本情報

南アフリカでは、元々、失業対策として取り入れられたカジノですが、いまやテーマパークといえるようなカジノ施設がいくつも建てられています。

規模も大きく、レストランなども揃っており、アフリカにいるということを忘れそうなほど充実した時間を過ごせます。

南アフリカというと治安が不安な方もいるかもしれませんが、カジノであれば安心してケープタウンでのナイトライフを楽しめるでしょう。

ケープタウンのカジノのドレスコード

ドレスコードに関しては特に明記されていませんが、節度のある服装であれば問題ないといわれています。

男性であれば、襟付きシャツにズボン、サンダル以外の靴を用意しましょう。女性ならワンピースなどが理想的でしょう。

ケープタウンのカジノゲームの種類

南アフリカではカジノが大変人気です。スロットマシンやテーブルゲームなどが数多く取り揃えられており、ゲームの種類も豊富です。

中でもカジノが初めての方におすすめなのは、ルーレットゲームです。ルールもわかりやすく、賭け方も非常にシンプルで簡単です。まずはルーレットゲームでカジノの感覚を掴むのがよいでしょう。

ケープタウンのカジノは、初級者から上級者まで楽しめるゲームが揃っているのでいくつか種類を試してみることをおすすめします。

ケープタウンのおすすめカジノホテル

ケープタウンは自然も豊かで素晴らしい観光名所が多く存在します。そんな大自然も楽しもうと、家族で旅行される方もいらっしゃることでしょう。

カジノというと大人の場所というイメージが強いですが、ケープタウンには老若男女問わず楽しめるカジノホテルがあります。

ここからは、そんなケープタウンにあるおすすめのカジノホテルを紹介していきます。

グランドウェスト カジノ&エンターテイメントワールド

グランドウェスト カジノ&エンターテイメントワールドは、南アフリカ最大級のカジノ複合施設です。市内からは少し離れているため、タクシーかレンタカーの利用をおすすめします。

広い施設内にはホテルやカジノの他、映画館やキッズ用のゲームコーナー、スケートリンクなどが用意されており、様々なエンターテイメントを楽しむことができます。

カジノは24時間営業で、車が当たる抽選や初心者でも楽しめるルーレットゲームなどがあり、ホテル自体をレジャー施設として1日中滞在しても飽きない工夫がされています。

パーク内の「シティ ロッジ ホテル グランドウエスト」であれば、約11,000円から宿泊可能です。

ケープタウンのお土産

南アフリカは日本から遠く離れた異国の地です。そんな南アフリカにはどのような特産品があるのでしょうか。

ここからは、ケープタウンを訪れるなら、これは外せないというお土産を紹介していきます。

ルイボスティー

ケープタウン
ケープタウンから北に約250キロメートル行くとセダルバーグ山脈と呼ばれる場所があります。そこにある高原地帯では、「ルイボス」というマメ科の植物が自生しています。

このルイボスから作られるルイボスティーは、元々、その地に住む先住民が「不老長寿の飲み物」として飲用していたものでした。

アンチエイジングや美肌効果もあり、ノンカフェインで乳幼児や妊婦の方が飲んでも安心です。女性へのお土産にぴったりでしょう。

ワイン

ケープタウン
ケープランドの東には「ワインランド」という南アフリカが世界に誇るワイン生産地があります。

南アフリカワインは、国が精力をかけて品質基準などに取り組んでいることから、人にも自然にも優しいワインといわれています。

特に味わっていただきたいのが、「ピノタージュ」という南アフリカ独自の品種から作られるワインです。芳醇な香りとフルーティーな飲み口が特徴で、どんな料理にもマッチします。

どんなグルメにもおすすめのワイン、お酒好きの方へのお土産にいかがでしょうか。

ケープタウンは老若男女問わず楽しめる観光スポット!

ここまで南アフリカにあるケープタウンについてご紹介しました。

ケープタウンは自然にも恵まれ、経済的にも発展している注目の観光地です。しっかり観光するならば、少なくとも3日はケープタウンに滞在することをおすすめします。

ツアーなどを利用して効率的にまわるのもよいでしょう。治安は特に問題ありませんが、夜に出歩かない、荷物はしっかり持つといった基本的な防犯対策は心がけておきましょう。

今回おすすめしたところ以外にもケープタウンにはたくさんの見どころがあります。ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょうか?