ハワイ ドレスコード

ハワイのディナーにドレスコードってあるの?相応しい服装を紹介

2018/10/07

ハワイに行ったら、リゾート気分でちょっと贅沢なディナーを食べてみたくなりますよね?しかしそんなとき、お店のドレスコードを事前に知っておけば服装の失敗も防ぐことができます。

この記事では、ハワイ(オアフ島)のレストランにドレスコードがあるのかどうか、ディナーでのOK/NGな服装、スター・オブ・ホノルル号での服装をご紹介します。

これを読めばオアフ島でディナーに行っても困ることはないですよ!

ハワイのレストランにドレスコードってあるの?

ハワイ ドレスコード
ハワイのレストランはリゾートカジュアルが基本ですが、お店によってはドレスコードがあるのでそのお店や参加するツアーのWebページなどで事前に調べておく必要があります。

少し意外かもしれませんが、ハワイらしいアロハシャツは、結婚式やオフィスでも着られる正装なため、どんなディナーにも着ていくことができます。女性ならばムームーが結婚式にもディナーにも着ていける正装です。

そのため、もし着るものに迷ったらアロハシャツやムームーを着ていくのも一つの手です。アロハシャツやムームーはお土産代わりに現地で購入するのもよいでしょう。

アロハシャツのお店としては、レイン・スプーナー、トリ・リチャード、アヴァンティ、カハラ、ヒロ・ハッティなどが広く知られています。

ハワイのディナーで着る服装は?

ハワイ ドレスコード
リゾートカジュアルの場合、男性は襟付きのシャツやつま先の隠れた靴(スニーカーも可)、女性の場合カジュアルなワンピース、ヒールのある靴などをさします。

ロイヤルハワイアンホテル内のアズーアは、スポーツウェア、水着、ショートパンツ、タンクトップ、ビーチサンダル以外のリゾートカジュアル着用となっています。

ザ・カハラ・ホテル内のホクズなど、ビジネスカジュアルがドレスコードのお店では、男性は襟付きシャツにスラックス、ドレスシューズ(ビジネスシューズ)、女性はイブニングドレスが推奨されています。

イブニングドレスは、くるぶしよりも丈が長いワンピースのことです。12歳未満はドレスコードがありませんが、ディナー向きの少しおしゃれな服装を着ていったほうがよいでしょう。

ハレクラニ内のオーキッズは、セミフォーマルかフォーマルで、男性は襟付き長袖シャツまたはジャケット、スラックス、靴がドレスコード。

女性は、ワンピース・ブラウス・スカートなどエレガントな服装で、靴またはドレッシーなサンダルがドレスコードとなっています。

ハレクラニの公式Webサイトによれば、プリント入りのカジュアルなTシャツ、タンクトップ、水着、スポーツウェア、ビーチサンダルがNGとなっていますので、実際はそこまでドレスコードは厳しくないのかもしれません。

しかし、ドレスコードを守れば入店の際に入店できないなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

ハルクラニ内のラメールのドレスコードはフォーマルで、男性はジャケットまたは襟付きの長袖シャツ、スラックスと靴、女性はエレガントな夜の装い、靴またはドレッシーなサンダルという規定があります。

ラメールは8歳未満が入場不可になっているので、ご注意ください。

フォーマルなお店では、アロハシャツやムームーを着る場合、派手なものよりもシックなものを選んだほうがあまり浮かないでしょう。アロハシャツは、綿素材よりもポリエステルやレーヨン素材などのほうが光沢感があるため、フォーマル向きです。

ジャケットに関しては、トラベルジャケットがしわになりにくく、かさばらないので便利です。

屋内のレストランは冷房が効いているので、特に女性の場合、カーディガンやストールなど何か羽織るものを持参することをおすすめします。

ハワイのディナーでNGな服装って?

ドレスコードのあるすべてのディナーでNGな服装としてあげられているのは、水着、タンクトップ、ビーチサンダル、クロックスなどゴムやビニール製のカジュアルなサンダル、プリント柄入りのカジュアルなTシャツ、スポーツウェア(ジャージやスウェットパンツなど)、ベースボールキャップです。

ジーンズは可ですが、ダメージジーンズや汚れているものは避けたほうがよいでしょう。

ビジネスカジュアルの場合、男性は短パン、ジーンズ、Tシャツ、サンダル、スニーカーがNG。女性の場合、男性と同じ内容に加え、ミュールもNGです。

フォーマルの場合、男性は半袖のシャツ、チノパンやカーゴパンツなどでセンタープレスされていないズボンもNGです。

格式の高い店は、その時の服装によって席が決められることもあります。そのお店のドレスコードに合わない場合、あまり景色の良くない席を指定されたり、場合によっては入店できなかったりすることもあります。

逆に、親切で上着やスラックスを貸してくれるところもあるのですが、事前に準備しておけば、安心してお店に入ることができます。

ハワイなので、ネクタイなどあまり堅苦しい服装をすると逆に浮く可能性もありますが、服装で判断される部分も多いので、TPOには気を付けましょう。

スター・オブ・ホノルル号のドレスコード

ハワイ ドレスコード
ハワイで一番人気のディナークルーズ船、スター・オブ・ホノルル号。5スター、3スター、1スター、パシフィックスターとクラスが分かれていますが、5スターのみドレスコードがあります。

5スターのドレスコードですが、男性はアロハシャツなどの襟付きシャツとスラックス(センタープレスされたもの)で、ジャケットもあるといいかもしれません。

女性はドレスかムームーで、靴はビーチサンダルなどのラフなもの以外となっています。ハーフパンツ、Tシャツ、タンクトップはNGです。

また、スター・オブ・ホノルル号12歳未満は利用することができません。

他のクラスはリゾートカジュアルで、ショートパンツはNGです。日没後は冷え込む可能性があるので、ジャケットやカーディガンなど重ね着できるものを持参することをおすすめします。

ドレスコードを守ってハワイのディナーを楽しんで!

ハワイ ドレスコード
ディナーに着ていく服を選ぶのは、ちょっと面倒くさいところもあるかもしれません。しかしハワイはリゾート地なので、日本のレストランに比べればドレスコードが緩めです。

日本ではなかなかディナーに行く機会がない方も、アロハシャツやムームー、サマードレスなど南国らしいファッションに身を包んで、ディナーに出かけてみませんか?