カジノで勝ちたい!シンプルでノーリスクな必勝法のダランベール法

2018/09/20

せっかく海外に行ってカジノを楽しむなら勝ちたいですよね。カジノで負けるのと勝つのでは旅の楽しさも変わってくるかと思います。

カジノで遊ぶ際に、「なるべく少ない投資額で長く楽しみたい!」という方も少なくないでしょう。「旅の資金を浮かせたい!」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、カジノの必勝方法といわれるダランベール法について紹介していきます。旅行先のカジノを思う存分楽しみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ダランベール法ってなに?

ダランベール法
ダランベール法とは、フランスの数学・物理・哲学者のジャン・ル・ロン・ダランベールが考案した有名な投資法です。別名ピラミッド法ともいわれています。ダランベール法はカジノ必勝法の一つといわれています。

その理由として、ゲーム数を増やすことで、長期的に収支をプラスにもっていくことができるという特徴があるからです。ルーレット、バカラ、ブラックジャック、クラップスなどに使える戦法です。

関連記事
カジノ初心者でも実践できる利益を出せる賭け方 ピラミッド法を紹介

カジノで勝率を上げる方法は他にもある

カジノで勝率を上げる方法には、いくつかの法則があります。

勝つまで、ゲームごとにチップを倍ずつベットするという方法のマーチンゲール法や勝つ度にベット額を倍にしていき、負けたらリセットするパーレー法、グランマーチンゲール法、バーネット法、ハーフストップ法など、他にもたくさんあります。

そんな中、ダランベール法は連勝、連敗することを前提に使用する必勝法となります。

ローリスク、ローリターンの戦法なので、長くカジノを楽しんだり、とにかく負けのリスクを負いたくないという人におすすめの戦法となります。

関連記事
カジノの必勝法 マーチンゲール法ってなに? 使い方やコツを紹介
損害が比較的少ないパーレー法に挑戦してカジノを楽しもう
ハーフストップ法を駆使してカジノの資金管理を徹底しよう!

ダランベール法の使い方、ゲームの進め方

ダランベール法
ダランベール法の使い方は非常に簡単です。賭け方は、「負けた時に賭け金を1増やす」、「勝った時に賭け金を1減らす」というやり方になります。

例えば、ルーレットで1ドル(単位)を賭けた方法を見てみると以下のようになります。

1.最初のゲームで、勝利したとします。すると、累計損益は1となります。ダランベール法では勝った時に1減らすので、次の賭け金は1となります。
2.次の勝敗は負けたとして、累計損益は0になります。負けた時は賭け金を1上げるので、次は2賭けます。
3.次の勝敗は負けとします。累計損益は-2となります。負けた時は賭け金を1上げるので、次は3賭けます。
4.次の勝敗は勝ちとします。累計損益は1となります。

上記のような流れでダランベール法を使用し、ゲームを進めていくことになります。

ダランベール法を使用する時には、「勝ったら賭け金を1単位減らす」、「負けたら賭け金を1単位上げる」という流れで賭け金を調整して下さい。シンプルで使いやすいローリスク、ローリターンの必勝法となります。

逆ダランベール法ってなに?

ダランベール法
逆ダランベール法は、その名の通り、ダランベール法のやり方の逆の賭け方となります。

ダランベール法とは逆に、「勝ったら賭け金を1増やす」、「負けたら賭け金を1減らす」といった戦法になります。逆ダランベール法は、勝負に勝ち続けた時に威力を発揮します。

しかし、ダランベール法と同様、勝敗が交互に繰り返されるときにはあまり効果がなくなってしまいます。勝率が50%の勝負に対して適用するのが一般的です。

勝っている時に威力を発揮するので、ダランベール法に比べ、ハイリターンになる可能性がありますが、負け続けた時は、その分、負けも大きくなるという特徴があります。

勝った時は多く賭けて負けている時は少なく賭けるといった単純な戦法なので、簡単に使用することが出来ます。

ダランベール法のメリット

ダランベール法は、勝率が約50%のゲームで効果を発揮します。バカラやルーレット、大小(ビッグスモール)、丁半博打などの勝率五分五分のゲームに適しています。

その理由として、ダランベール法のメリットが勝率5割以下でも利益が出るという点にあります。長くカジノを楽しんだ時に、トータルで勝ち越せるというメリットがあります。

また、賭け金は急激に増えることはありませんが、リスクが低いというメリットもあります。ダランベール法では、勝っていても負けていても軍資金の増減が緩やかな特徴があります。

関連記事
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介
人気のカジノゲーム「バカラ」のルールや盛り上がる仕組みを紹介

ダランベール法のデメリット

一方、デメリットは、勝率がよくてもローリターンのところにあります。

勝負に勝っていて畳み掛けたい時でも「賭け金を1減らす」という戦法なので、その分利益も少なくなってしまいます。連敗が続いた場合、損失を取り戻すのに時間がかかるというデメリットもあります。

また、多くの軍資金を必要とする面もデメリットといえるかもしれません。勝敗にバラつきが出るため、資金面での余裕が必要となります。

ダランベール法はあくまでトータルでの勝率にこだわる時に使う攻略法であり、短期間で勝ちを狙うときには向いていない戦法となります。

ダランベール法の活用でカジノを楽しもう!

ダランベール法
現在、海外旅行では様々な国でカジノを楽しむことができます。ラスベガスはもちろん、ヨーロッパではモナコ、アジアでもマカオ、シンガポール、マレーシア、韓国などでもカジノを楽しむことが出来ます。

カジノで負けてしまって「海外旅行でせっかく楽しい気分が台無し・・・。」とはなりたくありませんよね。

ダランベール法というカジノの必勝法を知っておくことで、少ない軍資金でも長時間カジノを楽しむことが可能です。ルーレットなどの少額で長く楽しみたいゲームにも向いている必勝法です。

ダランベール法では、短期間で大勝ちするということは出来ませんが、負けてテンションが下がってしまうといったことがありません。もちろん、オンラインカジノなどでも使用できる必勝法です。

海外旅行でカジノを楽しみたい方、オンラインカジノで勝ちたい方などは、是非、ダランベール法を利用してみてはいかがでしょうか。