青の洞窟で有名なリゾート地 セレブ御用達のカプリ島の魅力を紹介

2018/09/12

「夏に海と青空をゆったり満喫したい!」「ヨーロッパのリゾートに行ってはしゃぎたい!」という方も少なくないのではないでしょうか。

そんなリゾートを満喫したい方には、イタリア南部のカプリ島がおすすめです。カプリ島は「青の洞窟」があることで有名ですが、それ以外にも魅力がいっぱい!リゾート感満載の島です。

この記事では、そんなカプリ島と青の洞窟について紹介します。

カプリ島ってどんな島?

カプリ島
カプリ島は、イタリア南部のティレニア海にある島です。ナポリ市街からナポリ湾を挟んで南へ約30kmに位置します。

約10K㎡程度の小さな島ですが、 世界有数のリゾート地として知られています。有名な観光スポット「青の洞窟」があることでも有名です。

気候は地中海性気候で、年間を通して温暖で降水量が少ないことが特徴です。夏は湿度が少なく晴れた日が多く、冬は雨が多くなり海も荒れがちだといわれています。

観光のベストシーズンは、6月~9月の時期となります。

また、アクセス方法も簡単で日本からの直行便はありませんが、ナポリから船で約1時間程度で行くことが可能です。日本から行く場合は国際線でローマへ約12時間45分、国内線に乗り継ぎ約50分でナポリへ到着します。

ナポリの港からは、フェリーか高速船でカプリ島へアクセス可能です。

関連記事
カプリ島ってどんなところ?画像をまじえ、イタリアンリゾートの魅力を紹介
イタリア南部の歴史ある美しい街 タオルミーナの魅力とカジノを紹介

カプリ島は多くの人が憧れるリゾート地

カプリ島は多くの人が憧れるリゾート地です。観光スポットも多く、風光明媚な土地として知られています。

イタリア人はもちろん、ヨーロッパや世界中から夏のリゾートを求めて多くの方が旅行に訪れています。

特に、カプリ島のメインの観光スポット「青の洞窟」に憧れている人が多く、一生に一度は見ておきたい絶景といわれています。

関連記事
一生に一度は行っておきたい!世界中のおすすめ絶景スポット・ホテルを紹介

カプリ島で一番有名なスポットは青の洞窟

カプリ島
カプリ島で一番有名な観光スポットは、なんといっても「青の洞窟」です。

この、「青の洞窟」へ行くためだけに、カプリ島への海外旅行を決める人も少なくありません。洞窟内に差し込むイタリアの日差しが、青い海を輝かせ、幻想的な光景を生み出します。

カプリ島は歴代の皇帝が別荘を築いてきたことでも有名ですが、青の洞窟はプライベートプールとして愛用されてきました。

青の洞窟へのアクセス方法と洞窟への入り方

「青の洞窟」は、カプリ島の北西部に位置する海上洞窟です。ダメクータと呼ばれるエリアの海沿いにあります。

ツアーに参加することで行けますが、個人で行くことも可能です。

洞窟へは、洞窟の入り口のすぐ脇の船着場から洞窟内部に入ることができます。海に面した断崖の海面上に入り口があるため、小さな手漕ぎボートでしか入ることができません。

また、ツアーに参加することも可能です。1日ツアーなど、現地オプショナルツアーなどを利用する方法もあります。カプリ島はとても小さい島なので、島内の移動はとても簡単です。

交通手段には、バスやケーブルカー、チェアーリフトなどがあります。

青の洞窟の見どころ

青の洞窟の見どころは、何といっても光によって生まれる神秘的な青い水です。南イタリアの強い日差しが透明度の濃い青色をした海を作り出します。幻想的な空間となり、ここでしか体験できない思い出となるでしょう。

カプリ島の青の洞窟の光によって生まれる神秘的な青い水は、アマルフィのエメラルドグリーンの洞窟や沖縄の青の洞窟へ訪れた方でもまるで別格と噂になっています。

青の洞窟に行く際の注意点

青の洞窟は、条件が揃った日にしか行けないといわれています。そのため、どうしても青の洞窟へ行きたい方は、時間に余裕を持ったご旅行日程を組む必要があります。

注意点として知っておきたい条件は、風がないこと、雨が降っていないこと、冬でないことなどがあげられます。

風があると波が高くなってしまい、洞窟の入り口が入れなくなってしまいます。雨が降っていると海水面が上昇してしまい、入り口が入れなくなります。

冬のシーズンも避けた方がよいでしょう。冬は海が非常に荒れやすく、洞窟に入れる可能性が0~5%程度といわれています。天候をしっかりチェックしながらカプリ島旅行を組みましょう。

また、青の洞窟にアクセスする際に波が穏やかとは限りませんし、波があれば揺れることもあります。船酔いなどをしやすい人は酔い止めを飲んでおいた方がよいかもしれません。

青の洞窟以外のおすすめ観光スポット

カプリ島
青の洞窟以外にもカプリ島にはおすすめの観光スポットがあります。

青の洞窟はメイン観光スポットとして有名ですが、他にも「赤の洞窟」、「緑の洞窟」、「白の洞窟」などがあります。

赤の洞窟は、赤珊瑚により赤く見えます。緑の洞窟では、エメラルド色の綺麗な海を見ることが出来ます。白の洞窟は鍾乳洞です。

モンテソラーロの丘からは、綺麗なカプリ海が一望できます。1人乗りのリフトで行く途中も絶景空中散歩が楽しめます。

アウグストゥスの庭園は、カプリ島が古代ローマ皇帝のアウグストゥスの別荘地だったことに由来して命名された庭園です。直下に見える海と立地が絶景のスポットです。

ファラリョーニはカプリ島の象徴の一つで、3つの岩から成る奇岩群としておすすめの観光スポットです。真ん中の岩の空洞は、船で通りぬけることが出来ます。

カプリ島は自然景観が豊富ですし、絶景スポットなど観光ポイントが多くあるので、海以外にも退屈せずに楽しめる島になっています。

カプリ島のおすすめホテル

カプリ島には、ホテルから海が眺められる絶景のホテルが多く存在します。

ここからは、イタリアの別荘のような、カプリ島ならではのおすすめホテルをご紹介いたします。

JK プレイス カプリ(J.K. Place Capri)

カプリ島らしい白を基調とした爽やかな開放感がリゾート感満載のホテルです。

テラスからは広大な海と遠くに見える山など、カプリ島らしい絶景が見えます。カプリ島唯一の港マリーナ・グランデから反対の西側にあります。

テニスコートが併設されており、館内にはジム、サウナ、トルコ式バスなどがあります。こだわりのインテリアなどが特徴的なホテルです。

ホテル プンタ トラガーラ(Punta Tragara)

屋外プール付きで、イタリアの別荘のようなおもむきと眼下に見える海が絶景のホテルです。

客室は落ち着いた空間で広く、部屋によってはファラリオーニ岩礁群が一望できるところもあります。好立地でアクセスがよいのもおすすめの理由です。朝食は、ビュッフェが無料となっています。

関連記事
日本でも馴染みの深いイタリア料理ってどんな料理?イタリア料理の種類や特徴などを紹介!
イタリアで古くから伝わる定番の家庭料理「リゾット」の魅力を紹介!

カプリ島でリゾート気分を味わって!

カプリ島
「青の洞窟」は、一生に一度は行っておきたい絶景スポットだといわれています。

また他にも、カプリ島は島の地形が風光明媚で、神秘的なスポットが多くあります。島が織りなす特徴的な地形や大自然は、リゾート気分が満喫できます。お食事も地中海料理はもちろん、絶品イタリアンなどが食べられます。

カプリ島には様々な魅力があるので、これから海外旅行の行き先を検討されている方は是非、カプリ島を一度訪れてみてはいかがでしょうか。