カジノ 種類

カジノで遊べるゲームの種類って?種類別にゲームのルールを紹介!

2018/10/31

ギャンブル好きな人でなくても、一度はカジノで遊んでみたいと思う人は多いはずです。しかし、カジノで遊ぶとなると、ゲームに対する最低限の知識は必要ですね。

ここでは、カジノでできるゲームについてご紹介します。

カジノで遊べるゲームの種類

カジノ 種類

カジノのゲームは、大きくトランプ系とその他の2つに分けられます。

トランプ系
トランプを使ったゲーム。
お馴染みのトランプゲームから、ギャンブル性の高いゲームまでさまざまな種類があります。
その他のゲーム
・ルーレット
・スロット
・サイコロを使ったダイス系のゲーム  など

カジノで楽しく遊ぶためにもゲーム内容や基本的なルールは知っておきたいですね。

代表的な3つのトランプゲーム

カジノ 種類

世界中の人々に愛されているトランプゲームともいわれているのが以下の3つです。

関連記事
カジノで初心者でも遊べるトランプゲームの魅力やルールを紹介!

定番のトランプゲームでカジノ初心者でも気軽にプレイできます。

バカラ

バカラのルールはとてもシンプルで、参加者は、「BANKER(バンカー)」と「PLAYER(プレイヤー)」のどちらかに賭けるだけです。

・ディーラーがBANKERとPLAYERと書かれたスペースにカードを2枚ずつ配ります。
・参加者は自分の席の前にあるBANKERとPLAYERのどちからにチップを置きます。
・2枚の合計の下1桁が9に近い方が勝ちです。
※絵札(J・Q・K)は10としてカウントします。Aは1になります。

例えば、9と8で合計が17なら、7になります。

最初の2枚の合計が8もしくは9の場合は、ナチュラル(無条件勝ち)と呼ばれ即勝負が決まります。

また、2枚のカードがナチュラルでなく、PLAYERの合計が6未満(1~5)の場合は3枚目が配られます。また、BANKERの場合は、6以下でPLAYERの合計より低い場合は3枚目が配られます。

バカラは、ルールが簡単なのでカジノでは人気のトランプゲームです。

特にマカオでは多くのテーブルがバカラになっているほどメジャーなゲームになっています。

関連記事
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介

ブラックジャック

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーでおこなわれます。

プレイヤーが複数人いても勝負はディーラーとの1対1で決まります。

・ディーラーが2枚ずつ自分とプレーヤーにカードを配ります。
・カードの合計が21に近い方が勝ちになります。
・合計が21を超えたら、「バースト」となりその時点で負けが決まります。

※「J・Q・K」の絵札は10でカウントします。Aは1もしくは11の好きな方を選べます。

最初に配られた2枚のカードの合計が21なら「ブラックジャック」となり、ディーラーがブラックジャックでない限りプレイヤーの勝ちになります。

ディーラーとプレイヤーがともにブラックジャックの場合は、ディーラーの勝ちとなります。

関連記事
初心者でも楽しめるカジノゲーム「21(ブラックジャック)」についてルールや仕組みを紹介!

ポーカー

・ディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。
・場には5枚のカードが配られ3枚が表向きに置かれます。
・自分の手持ちのカードと場にあるカードの中からできる役を考慮して、勝負するかしないかを決めます。
・勝負する場合は、「CALL」にANTEの2倍のチップを置きます。
・プレイヤーとディーラーの役で強い方が勝ちになります。

※但し、ディーラーは、4のペア以上の役でなければ勝負はできません。

役には「ワンペア」「ツーペア」「スリーカード」「フォーカード」「ストレート」「フラッシュ」「フルハウス」「ストレートフラッシュ」「ロイヤルストレートフラッシュ」などがあり、配当はカジノによって異なります。

関連記事
世界のカジノでも共通して人気の高いゲーム ポーカーのルールを紹介

その他のトランプゲーム

カジノ 種類

バカラ、ブラックジャック、ポーカー以外にも楽しいトランプゲームは色々あります。
その中から5つのゲームを紹介します。

ドラゴンタイガー

ドラゴンタイガーは、龍(DRAGON)と虎(TIGER)のどちらかに賭けるゲームです。

それぞれ1枚ずつカードが配られ、数字が強い方が勝ちになります。
Aは1で、Kは13で数えるのでKがもっとも強いカードになります。ディーラーは「ノーモアベット(No more bet)」と言うまでは、自由にチップを移動できます。

また、和(引き分け)や奇数・偶数、ビッグ・スモールなどの賭け方もあります。

スーパーファンタン

スーパーファンタンは、12枚のカードの合計を4で割って余りがいくつになるかを当てるゲームです。

合計を4で割ると余りは0~4のどれかになります。0は4余ると同じ扱いになるので、0と思ったら4に賭けます。

また、余りの数字を当てる「Fan(ファン)」の他に、勝ちと引き分けの数字を選ぶ「NIM(ニム)」、2つの数字を選びどちらが出ても勝ちになる「KWOK(クオック)」、さらに奇数・偶数、ビッグ・スモールなど6種類の賭け方があります。

カジノウォー

初心者でも簡単に楽しめるのがカジノウォーです。

ディーラーとの1対1の勝負で、配られた1枚のカードの強い方が勝ちになります。

Aがもっとも強く2が一番弱いカードです。「ANTE」と書かれた枠にチップを置きます。また、「TIE(引き分け)」に賭けることもできます。
引き分けの場合は、賭けた額の半分もしくは全額を払って降りる「サレンダー」か、引き続き勝負する「ウォー」のどちらかを選択できます。

とてもシンプルなルールです。

レッドドッグ

レッドドッグは、最初に2枚のカードが表向きに配られます。
3枚目に配られたカードが、最初の2枚のカードの間の数字なら勝ちになります。

例えば、最初のカードが、3と10なら、4~9のカードが出れば勝ちです。レッドドッグでは、Aは14として数えます。

また、2枚目のカードが、1番目のカードと連続した数字の場合は、間に数字が入らないので引き分け(コンセクティブ)になり、賭けた額は戻されます。

2枚目のカードが同じ場合は、引き分けでなく強制的に3枚目が配られます。3枚目が同じカードなれば、「レッドドッグ」と呼ばれ配当は12倍に跳ね上がります。同じカードでない場合は、引き分けです。

スリーピクチャーズ

文字通り、3つの絵柄が揃えば勝ちのゲームです。

J、Q、Kのように同じ絵柄でなくても絵柄が3枚揃えばOKです。

絵柄が揃わない場合は、3枚のカードの合計の下1桁が9に近い方が勝ちになります。Aは1、その他の絵札と10は0になります。

トランプ以外のカジノゲーム

カジノ 種類

カジノのゲームにはトランプ以外に、「ルーレット」「スロット」「ダイス系」などのゲームがあります。

ルーレット

回転するルーレット盤にディーラーが投げ込んだボールがどの番号に入るかを当てるゲームです

番号は「0」「00」と1~26番の合計38個があります。また、数字の色は赤と黒に分かれ、0および00は緑になっています。

賭け方は、数字以外に色、奇数・偶数などさまざまな種類があります。

スロット

初心者でも手軽に遊べるのがスロットです。

スロット専用のコインもしくは紙幣(現金でもOKのカジノもある)を入れて、PLAYボタンを押すだけです。

日本のゲームセンターにある機種のようにストップボタンはありません。自動的に止まります。

カジノのスロットの醍醐味は、「ジャックポット」という高配当のスロットです。当たれば億万長者も夢ではありません。

関連記事
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ

ダイス系

ダイス系はサイコロを使ったゲームで、「クラップス」「大小(だいさい)」などがあります。

クラップスは2つのダイスの出目を当てるゲームです。
プレイヤーの勝率が高くなっているのでバカラ同様人気のゲームになっています。

関連記事
初心者でも遊びやすいカジノのサイコロゲームのルールや賭け方を紹介

無料のカジノレッスンがある!?

さまざまなゲームが楽しめるカジノですが、初心者がカジノで遊ぶのには不安もありますね。

そんな初心者のために、ラスベガスの多くのカジノホテルでは、無料でカジノレッスンをおこなっています。

本場のディーラーがわかりやすくゲームのルールなどを教えてくれます。ラスベガスに行く祭には、一度受けて見るのもいいですね。

カジノを楽しもう!

カジノは海外旅行ならではの楽しみのひとつです。

楽しく遊ぶためにもゲームのルールは最低限理解しておきたいものです。運が良ければ億万長者!なんて考えるだけでもワクワクしますね。