マリポサ

ハワイの大人気レストラン!フォトジェニックな「マリポサ」の魅力

2018/09/07

ハワイ・ホノルルといえば日本人にとって、憧れの旅行先。

そこに存在する巨大ショッピングモール・アラモアナセンター内にあるフォトジェニックなカジュアルレストランの存在をご存知でしょうか。ドレスコード不要で受賞歴もある、大人気レストラン、それが「マリポサ」です。

アクセスもよく、日本語メニューも取り揃えられています。名物料理やドリンクをSNSにアップすれば、きっとたくさんの”いいね”がもらえること間違いありません。

この記事ではハワイのレストラン・マリポサについて詳しく紹介していきます。興味を、食欲をそそられた方は、ハワイ行きの航空券を予約をしてみましょう。

マリポサってどんなとこ?

マリポサ
マリポサとは、ハワイのアラモアナセンター内にあるレストラン。
高い天井と奥に伸びる内観、屋内席・テラス席ともにウッド調をあしらった、レトロでカジュアルな雰囲気の人気店です。

アラモアナセンターは広く、大きいです。350を越す店舗数に4つのデパートと、迷子になる方もいるかもしれませんね。

そこで、マリポサに行く時には「ニーマンマーカス」という名前を覚えておきましょう。ニーマンマーカスはマリポサがあるデパートの名前です。

センターの海側中央にあり、内部には「クロエ」や「フランクミュラー」「アルマーニ」などが軒を連ねる高級ブティック施設です。そんな「ハワイホノルル・アラモアナセンター・ニーマンマーカス」の「3階」にレストラン・マリポサがあります。

営業時間・・・11:00~21:00
・ランチ・・・11:00~15:00
・軽食・・・15:00~17:00
・ディナー・・・17:00~21:00

基本的に定休日はありませんがイースターや感謝祭、クリスマスの日は営業していないので注意しましょう。

関連記事
ハワイの定番スポット!アラモアナセンターの充実した魅力を紹介!2018
世界最大級の規模を誇る アラモアナショッピングセンターを大紹介!

日本からどれくらいの時間とお金でいける?

日本からは飛行機で8時間〜11時間ほど、ホノルルまで飛び、空港からアラモアナセンターまで移動します。

空港とアラモアナセンターの距離は車で20分ほどなので、アクセスはラクチンです。

日本からハワイ・ホノルルまでの飛行料金は5万円〜15万円と差があります。これは「格安航空券」や「乗り換え便・直行便」といった違いになりますが、最安値で往復5万円ほどだと考えるとハワイが近く思えてきそうですね。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介
ハワイ ホノルルの人気レストラン ミッシェルズの人気の理由とは?

マリポサを予約する方法は?

マリポサを予約するには、下記の3つの方法があります。

・電話
・ホームページ
・代理店経由

※マリポサに行く際には予約することを推奨します。

ショッピングモール内にあるレストランということで、なんとなく訪れる人も多いのですが、マリポサはハエアイナ賞という「地元雑誌のグルメ賞」を受賞している場所でもあります。

そのため、ランチは1時間待ち、海側のテラス席には、まず予約・席指定がないと座れません。

せっかくの雰囲気と料理を楽しむ前にくたびれてしまっては気分も下がってしますから、事前に予約をしておきましょう。

電話番号はホームページに記載があります。基本的に英語圏の国なので英語での会話になります。しかし、日本人語対応スタッフがいるという情報もあるので、もしかしたらつなぎ直してくれるかもしれません。

また、ホームページからオンライン予約も可能です。ただし、こちらもフォームはすべて英語なので、苦手な人は翻訳しながら少しずつ作業を進めましょう。

代理店経由という方法であれば、英語がわからずとも手配できます。追加料金はかかりますが、JTBやHISなど旅行代理店にお願いしてみるのも手でしょう。

ちなみに、海側のテラス席を希望する場合は「ラナイ席(Lanai Table)」と伝えましょう。これは電話でも、ホームページオンライン予約でも同様です。ただし、人気店の、人気席のため、確約できないことが多いそうです。

マリポサの基本情報

マリポサ
雰囲気はカジュアルなレストランのため、ドレスコードは不要です。
汚らしい格好で行けば入店を拒否されるかもしれませんが、ふつうの装いで行っても大丈夫です。もちろん、水着姿や裸足はNGです。

気になるお値段は、ややお高めという印象です。

一人あたりの料金の目安
ランチ・・・30ドル
ディナー・・・35ドル

もちろん注文するお酒や料理で変わるので一概にはいえませんが、ファミレスなどよりは高いと思ってよさそうです。

また、ミネラルウォーターが有料というのも特徴の一つです。
しかし基本的にドリンクを頼むことが多いので気にならないかもしれませんね。

マリポサのメニュー

マリポサ
マリポサのメニューには以下のようなものがあります。

ランチ
・ポキ
・ハンバーガー
・サンドイッチ
・パスタ
・ロコモコ など
ディナー
・コース
・アラカルト
どちらかを選べます。

コースは4種類から選べ、追加料金でペアリングワインを頼むこともできます。

日本語メニューもあるので英語が苦手な人でも注文時には困ることはなさそうです。

関連記事
旅行中に食べたいハワイならではのローカルグルメとレストランを紹介

マリポサの名物料理と名物ドリンク

また、名物料理や名物ドリンクがあることも忘れてはなりません。

名物料理は「マリポサポキ」と「マリポサバーガー」、そして「ポップオーバー」です。

「ポップオーバー?」となった方、ポップオーバーとは食前に運ばれてくるパンのことなんです。サクサクとした表面とふわふわの生地で、これだけでも食べ進めて満足できるかもしれませんね。

そして、名物ドリンクは「マリポサ・プランテーションアイスティー」です。
パイナップルジュース、グァバジュース、アイスティーが三層になっているドリンクで見た目も味も絶品。くどくない味わいからリピーターさんも必ず頼んでしまうほどだそうです。

 

マリポサが人気のポイントって?


マリポサのおすすめポイントは、まずその景色でしょう。

テラス席からはアラモアナパークと海が見渡すことができるうえ、夕暮れ時には幻想的な世界を見ることができます。

お店そのものの内観もキレイで整っており、料理もいまどきの”インスタ映え”しそうなものばかり。お腹だけではなく、目も、心も満たせる空間といえるでしょう。

関連記事
ハワイ旅行に行った際に行きたい日の出と日の入りのおすすめスポット

あとがき

ハワイ・ホノルルにあるアラモアナセンター。そこにある地元雑誌で賞されるようなカジュアルなレストラン、それがマリポサです。

空港からのアクセスよし、センター内にあるためその前後の行動にもつなげやすいことも利点です。

名物料理とドリンクはとても美味しく、見た目も美しくフォトジェニックなお店です。

予約推奨なところだけが惜しいですが、それは人気の証です。なにより夕暮れやシービューを眺められるその景色はハワイでの想い出をより強く心に残してくれるはずです。

ハワイで優雅なひとときを過ごす方は、ぜひマリポサに立ち寄ってみて下さい。旅行先に悩んでいる方は、マリポサを目標にハワイに行ってみるものいいですね。