ダイヤモンドヘッド

ハワイ州オアフ島のシンボル! ダイヤモンドヘッドの魅力を紹介

2018/09/19

「ワイキキといえばダイヤモンドヘッド」というくらい有名な観光スポット、ダイヤモンドヘッド。ハワイ、オアフ島のランドマークとして象徴的な場所でもあります。

この記事では、見て癒され、登って楽しめる「ダイヤモンドヘッド」の魅力を紹介していきます。

ダイヤモンドヘッドってどんな場所?

ダイヤモンドヘッド
ダイヤモンドヘッドは、アメリカ合衆国内、ハワイ州オアフ島の南東にある死火山です。

海底火山の活動によって、海面に隆起したハワイ諸島ですが、オアフ島が形成されたのは、500万~300万年前とされ、ダイヤモンドヘッドは30万年ほど前に噴火によって誕生したと考えられています。

火口が大きく火砕丘(火山の砕屑物でできた丘)が低い典型的なマグマ水蒸気爆発の特徴を持っています。

名前の由来としては、19世紀にイギリスの水夫たちがこの山を登った時に、火口付近の方解石の結晶をダイヤモンドと間違え「ダイヤモンドヘッド」と名付けたという説と、朝日を浴びる山の姿がダイヤモンドのように眩しかったという2つの説があります。

また、現地では「レアヒ」と呼ばれています。ハワイ語で「マグロの額」という意味です。

ダイヤモンドヘッドはオアフ島のシンボルであり、またパワースポットとしても有名です。悩みごとや、ストレス解消をしてくれる力があると信じられていて、大昔は王族などの位の高い人しか入ることが出来なかったそうです。そんなダイアモンドヘッドはワイキキビーチから望むことができます。

関連記事
ハワイの中でも特に人気の高い!「オアフ島」の魅力とおすすめスポットを紹介
オアフ島の中でも1.2を争う美しさ! カイルアビーチパークの魅力
自然の力を体験できるハワイ州最大の島 ビックアイランドの魅力

ダイヤモンドヘッドの楽しみ方

ダイヤモンドヘッド
ダイヤモンドヘッドは、標高232メートル(頂上まで登ることが出来きます)火口中央部付近に駐車場があり、大人の足で30分~1時間あれば登頂できます。

頂上からは、エメラルドブルーに輝くワイキキビーチをはじめ、賑やかホノルルの街並み、東南エリヤで人気のココルレーターやココヘッドなど360度の絶景を眺めることができ、海と森にビルが融合するハワイらしい景色が楽しめます。

コースは、岩が地面に露出している場所や斜面が急な坂もありますが、登山道は整地され手すりがあるので、お子様や年配の方も登ることができます。

また、ところどころに休憩スペースがあるので景色を見ながら休憩することもできます。

最大の難所といわれているのが、頂上付近の99段の狭い階段です。現在は階段を上るのが難しい方のために、もう1つの道があり、そちらから行けば階段を避けて登ることもできます。

関連記事
2017年にリニューアルオープン プリンス ワイキキの魅力を紹介

ダイヤモンドヘッドの登山について

ここからは、ダイヤモンドに登山する際の基本情報を紹介していきます。

入山料や服装をあらかじめ知っておくことで当日安心して登山することができるでしょう。

ダイヤモンドの入山料

入山料は、1人につき1ドルです。ただし、レンタカーなど車で訪れた場合は、人数関係なく1台あたり5ドルの入園料がかかります。

また、支払いは現金のみになっています。(ダイヤモンドヘッドはアメリカ州立公園にあるため料金がかかります)

ダイヤモンドヘッドの開放時間

ダイヤモンドヘッドの開放時間は、6時~18時です。

ただし、最終受付は16時半までになっています。お休みはなく年中無休です。早朝だと観光客も少なく、また昼ごろには暑くなるため9時ごろまでに登り始めるのがおすすめです。

ダイヤモンドヘッドに登山する際の服装

服装は、岩場や急な坂があるので、スカートやヒールのついた靴、サンダルは避け、動きやすい運動靴、ズボンがよいでしょう。

コース内には日陰がほとんどないので帽子やサングラス、日焼け止めを塗るなど、紫外線対策も忘れずにしましょう。

ダイヤモンドヘッドに登山する際の持ち物

持ち物は、ミネラルウォーターなど水分補給の飲料水を必ず持っていった方がよいです。コース内には売店などはありません。

他には、タオル、お財布、携帯、あまり負担にならないように荷物は最低限、必要なものだけ持って行きましょう。

日本人に人気、ダイヤモンドヘッド日の出ツアー

ここからは日本人にも人気の高いダイヤモンドヘッド日の出ツアーについて紹介していきます。

様々な種類のツアーがあるため、自分の希望に合ったツアーを探してみるとよいでしょう。

○ダイヤモンドヘッド登頂の後は、Billsで有名パンケーキ朝食&ナチュラル派に人気ホールフーズ!
USD 85.00、時間、約4.5時間
○家族連れに大人気、ホノルル動物園!!ダイヤモンドヘッドハイキングの後は、沢山の動物に会いに行こう!
USD 63.00、時間、約3時間
○ダイヤモンドヘッド頂上で朝日鑑賞!コーヒー好きにはたまらないホノルルコーヒー体験センターでの朝食。
USD 65.00、時間、約4.5時間
○ダイヤモンドヘッド早朝散策&野生ウミガメに出会える人気のスノーケル(期間限定5月~11月まで)by Blue Wave Tour
USD 127.00、時間、約5.5時間
○(1/1日限定ツアー)2019年 初日の出をダイヤモンドヘッド山頂から拝もう。おせち料理で新年のお祝い。
USD 130.00、時間、4時間
関連記事
ハワイ旅行に行った際に行きたい日の出と日の入りのおすすめスポット

ダイヤモンドヘッドの行き方

ダイヤモンドヘッド
ダイヤモンドヘッドに行くための交通手段はいくつかあります。

ワイキキトロリー

「ダイヤモンドヘッド観光コース」のグリーンラインを利用します。1日1ライン乗り放題で$25です。

美しいハワイの景色を眺めながら行けるのが最大の魅力です。

The Bus

2番、23番のバスを利用します。23番の場合、「Hawaii Kai Sea Life Park」行きのバスに乗り、「ダイヤモンドヘッド・クレーター入口」で降ります。乗車時間20~30分程度です。

バスは他の交通手段よりもリーズナブルにアクセスできるのが魅力の1つです。

レンタカー

ワイキキ市内からのアクセスは、約20分ぐらいですが、休日や長期休暇などは道が混んでしまい、駐車場待ちの渋滞になることもあります。

スムーズに観光するなら、午前8時~10時ごろ行くのがおすすめです。

タクシー

ワイキキ市内のホテルから約10分程度で着きます。(ホテルの場所により多少異なります)料金は、チップ込みで$15~です。人数が多い場合や、子供連れの場合はタクシーがおすすめです。

また、あらかじめ帰りの時間を決めて、同じタクシーにお迎えに来てもらうように頼んでおくと下山後もスムーズです。

ツアーを利用

自分でダイヤモンドヘッドに行くのが難しい方や、有名な日の出鑑賞などは現地ツアーがオススメです。

ダイヤモンドヘッドの朝日を見るツアーが1人$32~、ダイヤモンドヘッド登頂ツアーが1人$35~です。

ワイキキの街から、あまり離れていないので徒歩で行くことも可能ですが、たくさんの行き方があるので自分に合った行き方を探してみて下さい。

ダイヤモンドヘッドに登ってみよう!

ダイヤモンドヘッド
「ダイヤモンドヘッド」の最大の魅力は、登山への気軽さです。

ゆっくり登っても約2時間なので、小さいお子様からシニアの方まで、みんなが楽しみながら登ることができます。ホノルル市内の街並みを360度堪能できる頂上からの景色は圧巻です!

たくさんのツアーも出ているので、ぜひ「ダイヤモンドヘッド」への登頂にチャレンジしてくださいね。