ハノイ

芸術と政治の街 ハノイの観光スポットとカジノ情報を紹介

2018/10/14

芸術と政治の街といわれるハノイ。物価が安いこともあり、低予算で旅を楽しむことができます。

この記事では、ハノイの基本情報やカジノ情報、おすすめのホテルについて、紹介していきます。旅行先に迷っている方はぜひハノイも候補に入れてみてください。

ハノイってどんな場所?

ハノイ
ハノイはベトナム北部に位置し、ノイバイ空港からおおよそ30km、タクシーで40分ほどの距離にあります。

ハノイには、ベトナム建国の父、初代主席ホー・チ・ミンが眠るホーチミン廟や地元民と観光客が入り混じる旧市街、郊外になると伝統芸能の村も存在しており、新旧のベトナムを体感することができます。

また、ベトナムは地域によって気候の差が激しく、ベトナム北部に位置するハノイには四季が存在しているのも特徴です。日本の四季とは若干異なり、夏が長く、春と秋が短くなっています。

関連記事
それぞれ異なった魅力を持ったベトナムのリゾート地!ダナンとホイアンの魅力を紹介!
インスタ映えも狙えちゃう!女子旅にもオススメなベトナム ホイアンを紹介
ダナンだけじゃない!ベトナムのリゾートスポットをまるっと紹介!

日本からハノイまでのアクセス

日本からハノイに行くには、直行便で平均5~6時間程度がかかります。

航空券の料金相場は、だいたい3万円~10万円ほどです。成田、羽田、関西、中部、福岡の空港から直行便が運航しています。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ハノイの治安

ハノイの治安はさほど悪いわけではありませんが、スリやひったくりが非常に多く、注意が必要です。

ひったくりではバイクに乗った二人組が追い越し際にバッグをひったくるという手口も大変多く、車道の近くをなるべく歩かないようにしたほうがよいでしょう。最低限のお金だけを持ち、行動することをおすすめします。

置き引きも大変多いため、お店などでも必ず所持品すべてに注意を払い、目を離さないようにすることが大切です。
また、タクシーのぼったくりも多く、タクシーに乗ったらまずメーターが動いているかの確認が必須です。

タクシーでのぼったくり被害を防ぐためには、ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらったり、信頼できる大手のタクシー会社のタクシーを選ぶことがおすすめです。

車体を大手のタクシー会社に似せた偽タクシーもあるので、運転手がタクシー会社の制服を着ているかどうかを確認することも必要です。

ハノイの魅力

ハノイ
ハノイで有名な旧市街ですが、旧市街は1010年にハノイに都が置かれ、朝廷に献上する品物を作るために職人達が集められて発達しました。古くから商業が栄えている地域です。

現在では観光客向けのお土産物と、地元民向けの商品が混じる、賑やかなエリアとなっています。ハノイの歴史や雰囲気を楽しみながら、旧市街を散策してみるのもよいでしょう。

ハノイは物価が安いことも、観光客としてはとても嬉しいですよね。手ごろな価格でショッピングや現地のグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハノイのお土産

旧市街など、ハノイにはたくさんのお土産が売っていますが、その中でもおすすめなのが刺繍小物とバッチャン焼きです。

ベトナムは刺繍が盛んなため、様々な刺繍小物や刺繍絵などが売っています。デザインもレトロなものから現代風のものまで豊富なため、きっとお気に入りのものが見つかるのではないでしょうか。

バッチャン焼きはベトナムの伝統的な陶磁器です。繊細でお洒落なものも多く、日本でも有名です。陶磁器なので持ち帰りは少々大変ですが、ハノイを訪れた思い出としてバッチャン焼きを購入してみてはいかがですか。

他にも、ベトナムの国花である蓮のお茶やお菓子、ベトナムコーヒーなどのお土産がスーパーで手ごろに購入ができて人気があります。

ハノイの観光スポット

ハノイには多くの魅力的な観光スポットがあります。

ここからはその中で特におすすめの観光スポットを紹介していきます。ハノイを訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。

旧市街

ハノイ市街地の中心、ホアンキエム湖の北部に広がるエリアです。「ハノイ36通り」とも呼ばれています。

ベトナム政府が管轄する指定遺産となっており、古き良き街並みを保っています。毎週末に行われるナイトマーケットは、ハノイ市随一の規模です。街並みを楽しみながら、お土産探しに散策してみるのがおすすめです。

タンロン水上人形劇場

タンロン水上人形劇場では水上で動く人形たちに合わせて奏でられる民族楽器と唄の生演奏を楽しむことができます。

チケットは1枚10万ドン(約500円)です。現地へ行ったらチケットが完売、なんて事態を避けるためにも、前売り券を手に入れて訪れるのが安心です。

ホーチミン廟

静かで厳かな空気の中、ベトナム国民の父として敬愛されるホーチミンが眠っています。

入場料は無料ですが、入場にあたってノースリーブなどのラフな格好の肌の露出は禁止となっています。廟内は私語や立ち止まりも禁止されているため、訪れる際には注意が必要です。

ベトナム民族学博物館

ハノイにあるベトナム民族学博物館は、ベトナムの少数民族について知ることのできる観光スポットです。料金は一人25,000ドンです。

内部には民族ごとの衣装や家屋などの建築が展示されており、日本語のパンフレットを片手にベトナムを一周することができます。また、水上人形劇を楽しむこともできます。

ハノイにはカジノはあるの?

ハノイ
ハノイのカジノは全店舗が入場は無料、多くの店舗は18歳から入場可能です。営業時間は店舗によって違うので確認が必要です。

また、カジノの利用にはベトナム国外のパスポート保持者であることが条件であり、入り口でパスポートチェックがあるため、パスポートは必ず持ち歩きましょう。

ローリングシステムと呼ばれるポイントカードのような制度を導入しているところが多く、会員登録が必要になることがあります。登録することによってドリンクやフードのサービスが受けられます。

ハノイやホーチミンではディーラーによるテーブルゲームが法律で禁止されており、テーブルゲームがありません。全てのゲームがマシンゲームとなっています。

ドレスコードについてですが、大半の店舗で設けられていないため、カジュアルな服装で大丈夫です。

ハノイのカジノの特徴は最低限の掛け金が低いことがあげられます。中には50セントからプレイできる店舗も。

ゲームのルールがわからなくても日本語のルールブックがあったり、スタッフのレクチャーが受けられるため、初心者でも気軽にカジノを楽しむことができます。

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ

ハノイのおすすめカジノホテル

ここからは、ハノイのおすすめカジノホテルをいくつかご紹介します。

グランド プラザ ハノイ ホテル

グランド プラザ ハノイ ホテルは、複合商業施設「グランド・プラザ」内にあるホテルです。レストランやバーはもちろん、ナイトクラブや屋内プールなどの施設が完備されています。

地下にハノイ最大級のカジノを有しており、宿泊客でなくともカジノで遊ぶことができます。旧市街までは約7km。ホテルの近くには、スタジアムやベトナム民族学博物館があります。

1泊1万2千円程度から宿泊可能です。

クラウンプラザ ウエストハノイ

クラウンプラザ ウエストハノイはハノイ西部に位置しています。

ゆったりとした造りの客室には、シャワーと独立したバスタブがあり、ゆっくりとお風呂で疲れを癒すことができます。

館内レストランでは郷土料理や各国料理を楽しむことができ、また、ホテル滞在中にマッサージを受けることもできます。日本語が通じるのも安心ですね。

こちらのホテルもカジノは地下にあり、様々なゲームを楽しむことができます。ハノイでトップクラスのデイリージャックポットが存在しているのもここのカジノの特徴です。

1泊1万2千円程度から宿泊可能です。

ハノイのおすすめホテル

ハノイのホテルは全体的に低価格なのが特徴です。1室1500円程度から宿泊可能で、5つ星ホテルでも1万2千円程度から宿泊することができます。

ここからは中心地のアクセスに便利なホテルを紹介していきます。

ハノイマーヴェラスホテル

ハノイ旧市街にあるハンザ市場から徒歩5分という好立地に位置するホテルです。

併設のスパセンターでスパトリートメントを楽しめます。6階からは旧市街のパノラマの景色を楽しむことができます。1泊1万円弱程度で宿泊可能です。

セレニティヴィラホテル

ハノイ旧市街の中心部にあり、ハノイ大聖堂も徒歩2分、ハノイの主要観光名所のほとんども徒歩で訪れる事が出来る最高のロケーションのホテルです。

周囲には大衆食堂やレストラン、カフェなどの飲食店やスーパーマーケットもあり、食事や買い物にも困りません。1泊4千円~5千円程度で宿泊可能です。

ベトナムのハノイにいってみよう

ハノイ
芸術と政治の街、ハノイ。長い歴史を持つこの街では、多様な建築や文化、景色に出会うことができます。

日本からも近く、物価も安いため、手ごろな価格で旅を楽しめてしまうのがうれしいですね。日々のリフレッシュに、どこか不思議なたくさんの魅力を持つハノイを訪れてみてはいかがでしょうか。