タイムズスクエア

タイムズスクエアにある近未来型カジノの充実した施設や魅力を紹介

2018/09/08

アメリカ合衆国のニューヨーク市、マンハッタン地区の中心にある繁華街、「タイムズスクエア」。42丁目と7番街、ブロードウェイの交差点を中心に広がっている観光客に人気のスポットです。新聞社ニューヨークタイムズの本社移転に伴い、1904年にその名が付けられました。

高層ビルが立ち並び、世界中の企業看板とネオンが輝き、ミュージカルの劇場、ナイトクラブ、映画館などがひしめきあうこのエリアは、まさに世界の中心といえるでしょう。

年間を通して様々なイベントが催される模様をテレビで目にすることも多いですよね。タイムズスクエアは、日本でもニューヨークを代表する光景として定着しています。

そんなタイムズスクエアをフロアの名前に取り入れたカジノ「リゾーツワールドカジノニューヨークシティ(Resort World Casino New York City)」が、JFケネディ国際空港からほど近いクイーン地区に存在します。

ディーラーなし、チップなしの一風変わったカジノ。アゲダクト競馬場に隣接していて、タイムズスクエアからは少し離れていますが、旅程のひとつにこの近未来型のハイテクカジノを訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事ではタイムズスクエアにある「リゾーツワールドカジノニューヨークシティ(Resort World Casino New York City)」について紹介していきます。

リゾーツワールドカジノニューヨークシティってどんな場所?

タイムズスクエア
ここからは、リゾーツワールドカジノニューヨークシティがどんな場所なのかを紹介していきます。

一風変わったカジノですが、ハイテクな技術を感じながらカジノゲームを楽しめますよ。

ニューヨーク市初のカジノには毎年1000万人が来場

ニューヨークシティで唯一のカジノとして、2011年にオープンしました。

建物は3階建てで、1階が「タイムズスクエアカジノ」、2階が「フィフスアベニューカジノ」、3階が「セントラルパークカジノ」と、フロアごとにニューヨークの名所にちなんだ名前がつけられています。

シンガポールなどのアジアを拠点にカジノなどを保有するGenting Groupが運営し、毎年1,000万人以上の来場者にゲームとエンターテインメントを提供しています。

ディーラーなし、チップなし。ゲームを取り仕切るのは全てコンピュータ

リゾーツワールドカジノニューヨークシティの特徴は、全てのゲームをコンピュータが取り仕切っているという点です。

ブラックジャック、バカラなどのテーブルゲームも、用意されたスクリーンの中でオートマチカルに進みます。センサーで人を感知し、ゲームがスタート。チップの代わりに、スクリーンに手持ちの金額が表示されます。

ゲームに勝った場合は、機械から出たレシートをカウンターで提示し、換金するというシステムになっています。ゲームの種類や台数も多く、他にもイベントやスポーツ観戦、食事などが楽しめるエリアもありますよ。

関連記事
初心者でも楽しめるカジノゲーム「21(ブラックジャック)」についてルールや仕組みを紹介!
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介

リゾーツワールドカジノニューヨークシティの営業概要と入場の条件

タイムズスクエア
営業時間は午前10時~翌6時までです。入場は18歳以上で、アルコールは21歳以上となっています。入場は無料です。写真付きIDが必要なので、パスポートは忘れずに持参しましょう。

ドレスコードは厳しくはありませんが、Tシャツ短パンなどのカジュアル過ぎるスタイルは控えましょう。ゲーム中はソフトドリンクが無料で提供されています。

関連記事
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介

リゾーツワールドカジノニューヨークシティで楽しめるゲーム

リゾーツワールドカジノニューヨークシティでは多くのゲームを楽しむことができます。

ここからは、リゾーツワールドカジノニューヨークシティで楽しめるカジノゲームを紹介していきます。

テーブルゲームは1300台、$5~プレイできる

テーブルゲームの種類は、ブラックジャック、バカラ、スリ―カードポーカー、ルーレット、クラップス、ビックシックスホイールなど約1300台が揃っています。

わずか$5で出来るブラックジャックや、$10のバカラなど、価格帯も安く設定されているのでカジノ初心者でも始めやすいですね。

スロットは4400台

スロットの種類は、トリプルダブルダイヤモンド、バッファロー、アメリカンオリジナル、プレイジングセブン、クイックヒット、ウイールオブフォーチューン、グリーンマシーン、ファイブトレジャーズ、88フォーチューンズなど。

スロットの台数は4400台を超えているので、好みの台が見つかるはずです。

この他にも、同時に複数のゲームにチャレンジできるブースや、プラチナカード以上の会員限定の高額な賭けが楽しめるハイリミットルームも3室用意されています。

関連記事
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ

カジノゲーム以外も充実

3階には様々な施設が揃っています。

毎日ダンスパーティやコンサートなどが開かれるイベントスペースや、アルコールを飲みながら大きなスクリーンでスポーツ観戦が出来るバー「BAR360」など。その他にも落ち着いた雰囲気のステーキレストラン、スターバックス、お土産などが買えるギフトショップなどがあります。

ゲーム以外でも一日中楽しむことが出来ますね。

隣接する競馬場で、競馬も楽しめる

リゾーツワールドカジノニューヨークシティは、アメリカ競馬の主要競馬場に位置付けられているアゲダクト競馬場に隣接していて、フロアから競技場を見渡すことができます。

11月~4月のシーズン中は、週末を含めた毎週5日前後競技が行われるので、競馬も楽しみたい方はこの時期を狙って訪れるのもよいでしょう。

リゾーツワールドカジノニューヨークシティへの行き方

ニューヨークの街からは、地下鉄Aラインに乗り、最寄り駅のアケダクト/ノースコンジットから徒歩圏内ですが、駅から無料のシャトルバスが出ています。

ジョンFケネディ空港からは、タクシーで15分ほどです。アゲダクト競馬場正門で降ろしてもらいましょう。

リゾーツワールドカジノニューヨークシティ近くのおすすめホテル

タイムズスクエア
リゾーツワールドカジノニューヨークシティの近くにはホテルも多く立ち並んでいます。

ここからは、リゾーツワールドカジノニューヨークシティ近くのおすすめホテルを紹介していきます。

ヒルトンガーデンインクイーンズ/JFKエアポート

ヒルトンガーデンインクイーンズ/JFKエアポートは、リゾーツワールドカジノニューヨークシティまで2.3kmほどで、全192室です。

シャワー付き浴槽、無料アメニティ、フィットネスセンター、ロビーに暖炉があります。

近隣の観光地に出かける際の地域内シャトルバスも無料で利用できます。ルームサービス、バーラウンジがあり、Wi-Fiも無料で使用できます。また24時間対応の空港送迎バスも無料で利用できます。

一泊の目安料金はキングルームで1人2万5千円~3万5千円前後となっています。

日本からニューヨークまでの道程

日本からニューヨークまでは空路でおよそ13時間です。成田空港、セントレア(名古屋)、関西空港などの主要空港から、直行便が飛んでいます。

時差は-13時間で、航空券の相場は、年間を通して10万円~15万円前後です。クリスマスや年末年始などのイベントシーズンは高めで、1月~2月の閑散期が比較的安く、8万円前後で行ける場合もありますよ。

成田からの便は、ほとんどがJFケネディ国際空港に到着します。

関連記事
日本とアメリカの時差ってどれぐらい?時差ボケを防ぐ方法なども紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

タイムズスクエアの近未来型カジノにトライしよう!

タイムズスクエア
ゲームが全てデジタル化されたカジノリゾーツワールドカジノニューヨークシティ。ジョンFケネディ国際空港から近いので、ニューヨークを訪れた際はぜひ気軽に立ち寄ってみて下さい。

様々なエンターテインメントや食事を楽しむだけでも満足できますよ。2020年にはゲームエリアの拡大と共に、ホテル、ダイニング、ショップなども新たに加わる予定です。

進化を続ける新感覚の近未来型カジノを、ぜひ一度体感してみて下さい。