カジノをプレイする上で欠かせないチップの購入方法などを紹介

2018/09/07

本場カジノの雰囲気を自宅でも味わえるカジノチップを購入できるのはご存知でしょうか。

この記事では、オリジナルでオーダーすることもできるカジノチップについて紹介していきます。自宅での練習用にも役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

ときにはお土産代わりにもなるため、チェックして損はないでしょう。

カジノのチップってそもそもなに?


まず、最初に、カジノチップについて簡単に説明していきます。カジノではチップは貨幣と同じ価値を持っているので、当然、偽造防止対策はとられています。

具体的にはチップにRFID(ICタグ)が埋め込まれて、識別番号を発信しています。チップを一旦持ち出して再来店しても使えるのは、このREIDを識別しているからです。

カジノではまず貨幣をチップに交換し、そして、チップを置いて賭けることになります。ルーレットの場合には、不特定多数のプレイヤーがチップを置くので、それぞれを識別できるように専用のカラーチップを使います。

そのため、自分で購入したり、作成したチップは、カジノでは使用できないようになっています。

チップには、ドル表記のデノミネーションがプリントされていて、色はその数字によって決まっています。たとえば1(ドル)は白、5は赤で10は青といった具合です。

関連記事
カジノチップってどんな種類があるの?交換方法や種類を紹介

カジノチップの購入方法について


自宅やカジノアミューズメントなどで使用するカジノチップは、ネットなどで簡単に購入することができます。カジノ用品を扱う店舗で販売しており、材質は様々です。

ラスベガスのカジノでは、ほとんどがクレイ(粘土)を圧縮したものです。ヨーロッパやマカオではジェトンやインジェクションと呼ばれる樹脂でできたものを使用しています。

そして、クレイやインジェクション製のチップには、中央にデカルと呼ばれる部材が埋め込まれています。クレイ製は樹脂が、インジェクション製には、樹脂か金属が使われています。

市販のカジノチップで使われている材質としては、本場と同じクレイやクレイに樹脂を練りこんだもの、さらに金属を埋め込んだものやセラミックがあります。

重量感が欲しいという場合には金属を埋め込んだものがよいでしょう。重量はだいたい1枚が12グラムから14グラムくらいとなります。

ちなみに、ラスベガスでは、その重量感を出すために鉛を埋め込んだチップが存在することが発覚して問題になりました。鉛は人体に悪影響を及ぼすからです。市販のチップは鉄片を入れていますが、念のため確認しておいたほうがよいでしょう。

価格はセラミックが1番高く、樹脂とクレイの混合は安めとなっています。ドル表記されているものと、数字がないタイプもあります。数字がないものは色で点数を決めて使用することになります。

関連記事
カジノチップって販売されているの?カジノチップの種類や価格などを紹介

チップの必要数

それでは具体的に、カジノチップをどのように購入すればよいのかを紹介していきます。

ポイントは、何枚あればプレイに支障を来さないかということです。ここでは、ポーカーをプレイするために必要な枚数を検証します。

まず、最初に考えることは、最も多く使用する額面のチップを十分に用意するということです。一部の額面のチップが不足しても、両替することで補えるからです。

そして、ミニマムベットの額をいくらにするかによって、揃える種類は増えますし、枚数も多くなります。例えば、ミニマムを3ドルとすると、1ドルチップを多数用意しなければなりません。

予算を抑えて最小限の枚数でプレイできるように、ミニマムベットを考えるとよいでしょう。

ポーカーでは最初にプレイヤーに配るチップでゲームは進行し、それ以上増えることはありません。つまり最初に人数分のチップがあればよいわけです。ミニマムベットが大きくなるほど、用意するチップの種類は少なくなります。

そこで最低額を25ドル、プレイヤーに配布する点数を3000点とします。この場合、25ドル8枚・100ドル8枚・500ドル4枚があればゲームは進行します。これを人数分用意すればよいということです。

ミニマムベットを10ドルとしてもよいですが、その場合には25ドルが不要となる代わりに50ドルチップもある程度用意することが必要になるでしょう。

カジノチップは既製品をセットで購入すると安くなりますが、オリジナルで作成してもらうこともできます。アミューズメントカジノで用意するのはもちろんのこと、個人で注文することも可能です。

チップのデザインやロゴのファイルを送ることで、自由に作ることができます。

関連記事
世界のカジノでも共通して人気の高いゲーム ポーカーのルールを紹介
カジノチップマーカーはカジノにある便利なシステム!仕組みを紹介
プレイヤー同士の心理戦が楽しいポーカーのベット方法を紹介

ゴルフマーカーとして注文することもできる


カジノチップは、ほどよい質感と適度な重量感があるので、記念品としても人気があります。

お店の記念品やノベルティグッズとしても、オリジナルで作ることができます。キーホルダーやコレクションアイテムとして複数のデザインを用意すれば、集客に役立てることもできそうです。

また、ゴルフマーカーとしても使用できるので、自分の似顔絵をプリントしたり好きなデザインで作成することもできます。

ゴルフであればホールインワン記念の贈り物としても配れますし、父の日のプレゼントとして贈っても喜ばれそうです。

記念品としてのカジノチップはセラミック製が多いようですが、価格は100枚単位で1万円くらいから、1枚あたり数百円とさまざまです。1枚ごとに名入れをすれば喜ばれるでしょう。

ゴルフマーカーなど自分用のお気に入りグッズとして使用するのであれば、重量感や質感、厚さなどにこだわって1枚単位で注文できるものを検討するとよいでしょう。

ノベルティグッズなどの配布目的であれば、ある程度の枚数をまとめて注文することになるので、単価が安くデザインデータの入稿も簡単なサービスを探すことになります。

あとがき

カジノ チップ
オンラインカジノとは異なり、実際のカジノでは自分でチップの計算をしながら賭けなければなりません。そのためには、自宅で実際にチップを使って、慣れておくとよいかもしれません。

そして、海外の本場カジノでその雰囲気を楽しんでいただければと思います。チップの扱いに慣れておけば、スマートにプレイすることができるようになります。