仁川国際空港

韓国の空の玄関口!仁川国際空港の設備やアクセス方法・魅力を紹介

2018/10/19

平昌オリンピックに合わせて第二ターミナルが開港した、韓国の空の玄関口、仁川国際空港。

世界各国へのフライトがあり、乗り継ぎにも多くの人が利用しています。そんな便利な仁川国際空港には、飛行機以外にも多くの設備があります。

この記事では、仁川国際空港の設備と楽しみ方について紹介していきます。

仁川国際空港ってどんな場所?

仁川国際空港
仁川国際空港は、大韓民国仁川広域市中区に位置し、2001年に開港しました。この場所は以前は海でしたが、干潟を埋め立てて建築しました。

大韓航空及びアシアナ航空の路線をメインに、乗り継ぎとしても便利なハブ空港でもあります。1,170haの広い敷地内には、二つのターミナル、貨物用ターミナル、コンコースがあります。

仁川国際空港の乗り入れ便

一番多く離発着しているのが、大韓航空です。日本、中国、アジア、中東、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカなど、多くの便があります。アシアナ航空も同様に多く、日本、中国、アジア、西ヨーロッパ、アメリカ、オアセアニアなどに運行しています。

LCCのチェジュ航空も乗り入れています。日本、香港やマカオなどのアジア、グアム、サイパンなどの便が離発着しています。

仁川国際空港から日本への便は、関西、中部、成田、新千歳、沖縄など多くの便があります。チェジュ航空 、エアソウル 、ピーチ 、ジンエアー 、アシアナ航空 、ティーウェイ航空 、イースター航空 、大韓航空などが運行しています。

主にLCCが多く、一万円以下でも航空券の購入が可能です。飛行時間は、一時間半から二時間ほどになります。

以前は、JALも運行していましたが、2018年3月に撤退しました。

仁川国際空港の設備

仁川国際空港
仁川国際空港には、地上4階と地下2階まである第一ターミナルと、2018年1月18日にオープンした第二ターミナルがあります。

ここからは第一ターミナルと第二ターミナルについてそれぞれ紹介をしていきます。

仁川国際空港の第一ターミナルの設備

仁川国際空港の第一ターミナルには、コンビニのCU、書籍、花、化粧品のskin foodやETUDE HOUSE、イニスフリーやオリーブヤング、アクセサリーやカバンのPOLHAM、雑貨やお土産のMarieant、スーツケースなどのトラベル用品のSAMSONITEが一般エリアにあります。

また、免税エリアには、HERMES、TUMI、TORY BURCH、VICTORIA’S SECRET、ROLEX、LOUIS VUITTON、TIFFANY & COなど、多くの有名ブランドに加え、化粧品、お酒やタバコの販売を行っています。

レストランも多く、韓国料理は韓玉、本粥&本ビビンバ、ビビゴ季節飯床、仁川グルメなどがあります。Burger HunterやBISTROBAR LAGRILLIAなどの洋食、TACO BELL、BURGERKING、ロッテリアやKFCなどのファーストフードなど、多様な食事が提供されています。

カプセルホテルや映画館、宅配便、トラベルセンター、ATM、携帯電話、レンタカー、授乳室、喫煙室など、旅行に便利なサービスも充実しています。

仁川国際空港の第二ターミナルの設備

2018年にオープンした第二ターミナルでは、SEVEN ELEVENやGS25などのコンビニ、トラブルグッズやカバンのトラベルメート、化粧品のオリーブヤングなどがあります。

第一ターミナルよりも一般エリアの売店は少ないです。しかし、必要なものがすぐに買えるようになっており、便利なお店が揃っています。

免税エリアには、ETRO、セリーヌ、FERRAGAMO、PRADA、IFFANY&Co.、GUCCI、CHLOE、BOTTRGA VENETAなどのブランドや、コスメ、タバコ、お酒などを販売しています。

また、エンジェリノスコーヒー、DUNKINドーナツ、校洞(キョドン)チャンポン、オデン食堂、ロッテリア、ゴンチャなど、韓国料理、カフェ、ファーストフード、軽食など多くのお店が揃っています。

宅配、両替、レンタカー、携帯電話やレンタルwifi、無料インターネット、遺失物管理所、授乳室、医療センター、薬局などの施設も充実しています。

仮眠を取ることができるホテルも備わっている

仁川国際空港
仁川国際空港内には、カプセルホテル、トランジットホテル、Nap Zoneがあり、トランジットの待ち時間を利用して、仮眠をとることも可能です。

シャワー室が4箇所もあり、汗を流してスッキリしてから、搭乗できて便利です。

仁川国際空港へのアクセス

仁川国際空港
仁川国際空港に行くには、主に3種類の方法があります。

ここからは仁川国際空港までのアクセスを紹介していきます。実際に利用した際に迷うことがないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

仁川国際空港へ行く手段①バス

第1旅客ターミナル1階4、6、7、8、11、13番出口の隣と9C、第2旅客ターミナル交通センター地下1階にて、バスチケットを購入します。

ソウル、京畿道、仁川、江原道、忠清道、全羅道、慶尚道に行くバスが発着しています。ソウル駅/江南ターミナルと、松亭駅には深夜バスが出ています。深夜発着の便でも移動が可能ですよ。

仁川国際空港へ行く手段②電車

第1旅客ターミナル交通センター(地下1階)と第2旅客ターミナル交通センター(地下1階)からは、航空鉄道AREXが発着しています。

ソウル駅までは、66分から58分、料金は4,750ウォンから4,150ウォンです。

仁川国際空港へ行く手段③タクシーやレンタカーなど

そのほかにも、タクシーやコールバンの利用も可能です。第一ターミナルと、第二ターミナル間では、無料のシャトルバスが運行しています。

車を利用する際には、30分1,200ウォンからの短期駐車場と、時間当り 1,000ウォンの長期駐車場があります。空港内にレンタカーのカウンターがあるので、そこで車を借りることもできます。

仁川国際空港にあるラウンジについて

仁川国際空港
仁川国際空港には、スカイハブラウンジ、マティナ ラウンジ、アシアナ ラウンジ(ビジネス)、アシアナ ラウンジ(ファースト)、KALラウンジ(ファースト、マイラークラブ、プレステージウェスト)、SPC ラウンジ、KALラウンジ(外航社)、China Eastern Airlines Loungeなど、各航空会社のラウンジが用意されています。

ラウンジでは、バイキング形式での食事、お酒などのドリンク、インターネットなどのセービスが用意されています。

特に、KALラウンジでは、提携しているハイアットリージェンシー仁川から届く食事が利用者に人気です。マティナ ラウンジの食事も、メニューなどこだわっており、美味しいと人気です。

こちらは、時間によっては利用者が多く、混雑することがあります。ラウンジ内のシャワーはかなり人気なので、利用希望の場合は受付の際に、名前を伝えておく方がおすすめです。

ダイナースクラブ会員、プライオリティパス会員、アメックスゴールドカード、アメリカン・エキスプレス・カード会員などに加え、同伴者であれば有料での利用が可能です。2歳未満は、無料となる場合が多いです。

仁川空港で旅の移動を快適に過ごそう!

仁川国際空港
仁川国際空港には、買い物、レストラン、ラウンジなど多くの施設が揃っています。

それに加え、ホテルやスパ、映画など多様な過ごし方ができます。旅の移動を快適にしてくれるサービスが、非常に充実した空港です。