ルーレット 賭け方

カジノ初心者でも勝率をアップさせられるルーレットの勝ち方を紹介

2018/11/08

「カジノの女王」と呼ばれるルーレット。回転するルーレット盤に玉が入る数字を予想して賭ける人気の高いゲームです。「勝つも負けるも運次第」と賭ける人が大半でしょう。確かにギャンブルは運が大きく左右します。

しかし、ルーレットの場合、運だけではなく「勝ち方」が存在します。その勝ち方通りに賭ければ、勝率がアップする可能性が高いです。

この記事では、初心者にオススメのルーレットの勝ち方を紹介していきます。

ルーレットの必勝法と呼ばれる賭け方

ルーレット 賭け方
ルーレットにはいくつかの必勝法と呼ばれる賭け方があります。その方法を知らずに、勘だけで勝負しても上手くいかないことが多いです。

必勝法は長い歴史の中から生まれてきたノウハウですから、知っておいて損はありません。少しでも有利になるような賭け方を学べば、ルーレットがより楽しくなりますよ。

必勝法を実践する前の3つの心得

ルーレット 賭け方
ルーレットの必勝法を紹介する前に、必ず頭に入れておきたい心得が3つあります。

ここからはその心得について紹介をしていきます。あらかじめ、頭に入れておくことで実践する際に失敗するリスクが低くなるでしょう。

心得1:100%当たる必勝法はない

「必勝法」といっておきながら100%ではないというのは矛盾がありますが、ギャンブルに関してはどんな必勝法でも100%当たる保証はありません。

必勝法を覚えても必ず当たるとは限らないということを理解しておきましょう。

心得2:目標利益額と最低の負け金額を決める

ギャンブルで失敗するケースで多いのが、熱くなって次々とお金をつぎ込んでしまうことです。手持ちのお金を全部つぎ込んで、せっかくの旅行が台無しになっては意味がありませんね。

大切なのは、これぐらい儲かれば良いという利益額の目標と、いくら負けたらやめるという最低の負け金額を決めることです。

心得3:ギャンブルにはハウスエッジがある

ハウスエッジとは、ギャンブルの主催者などの胴元(どうもと)が得る手数料のようなものです。英語では「控除率」を意味します。

日本の宝くじでは50%近くの控除率になっています。ちなみに競馬や競輪では約25%が相場です。カジノの場合は、1%~5%ぐらいの控除率なので、他のギャンブルに比べると還元率が高いといえます。

しかし、控除料が低いからといって儲かるわけではありません。胴元は必ず控除率が取れるような仕組みを作っています。つまり、儲かる人より損する人の方が多いということを理解しておきましょう。

初心者におすすめのルーレット必勝法

ルーレット 賭け方
ルーレットの賭け方にはさまざまな方法があります。

ここからは、初心者の方でも簡単にできる3つの必勝法を紹介していきます。

2/3ベット法

2/3ベット法とは、「同じ場所に3回連続で入ったら、次のゲームでその反対に賭ける」という方法です。

実際のルーレットでは、個々の数字以外にエリアに賭ける方法があります。2/3ベット法は、このエリアの「カラムベット」と「ダズンベット」を使用します。

カラムベットは以下のような横列に賭ける方法です。

列には、上段・中段・下段があり、その横の「2:1」の枠にチップを置いて賭けます。

ダズンベットは、以下のようなエリアに賭ける方法です。

「1st12」「2nd12」「3rd12」の3つのエリアにチップを置きます。

2/3ベットの賭け方は、まずは、チップを置かずにルーレットがどこに入るかを観察します。カラムベットもしくはダズンベットの同じエリアの数字が3回連続で入るまで様子を見ます。

例えば、16、4、31と続いたら、カラムベッドの下段のエリアの数字が連続したことになります。この場合は、次に下段以外の上段と中段にベットします。

同様にダズンベッドの同じエリアの数字が3回連続したら、そのエリア以外の2つにベットします。

2/3ベット法は少ない投資で勝率の高い賭け方です。ただし、賭けないで観察することを禁止しているカジノもあるので、事前に調べておくことが大切です。

ココモ法

ココモ法は、カジノ好きには有名なマーチンゲール法という投資法に類似した賭け方です。

マーチンゲール法は負けた金額を回収することが目的ですが、ココモ法は損失額の回収と同時に利益を生み出す必勝法です。

マーチンゲール方は、勝つまで負け金の2倍を賭ける方法ですが、ココモ法は、負けた直近2回の合計を賭ける方法です。勝敗確率1/3のゲームで使用します。勝率1/2のゲームでは使用しません。

ここでは、ダズンベットで説明します。

ココモ法は、2回連続して負けた場合から使います。例えば、ダズンベットの「1st12」に1を賭けて連続して負けたとします。次に賭ける金額は直近2回の合計ですから、2を賭けます。

また、負けたら今度は3を賭けていきます。さらに負けたら5というように賭け金を増やしていきます。分かりやすいように図解します。

ココモ法 損益

上記のように5回目で勝てば、配当が3倍なので損益はプラスになります。勝った時点でココモ法はリセットされます。次に2回連続して負けたら、ココモ法を使用します。

ココモ法は勝つまで続ける必勝法ですから、負けが続くほど賭け金は大きくなります。

勝敗確率が1/3なので、3回に2回は負ける確率になります。15連敗する場合も少なくありません。賭け金も大きくなるので資金不足には注意が必要です。また、カジノにはテーブルリミット額が決められています。

テーブルには最大賭け金が表示されているので、必ず確認しましょう。

2コラム・2ダズン法

小さな資金でも長い時間ルーレットを楽しめるのが2コラム・2ダズン法です。賭け方はシンプルです。以下のように2つのカラムベットと2つのダズンベットの計2箇所にチップを置く方法です。

4箇所の置き方は、カラムベットが「上段・中段」「上段・下段」「中段・下段」、ダズンベットが「1st12・2nd12」「1st12・3rd12」「2nd12・3rd12」を組み合わせて計9通りあります。

上記の場合なら、14・17・20・23以外の数字が来ればどれかは当たることになります。勝率が84%~86%になる賭け方です。

配当が3倍でも、4箇所賭けたらマイナスと思えますが、例えば、上記の場合6に入れば、カラムベットの上段とダズンベットの1st12の2つが当たりになるので、3倍が2つで6、結果2のプラスになります。

当然チップの額によっても利益は大きくなります。一発で大きな儲けにはなりませんが、大きな損失もないのでコツコツ稼ぎたい人にはおすすめの必勝法です。

3つの初心者におすすめのルーレット必勝法を紹介しましたが、あくまでも必勝法は100%勝てるものではないことを理解しておきましょう。

ギャンブルである限り「運」は必ず勝負を左右します。「運がよくない」と感じたら諦めることも大切です。

必勝法を使ってルーレットを楽しもう!

ルーレット 賭け方
ルーレットの海外のカジノで遊ぶには、ゲームに対する多少の知識も必要です。今回はルーレットの賭け方について紹介してきました。

むやみに賭けるのではなくいくつかの必勝法を知っていればよりゲームも楽しくなります。ぜひ、今回ご紹介した必勝法を使ってルーレットにチャレンジしてみましょう。