ポーカー

世界のカジノでも共通して人気の高いゲーム ポーカーのルールを紹介

2019/01/01

海外旅行の楽しみの一つでもあるカジノ、皆さんはどのゲームがお好きですか?多くの楽しみ方があるカジノですが、国や地域によって人気のゲームは違ってきます。

しかし、どのカジノでも共通して人気なゲームがポーカーです。

この記事ではポーカーについて紹介していきます。

ポーカーには大きく分けて3種類ある

ポーカー
ポーカーには、最も基本的な「ドローポーカー」、ドローポーカーの後に人気になった「スタッドポーカー」、そして、現在カジノで最も主流の「ホールデムポーカー」の大きく分けて3種類があります。

カジノで最も主流の「ホールデムポーカー」のうち、「テキサスホールデム」は群を抜いて人気であり、世界中のカジノで最も多くプレイされています。

本場ラスベガスはもちろん、日本から近いマカオでも人気なのが「テキサスホールデム」です。

関連記事
カジノルール攻略ガイド|テキサスホールデムポーカー
ポーカートーナメントは日本でも参加できる?ポーカーギルドを紹介

ポーカー、テキサスホールデムの基本のルール

ポーカー
ポーカーの基本的なルールは、与えられたトランプの中で強い組み合わせ(手役、ハンド)をつくることです。世界三大カードゲームの一つであり、心理戦に持ち込めることが特徴です。

テキサスホールデムも大まかなルールはこの通りで、各自に配られる2枚のカードと、プレイヤーが共通で使う5枚のコミュニティーカードの計7枚の中から5枚を選んで、カードの手役が最も強い人がそれまでの賭け金を全て得られます。

テキサスホールデムは通常2人〜10人で行われます。

ここからはポーカー、テキサスホールデムの基本ルールを紹介していきます。

関連記事
カジノの定番ゲーム「ポーカー」って練習方法はあるの?ポーカーのルールと練習方法を紹介!
初心者の方でもすぐに楽しめるポーカーの基本ルールを徹底紹介!

自分のターンで起こせる5つのアクション

テキサスホールデムでは自分のターンで起こせるアクションは以下のように5種類あります。

チェック:賭け金を出さずに次の人に回す(パス)
ベット:所定の賭け金をかける
コール:自分の前のプレーヤーと同じ金額を賭ける
レイズ:賭け金を増やす(2倍以上にする)
フォールド(ダウン):賭けずに勝負を降りる

場面に応じて5つのアクションを使い分けるようにしましょう。

関連記事
プレイヤー同士の心理戦が楽しいポーカーのベット方法を紹介

テキサスホールデムのゲームの流れ

テキサスホールデムではゲームは時計回りに進行して行きます。

ゲームの流れは以下の通りとなります。

1.ディーラーボタンの左隣の人から2枚ずつカードを配ります。

2.2枚のカードを見てディーラーボタンの左隣の人から順に5つのアクションのどれかを行います。カードを見てこの時点でゲームを降りることもできます。

ただし、ディーラーボタンの左隣の人とその左隣の人はそれぞれスモールブラインド、ビッグブラインドと呼ばれ、必ず賭け金をおく必要があるためゲームを降りることはできません。

3.コミュニティカード(全員共有のカード)が3枚表向きでテーブルの中心に配られ、これを見てボタンの左隣の人から時計回りにアクションを起こしていきます。
4.一巡して、次のコミュニティカード1枚(4枚目)が表向きに返され、再びボタンの左隣の人からアクションを起こします。
5.さらに一巡して最後のコミュニティカードが表向きにされ、同じようにボタンの左隣の人からアクションを起こして行きます。

6.プレーヤーは2枚の手持ちカードをテーブルの上に出し、その時点で最も強い手役を持っている人がそれまでの賭け金を総取りできます。

ディーラーが各プレーヤーの2枚のカードとコミュニティーカードを見て、それぞれ最も強い組み合わせが採用されます。その中で最も強い手役を持っている人が勝ちとなります。

テキサスホールデムの特徴として、自分以外の全員がゲームから降りた場合、その時点で残っている人が勝利します。

そのため、弱いカードしか持っていないのに強気で賭けていき、強いカードを持っているかのように見せ、他のプレーヤをゲームから降ろし、勝つという心理戦で勝つことも可能です。

テキサスホールデムでのポジション

ポーカー
テキサスホールデムにはそれぞれポジションというものがあります。

ここからは、そのポジションについて紹介をしていきます。

最後にアクションをできるボタン(ディーラーボタン)

ディーラーボタンは、最後にアクションをできるポジションです。

ゲームのはじめにディーラーがプレーヤーに1枚ずつカードを配り、最も大きい数字を持っていた人が最初のディーラーボタンとなります。(数字が同じ場合は絵柄で決める)1ゲーム終了ごとに隣の人に移ります。

通常は、「DEALER」と書かれた円盤型の物が置かれます。

強制的に賭け金を賭けなければならないスモールブラインド

スモールブラインドは、ボタンの左隣の人です。

ゲーム開始時に強制的に賭け金をかける必要があり、一巡目ではゲームを降りることができません。1ゲームごとに、ボタンが動くのに合わせて隣の人に移ります。

スモールブラインドの左隣はビッグブラインド

ビッグブラインドは、ボタンの2個左隣、スモールブラインドの左隣の人です。

ゲーム開始時に強制的に賭け金を賭ける必要があり、一巡目でゲームを降りることはできません。さらに、スモールブラインドより大きな額を賭ける必要があります。1ゲームごとに、ボタンが動くのに合わせて隣の人に移ります。

ポーカーの役は9種類ある

ポーカー
どのカードの組み合わせが強いのかを知らなくては、賭けるかゲームを降りるかの判断ができません。ポーカーには9種類の役があります。

ここからはポーカーの役について紹介をしていきます。強い順に紹介していくため、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
ポーカーをプレイする上で必要な知識 ポーカーの役の強さと確率を紹介

最強の役 ロイヤルフラッシュ

ポーカー
同じ絵柄で「A」「10」「J」「Q」「K」が揃っている状態です。

全ての役の中で一番強い役です。

同じ絵柄で数字が連続している ストレートフラッシュ

同じ絵柄で数字が連続している状態です。

例えば、「クラブの3」「クラブの4」「クラブの5」「クラブの6」「クラブの7」はストレートフラッシュです。

同じ数字が4つ揃っている フォーオブアカインド(フォーカード)

同じ数字が4枚揃っている状態です。

例えば、「スペードの9」「クラブの9」「ハートの9」「ダイヤの9」「クラブの5」はフォーカードです。

同じ数字のカードの組み合わせがある フルハウス

同じ数字のカードの組み合わせが3枚と2枚の二つある状態です。

例えば、「ハートの4」「クラブの4」「スペードの4」「スペードの10」「ハートの10」はフルハウスです。

5枚全ての絵柄が同じ状態 フラッシュ

5枚全ての絵柄が同じ状態です。

例えば、「スペードのA」「スペードの5」「スペードの6」「スペードの9」「スペードのQ」はフラッシュです。

5枚のカードの数字が連続している ストレート

5枚のカードの数字が連続している状態です。

例えば、「クラブの2」「スペードの3」「スペードの4」「ダイヤの5」「ハートの6」はストレートです。

同じ数字が3枚ある スリーオブアカインド(スリーカード)

同じ数字が3枚ある状態です。

例えば、「ハートの2」「スペードのJ」「ダイヤの4」「ハートの4」「クラブの4」はスリーカードです。

同じ数字の2枚が2組ある ツーペア

同じ数字2枚が2組ある状態です。

例えば、「ダイヤのJ」「クラブのJ」「ハートのK」「クラブのQ」「スペードのQ」はツーペアです。

同じ数字が2枚ある ワンペア

同じ数字が2枚ある状態です。

例えば、「ダイヤの7」「ハートのK」「クラブの5」「スペードのA」「ダイヤのA」はワンペアです。

ノーペアだった場合の勝負の付け方

手持ちのカードのうち、最も数字の大きいカードを持つプレイヤーが勝者となります。

同じランクのカードを持っている場合は、2番目に強いカード、3番目に強いカードと比較していきます。

ポーカーのルールを覚えよう!

ポーカー
カジノに折角訪れるのなら、スロットだけではなく、ポーカーのようなテーブルゲームにも挑戦してみたいものです。

テキサスホールデムのルールはさほど難しくないので、9つの手役を覚えておくとスムーズにゲームが進行でき、また、ポーカーの醍醐味でもある心理戦に持ち込むこともできます。

これを機にカジノでポーカーを楽しんでみてはいかがでしょうか?