アムステルダム 観光

オシャレで可愛い街「アムステルダム」で歴史を感じる観光をしよう!

2018/09/15

日本からも行きやすく、おしゃれで可愛い街として人気の国、オランダ。

アムステルダムは、日本人にも人気の観光地で、美術や歴史、文化など景観だけでなく勉強になる観光ができることが魅力です。

この記事では、そんなオランダのおすすめの巡り方について紹介します。旅行先に迷った際にはぜひ検討してみてください。

アムステルダムってどんな場所?

アムステルダム 観光
アムステルダムはオランダの首都であり、160本以上の運河や1500以上の橋が特徴的な街です。その土地柄をいかして、貿易業が盛んになり世界の貿易の中心地として繁栄しました。

現在でも当時の倉庫や建築物が残っています。美術館や博物館も多く、国立博物館やゴッホ美術館には世界的に名高い作品が多く展示されています。

日本からは、成田国際空港や関西国際空港から直行便が出ています。飛行時間は11時間30分です。KLMオランダ航空が運航しています。

乗り継ぎ便を利用する場合は、ドイツのフランクフルト経由か、イギリスのロンドン経由が便利です。キャセイパシフィック航空やエアフランス、エミレーツ航空が運航しています。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

アムステルダムの観光地

アムステルダム観光
アムステルダムには多くの歴史的な建造物や美術に関する貴重なものが残されています。

ここからはその中の一部ではありますが、アムステルダムの観光地を紹介していきます。

関連記事
アムステルダムには貴重な歴史がたくさん!おすすめ観光地を紹介

ストリートパフォーマンスが盛んなライツェ広場

ライツェ広場は、街の中心部にある広場です。広場を囲むようにカフェなどが並んでいます。夕方からは、特に人が増えて賑わいを増します。

ストリートパフォーマンスが盛んなエリアです。パフォーマンスが終わると小銭を入れるのがルール。映画館、ナイトクラブ、レストランなど全てが集まっている場所でもあります。

第二次世界大戦の歴史を味わえるアンネフランクの家

世界中で知られる「アンネの日記」のアンネフランクが過ごした家です。第二次世界大戦中に、アンネフランクはこの家を隠れ家として暮らしていました。アンネの日記が書かれたのも、この隠れ家です。

入場は完全予約制で、ネットで事前にチケットを購入します。チケット購入時には会員登録が必要です。館内では、オーディオガイドを無料で貸し出しています。展示物は全て撮影が禁止されています。

200点以上の油絵などが展示されているゴッホ美術館

アムステルダム 観光
200点以上の油絵を中心にコレクションされています。ひまわりなど世界的に有名な名作もたくさん揃っている場所です。

18歳未満は無料です。大人は€ 18となり、マルチメディアツアーを含む場合は、€ 23となります。チケットの購入はオンラインで可能です。チケットは常設展も企画展も入場可能です。

アムステルダムにはカジノってあるの?

アムステルダム 観光
カジノ天国ともいわれるほど、カジノが多いのがオランダです。

カジノチェーンがあり、深夜3時までカジノを楽しめます。18歳未満は入場できません。特に厳しいドレスコードはありませんが、ジーンズやTシャツなどは避ける方がおすすめです。

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介

アムステルダムのおすすめカジノとカジノホテル

アムステルダムにはカジノを楽しめるホテルも多くあります。

ここからは、その中でも特におすすめしたいアムステルダムのカジノホテルを紹介していきます。

ホランド・カジノ(オランダ国営)

ホランドカジノ・アムステルダムは、昼12時から深夜3時前までオープンしているカジノです。入場料がかかりますが、近隣のホテルに滞在している場合は入場無料のチケットがついてくる場合が多いです。

55台のテーブルゲームと、600台を超えるスロットマシーンがあります。入場時には、短パン、ジーンズ、サンダルは着用できません。年齢確認があるので、パスポートの提示が必要です。

こちらのカジノの直営店はスキポール空港、BREDA、EINDHOVEN、ROTTERDAMなど、14箇所にあります。ポーカー、ルーレット、ブラックジャック、ビンゴなどのゲームがあります。ミニマムベッドは5から10€ですが、時間により変動します。

特にスキポール空港にあるカジノは、規模は小さいながらも人気のゲームが揃っており、出国ギリギリまでカジノで時間を過ごすことが可能です。空港内のカジノにはドレスコードはありません。

街中にある店舗では、平日の夕方から賑わいをみせ、週末になると台を探すのが大変なほどの人気です。ドレスコードは、他の国に比べるとそれほど厳しくありません。

しかし、入り口には必ずセキュリティがいます。ポロシャツなどを着ていた方が入り口で止められずスムーズに中に入れます。カジノ内では、カクテルなどのお酒の販売もしています。

関連記事
国営カジノってどんなカジノ?世界のカジノ事情と特徴を紹介

アトランタ ホテル アムステルダム

アトランタ ホテル アムステルダムは、レンブラント広場の端に位置しています。

36の客室があり、アムステルダム中央駅からも徒歩圏内です。立地条件がよく、他のホテルよりもリーズナブルな価格設定で人気です。

ラディソンホテル&リゾート

アムステルダムの中心部にありながら、比較的静かな地域に位置しています。

ナチュラルなものからカラフルなものまで、各部屋それぞれにテーマがあります。レストランでは、ビュッフェ式朝食を楽しめます。ウォータールー広場、カルファー通りへも徒歩で移動が可能です。

買い物、ナイトライフ、食事など、多くのアクティビティに便利な立地です。

フレッチャー ホテル アムステルダム

フレッチャー ホテル アムステルダムは、2012年にオープンした19階建てのデザイナーズホテルです。

屋上テラス、ゴルフコース、テニスコート、カジノが入った大型のホテルです。スキポール空港までは車で15分以内で移動できる便利な場所です。ビュッフェスタイルの朝食や、バーなどレストランも充実しています。

地下鉄ホーレンドレヒト駅が近くにあり、街の中心部への移動にも便利な路線です。

アムステルダムのお土産は何がいい?

アムステルダム 観光
オランダ発祥の銘菓といえば、ストロープワッフルです。薄いワッフルに甘いシロップがかかり、しっとりとした食感です。スーパーなどでも手軽に購入できます。

また、オランダ出身のキャラクター、ミッフィーのグッズや絵本などもおすすめです。子供や女性には喜ばれる人気のお土産の一つです。

オランダといえばチューリップも有名です。チューリップがデザインされた雑貨屋、食器などもお店にはたくさん並んでいます。

アムステルダムには魅力的な観光スポットに溢れている!

アムステルダム 観光
世界的に貴重な絵画や戦争の歴史、カジノなどのエンターテイメントなど一箇所でたくさんのアクティビティが楽しめる点がアムステルダムの魅力です。

好奇心旺盛な方やアクティブな方にぴったりのアムステルダム。ぜひ一度訪れてみてくださいね!