ベルギーチョコ

チョコレートが有名なベルギーのおすすめチョコレートブランドを紹介

2018/09/14

ベルギーと聞くと、ベルギーワッフルを最初に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ベルギーはチョコレートも有名です。お土産にも最適といわれていて、ベルギーに行くならチェック必須!

この記事では、ベルギ-のチョコレートやベルギーについて紹介していきます。

ベルギーってどんな場所?

ベルギーチョコ
ベルギーは、ドイツの西、フランスの東に位置します。ドイツとフランスに挟まれるように存在し、隣国にはオランダもあります。ユーラシア大陸の北部に位置しています。

観光ポイントも多く、中世の街並みが美しい国です。ゴシック様式の優雅な建築物は、ヨーロッパならではの観光スポットとなっています。

また、「フランダースの犬」の舞台になった「アントワープ聖母大聖堂」が有名で、ルーベンスの大作絵画を多く見ることができます。

以前は、日本からの直行便がありませんでしたが、2015年10月から成田=ブリュッセル線が毎日運行されるようになりました。飛行時間は約12時間となっています。経由便が7万円~9万円程度なのに対し、直行便は13万円前後が平均的な相場となっています。

早割などを利用すると安いもので、東京~ブリュッセル往復が5万円前後といったものもあります。ツアーでは、ブリュッセル5日間のツアーが12万円前後からあります。

関連記事
ドイツ東部きっての観光地 ドレスデンで歴史を感じる旅行をしよう!
フランス「パリ」のおすすめ名所13選 パリの基本情報を解説!

ベルギーのお土産にはチョコレートがおすすめ

ベルギーチョコ
ベルギーのお土産で最も有名なものとして、チョコレートがあります。

ベルギーのお土産にチョコレートがおすすめの理由として、日本では高い高級ブランドが安く購入出来るということがいえます。本場ベルギーなら日本の約半額で買えることもあります。

ベルギーには世界最大級の原料チョコレートメーカーがあり、トップブランドが多いのが特徴です。

ゴディバ(Godiva)やノイハウス(Neuhaus)、レオニダス(Leonidas)、コートドール(C?TE D’OR)などの有名ブランドが安く購入出来ます。

また、チョコレートを買うだけでなく、チョコレート・ミュージアムを見学したり、ビールとのペアリングを楽しんだり、体験ワークショップといった様々なアクティビティもあります。

ベルギーのおすすめチョコレート店

ベルギーチョコ
ブリュッセルの人気チョコレート店は、グランプラス周辺やグランサブロン広場周辺、エチューブ通り、ギャルリーサンチュベールの4つのエリアに集まっています。

ここからは、それらの中から、特におすすめのチョコレート店を3つほど紹介していきます。

日本でも有名なゴディバ(GODIVA)

GODIVAなどの有名高級チョコレートもベルギーが発祥となっています。本店はグランプラスにあります。

日本で購入するよりも安い値段で購入できます。高級チョコレートの代名詞ともなっていることからお土産として購入される方も多いブランドです。

アクセスは、ブリュッセルの世界遺産グランプラスなので非常に便利です。ゴディバ発祥の地となっています。他にも、ギャルリーサンチュベール、エチューブ通り、グランサブロン広場に店舗があります。

王室御用達のブランド ノイハウス(Neuhaus)

ノイハウスは、ゴディバと並ぶ高級ショコラティエです。王室御用達の歴史あるブランドで、「プラリーヌ」というチョコレートを生み出した店でもあります。小さい店舗ながらも品揃えは充実しています。

おすすめ商品は、ナッツなどのペーストを包み込んだ「プラリーヌ」となります。

アクセスは、ブリュッセルのグランプラスから歩いて10分程のサブロン広場周辺となります。グランプラス店はゴディバに向かいの左隣にあります。

ベルギー国内でも人気の高いLeonidas(レオニダス)

レオニダスは日本にも進出している有名なチョコレートブランドです。ベルギーのインターネット投票でも「好きなベルギーのチョコレート」で3年連続1位になっています。

濃厚な甘みがクセになるチョコレートで、マノンカフェやオランジェットが人気になっています。マノンカフェは1番人気になっていて、ヘーゼルナッツ入りのプラリネチョコレートです。

量り売りなどもしてくれるので、ケース内の欲しいチョコレートを詰め合わせて入れてもらうことが可能です。250gのボックスで7ユーロ程度なので、お土産などにもおすすめです。

レオニダスでは他のブランドの半額以下で購入することもでき、観光客に人気の理由となっています。場所は、ブリュッセルのグランプラス近くとなります。カトリック教会のすぐ側にあります。

関連記事
ベルギー王室御用達!「ヴィタメール」のおすすめショコラと基本情報を紹介!

ベルギーにカジノってあるの?

ベルギーチョコ
他のヨーロッパの多くの国々と同じく、ベルギーにもカジノは存在します。

ヨーロッパのカジノは、ラスベガスやマカオのように24時間営業というわけではありません。深夜2時や3時になると、テーブルは閉められていきます。

ベルギーのおすすめカジノホテル

ベルギーにはカジノを楽しめるホテルも数多く存在しています。

ここからはベルギーにあるカジノホテルについて紹介していきます。自分の目的に合ったホテルを見つけて快適な旅を過ごしましょう。

グランド・カジノ・ブリュッセル

グランド・カジノ・ブリュッセルはベルギーで最大のカジノで、ブリュッセルのど真ん中にあるカジノホテルです。ベルギーのカジノで一番ポピュラーといってもよいかもしれません。

入会金は10ユーロで、1ドリンクが付いてきます。建物の2階~5階がカジノフロアになっていて、内装も外観もお洒落なカジノです。

テーブルゲームは、バカラ、ポーカー、ブラックジャックなどがあります。ルーレットは6台で、多くのスロットがあります。麻雀卓といったものもあります。また、パンやスープ、コーヒーなどが無料となっています。

関連記事
カジノの王様「バカラ」を白熱させるゲームの醍醐味と魅力を紹介
カジノの定番ゲーム「ポーカー」って練習方法はあるの?ポーカーのルールと練習方法を紹介!

ホテル ボールガール ナミュール

ベルギー中南部のワロン地方にあるナミュール州の州都であるナミュールのカジノホテルです。「ホテル ボールガール ナミュール」は、客室総数45の中級ホテルです。

ナミュールは渓谷や街並みを一望できる絶景スポットで、ブリュッセルから電車で1時間程度でアクセスすることが可能です。

カジノは、ルーレットやブラックジャックはもちろん、多くのスロットマシンなどが特徴です。宿泊費は、最安値では6千円前後から宿泊することも可能です。

関連記事
初心者でも楽しめるカジノゲーム「21(ブラックジャック)」についてルールや仕組みを紹介!

カジノ・ド・スパ

ベルギーの東部リエージュ州にカジノ&温泉地として、「スパ」という都市があります。スパの語源の発祥地ともいわれています。首都ブリュッセルから鉄道で2時間ほどでアクセスできます。

この地にも「カジノ・ド・スパ」というカジノがあります。ドレスコードは特に無く、カジュアルでOKです。ただし、IDとしてパスポートは必要となります。入場料は無料で、年齢制限は21歳以上となっています。

ルーレットやスロットマシンはもちろん、ブラックジャック、スタッドポーカー、テキサスホールデムポーカーなど、テーブルゲームの種類も豊富です。建物の外観はネオクラシック様式となっています。

ベルギーに行ったらチョコレート買わないと損!!

ベルギーチョコ
ベルギーには多くの見所があり、観光におすすめの国です。

ヨーロッパの雰囲気を存分に味わえるゴシック様式の建物やルーベンスを筆頭とする壮大な絵画などは、一見の価値ありです。また、観光はもちろん、カジノを楽しむことも出来ます。

またこの記事で紹介した通りベルギーはチョコレートが有名。高級なチョコレートが安く購入出来るので、ベルギーに行ったなら絶対買っておきたいですね!

チョコレート好きの方はベルギー旅行もぜひ検討してみてくださいね。