女子旅にオススメ♡スリランカで心も体も癒される旅をしよう

2018/10/23

スリランカは近年、女子旅に人気の場所となっています。日本でも人気のアーユルヴェーダのトリートメントが受けられるホテルやスパもたくさんあり、美容好きな女子の間で注目されているんです♡

この記事では、そんな魅力たっぷりのスリランカについて紹介をしていきます。スリランカをあまり知らないという方もこの機会にぜひ知ってみてください。

スリランカってどんな場所?


スリランカの正式名称は、スリランカ民主社会主義共和国です。首都はリスジャヤワルダナプラコッテ。

1948年にイギリスから自治領「セイロン」として独立したあと、1972年に現在の国名に改称しました。

スリランカの人口は約2,120万人で、国民の7割が仏教徒です。

スリランカは、年間雨量により乾燥地帯と湿潤地帯に別れています。北部にある乾燥地帯は国土の7割、南部の湿潤地帯は3割を占めています。湿潤地帯は2回の雨季を利用し二期作が出来るのに対して、乾燥地帯では1年に1回の雨季であるマハ期を主体にして農業が営まれています。低地の標高200メートル程度の場所ではココナッツ、標高500メートル程度の場所ではゴム、それ以上の標高ではお茶の生産が盛ん。

ちなみに、スリランカのお茶の生産量は世界で第3位です。スリランカのお茶はセイロンティーと呼ばれており、名産品の一つなんですよ!

関連記事
インド洋に浮かぶ真珠の首飾り「モルディブ」で贅沢で優雅な夢のひと時を過ごそう!

日本からスリランカまでのアクセス

日本からスリランカまでのアクセスは以下の通りです。

・成田からスリランカのコロンボへの直行便:約9時間20分

・成田からシンガポールの経由便でコロンボ:約10時間40分

・成田からクアラルンプールの経由便でコロンボ:約10時間

関連記事
女子旅にオススメ♡スリランカで心も体も癒される旅をしよう
シンガポールで最も有名な観光地「マーライオン」を実際に見てみよう

スリランカの気候

スリランカ 観光
スリランカの気候は、コロンボ・キャンディなどを含む南・西部と、ジャフナ・アルガム・ベイなどを含む北・東部で大きく二つに分かれています。

南・西部は4~6月・10~11月が雨季で12~3月が乾季になっています。雨季にはモンスーンの影響で1日に数回多量の雨が降りキャンディなどの高地では12月まで雨が続きます。しかし、年間総降水量は南西海岸の方が多いです。

平均気温は、コロンボで約27℃と少し高めですが、ヌワラ・エリヤなどの高原地帯は約16℃と年間を通して春のような天候となっています。

北・東部は10~3月が雨季で5~9月が乾季になります。全体的に南西部よりも乾燥していて、雨も少なく、気温の差も南西部より大きいです。しかし、平均気温は約30℃近くあり、暑くなっています。

スリランカの治安

スリランカでは民族間の紛争が20世紀後半から26年間続いていましたが、現在は平和を保ち紛争はないようです。

しかし、治安がよすぎる日本からすればまだまだ危険なことも。スリランカでの人口当たりの犯罪発生率は、日本の約3倍以上といわれています。

主要観光都市を中心に一般犯罪が多く起きていて、断トツで多いのがスリ、ひったくり、置き引きです。

駅構内をリュックを背負って歩いていたところ、知らない間に財布・パスポートだけ取られてしまったり、到着してバスを降りた瞬間に貴重品の入ったバッグを強奪されてしまったり、従業員にバッグを盗まれたりなどのトラブルが発生しています。

スリランカに行く際は、こうした犯罪に巻き込まれないよう注意しましょう。

スリランカが女子旅で人気の理由

スリランカは近年女子を中心に人気が出ています。

ここからは、スリランカがなぜ女子旅に人気があるのかを紹介していきたいと思います。

気軽に楽しめるハイティー

ハイティーとは、アフタヌーンティーのことをいいます。

スリランカの名産品といえば紅茶です。そして、スリランカには英国文化が強く残っているため高級ホテルなどでお気軽にハイティーを楽しむことができます。

ジュエリー作り

スリランカは宝石の産地でもあります。

特にサファイアが有名で街中にもジュエリーショップがあります。また、工房付ジュエリーショップではオリジナルのアクセサリーを作ることも出来ます。スリランカ産の宝石だとお得に購入も出来ますよ。

スリランカのおすすめ観光スポット

スリランカにはたくさんのおすすめ観光スポットがあります。

ここからはスリランカの特におすすめの観光スポットを紹介していきます。スリランカに足を運んだ際にはぜひ訪れてみてください。

自然に溢れた遺跡シーギリヤロック

スリランカ 観光
スリランカのジャングルの中に大きな岩山!と驚く方も少なくないでしょう。

シーギリヤロックは、スリランカの中部州のマータレーにある遺跡です。シーギリヤは、シンハ(ライオン)ギリ(岩)を意味していて、山頂には階段状に庭園と貯水池、宮殿があります。

入場料が約3,300円とスリランカの物価を考えるとかなりの高値です。シーギリヤエリアにも一応ホテルはあるものの、周りは遺跡しかないため近くの街に泊まり日帰りで行くのが一般的です。

そんなシーギリヤの玄関口と言われている街が「ダンブッラ」です。ダンブッラからシーギリヤまでに日帰りバスは1日に何本も出ていて45分ぐらいで着きます。

スリランカの中心的都市キャンディ

スリランカ 観光
キャンディは、スリランカ中部における中心的な都市です。日本でいう京都のような古都で伝統的な服装や建物が残る街です。

キャンディには親を亡くした子供の象や、内戦により怪我をして野生での生活が困難な象が約85頭がいる象専用の孤児院もあり、大迫力の水浴びなどが人気です。

関連記事
スリランカの人気観光地のキャンディってどんな場所?キャンディのオススメ観光地などを紹介

スリランカおすすめホテル

旅行をする際に重要な要素となってくるものの一つがホテルです。

ここからはスリランカのおすすめホテルを紹介していきます。

シナモングランドホテル

シナモングランドホテルは、コロンボにある5つ星ホテルです。

エントランスはゴージャスで広々とした客室は清潔感があります。ホテル内に10店舗以上のレストランがあり、ショッピングモールも近くにあるため食事・買い物をするにはとても便利です。

ヘリタンスティーファクトリー

ヘリタンスティーファクトリーは、元々紅茶工場だった建物を改装して作られたため、周りには茶畑が広がり静かで落ち着いた雰囲気です。

茶摘を体験できるアクティビティが人気で、1日5組限定の列車レストラン「TCK6685」では本格的なコース料理が楽しめます。

ヘリタンス カンダラマ

ヘリタンス カンダラマは、スリランカで偉大な建築家「ジェフリー・パワ」の最高傑作ともいわれる秘境リゾートとなっています。

岩や自然と一体化するような造りが特徴的で、ホテル内には猿が来ることもあります。客室は木を基調とした落ち着いた造りとなっています。

スリランカにカジノってあるの?


「ベラッジオ」「MGM」「バリーズ」といった、ラスベガスにもあるような名の通ったカジノがスリランカにもあります。

スリランカでは、ホテルの中にカジノがあることも多いですが、ほとんどのカジノはコロンボに密集しています。撮影や帽子などのNGはありますが、ドレスコードなどは厳しくないようで、中にはサンダルの人もいます。

興味のある方は旅行の際に立ち寄り遊んでみてください。

関連記事
一夜にして一攫千金も夢じゃない!カジノにおける大当たりの魅力
カジノで遊べるゲームの種類って?種類別にゲームのルールを紹介!

女子にも人気のスリランカで旅行を楽しもう!


スリランカは、自然のパワーが感じられそうな、のんびりとした時間が過ごせる素敵な場所です。

女子旅もおすすめですが、家族や夫婦での旅行にもぴったりの場所なのでぜひ立ち寄ってみてください。女子旅にもおすすめの場所なため、女性も安心して旅行をすることができますよ!