バリの秘境!絶景ホテル「ブルガリリゾートバリ」で最高のバカンスを

2018/09/12

超高級ブランド「ブルガリ」は皆さんもちろんご存知ですよね。でも、そのブルガリが世界中にホテルを展開しているって知っていましたか?

「ブルガリリゾートバリ」は、ミラノに続き世界で2番目にできたブルガリブランドのリゾート。59棟のヴィラと5棟の邸宅マンションが建つ、バリ島の伝統様式とブランドの本場の洗練されたギリシャ発祥イタリアのスタイルが融合された、南国らしさもありながらどこか都会的な美しさもある魅力的なリゾートホテルです。

美しいインド洋が一望できる!バリ島南端に位置する「ブルガリリゾートバリ」

ホテルのあるウルワツエリアは、観光客でにぎわうクタエリアやスミニャックエリアとは少し違い、静かで落ち着いたエリア。

ちょっと歩けばビーチがすぐそこ、というような場所ではなく、かなり標高の高いところにあるのも特徴です。

そんなブルガリリゾートバリの入り口である「アライバルパビリオン」からの眺めがこちら。

青く広がるインド洋と豊かな緑、そこに静かに佇むブルガリリゾートバリのヴィラは、ずっと眺めていたいほどの美しさ。

空港からホテルまでの道のりはのどかな住宅街やそれをつなぐ山道などローカルな場所が続くので、あがってきた半島の上にこんなに迫力のある素敵なところがあるなんて驚きでした。

前代未聞!?海抜150mから下る宿泊者専用のエレベーターでプライベートビーチへ

リゾートが高台にあると聞くと、敷地内にはビーチはないのかな?と思う人もいるかもしれません。実は筆者のわたしもその一人だったのですが、そこには想像を遥かに超えるビーチがありました。

「ビーチへはこちらから行けます」、と案内されたところに待っていたのは、小さなエレベーター。そこから下を見ると、あたり一面に広がる大きなインド洋が!

ビーチへのアクセスがエレベーターだということ、さらにそこにある海の美しさ、さすがはブルガリのリゾート、と思わずにはいられません。

インド洋がこんなにも美しい海だったとは…。これより綺麗なビーチはほかにないのではと思ってしまうくらい、本当に素晴らしい眺めです。

実際に下へ降りていくと、この眺めと波の音、潮風をゆっくりと堪能できるビーチクラブ、レストラン「ラ・スピアッジャ」が。

ちょっぴりお酒を飲むのもよし、ランチをするのもよし、もちろんカフェタイムを楽しむのもOK。時間が許す限りここで最高の時間を過ごしましょう。

プライベートプールも!お庭付きのヴィラに宿泊

さて、次は気になるお部屋をご紹介します。ヴィラの扉をあけるとそこで待っているのは、プライベートプールつきのお庭!

これ以上の贅沢ってあるのかな?と思ってしまいそうな、海の見える最高のロケーション。朝日も夕焼けも、夜空を見るときも、ここならその景色を一人占めできちゃいます。

ガラス窓に囲まれ、天井高めのベッドルームはムーディーな雰囲気。バリのアンティーク品で飾られたお部屋は、ブルガリらしいとてもいい香りがします。

そしてお風呂好きでもそうでなくてもきっと皆テンションがあがるのが、このラグジュアリー感溢れる広々としたバスルーム。

大人なデザインの優雅な空間に用意された大きなバスタブ、おしゃれな照明…。

すごく幸せな時間を過ごすことができるので、お風呂は夜、朝とできるならぜひ何度か利用してほしいです。

ちなみに、お部屋のクローゼットの中にあるカゴバッグ、麦わら帽子、サロン、虫除けスプレーは自由に利用OK。旅の思い出に持ち帰ってもいいんだそうです。

思わぬお土産が増えるとなんだか得した気がしますよね。

インフィニティプールにジャグジー、ラグジュアリーなスパでリラックス

滞在中の空き時間にリゾートをもっと満喫したいなら、プールやスパを利用しない手はありません。

南国らしい色鮮やかな花、白いカバナ… 都会の喧騒から離れて優雅にバカンスするのにぴったりのプールです。

プールエリアにはこのインフィニティプールのほかジャグジーなどもあり、女性やカップルだけでなくお子さま連れの家族にも人気があるそうですよ。

さらにもうひとつ見逃せないのが専用のスパ施設。

こちらにも同じくインフィニティプールがあるのですが、ロビーから少し離れたところにあるので時間帯によっては比較的空いていて穴場です。

ここでは高級オイルや香り高いハーブを使用したマッサージや温かい火山石を使ったトリートメント、バリ島ではブルガリリゾートバリ内ザ・スパのみで受けられるパリ発オートクチュール化粧品「ビオロジック・ルシェルシュ」のフェイシャルトリートメントなど様々な施術を受けることができます。

特別な施術を受けなくても滞在中はスチームサウナやスパ内プールが自由に利用可能です。

朝のヨガなどのアクティビティが体験できるのもこのスパエリアなので、滞在中一度は足を運んでみることをおすすめします。

スタッフさんも太鼓判!ブルガリリゾートバリといえば…?

色々とご紹介してきましたが、ブルガリリゾートバリを訪れるなら絶対に見逃せないのがここから眺める夕日。

スタッフの皆さんも口を揃えて「ここの夕日は最高です」とおっしゃっていました。

これが本当にその通りで、水平線に沈んでいくオレンジ色の太陽をながめていると、地球の大きさと美しさに感動してしまいます。

スタッフの方のおすすめの過ごし方は、テラスのあるバー「イル・バール」でこの夕日をながめながらオリジナルのブルガリカクテルやブルガリサングリアを楽しむこと。

おいしいお酒をいただきながら、最高に優雅で穏やかな夕暮れ時を過ごすことができます。

一流ブランドのホテルは料理も一流

ホテル宿泊の楽しみのひとつが食事。

施設内にあるオーシャンビューレストラン「サンカール」での朝食は、チーズやヨーグルト、パン、サラダ、フルーツなどのブッフェに加え、エッグベネディクトやフレンチトースト、ヌードルなどからメインの料理をお好みでオーダーすることができます。

ここでは、ブルガリリゾートバリの為にオリジナルに作られたこだわりのお皿やグラスなどの食器が使われており、目で見て美しく、食べておいしい一流の料理が提供されます。

綺麗な景色とともに、バラエティ豊かでおいしい料理をいただきながら朝を迎えれば、素敵な1日がはじまりそうな予感がします。

ちなみにサンカールでは朝だけでなく、終日食事をすることができます。お昼や夜のメニューも魅力的なものばかりなので、滞在中に何度か利用してみるといいかもしれません。

スタッフの方もとても親切なので、何を食べようか迷ったら、気軽に相談してみてください。

秘境とも言えそうなバリの隠れ家で最高のバカンスを

今回ブルガリリゾートバリの滞在で感じたのは、どこか秘境のような雰囲気。空港からは車で40分とそこまで遠いわけではないのですが、それでもなんだかすごく遠いところに来たような、街の喧騒から離れて心の底からリラックスできるとても穏やかな時間を感じることができました。

気持ちのいい乾いたバリ島の風、青い空、広く大きな海、美しい夕日… このリゾートには、そのすべてをより素敵に感じさせてくれるそんな不思議な力があるかのようでした。

ライター
片桐 優妃
片桐 優妃
  • facebook
  • twitter
  • instagram
会社勤めをしながら、高校時代から10年近く続けるモデル・ブロガー・ライターとしても活動。仕事・プライベート合わせて月1海外へ。東南アジアとアメリカが好き。