カジノの王様「バカラ」を白熱させるゲームの醍醐味と魅力を紹介

2018/11/27

「カジノの王様」と呼ばれているのが「バカラ」です。中世イタリアの貴族の遊びがイギリスやフランス、さらにはアメリカに伝わったといわれ、世界中のカジノで遊ばれています。

この記事では、バカラの基本的なルールなどについて紹介をしていきます。

カジノ初心者の方でも楽しめるバカラのルールを把握して、実際にカジノでプレイしてみましょう。

マカオのカジノで人気のバカラ


カジノゲームというとルーレットやスロットなどをイメージする人が多いかもしれませんが、アジアのカジノではバカラがもっとも人気の高いゲームになっています。

特にマカオでは売上の約9割がバカラで、その金額はなんと年間4兆円を超えているのです。

ラスベガスでは、あまり人気は高くないバカラですが、プロギャンブラーの3割はバカラをメインにしているそうです。それほど、バカラにはギャンブルとしての魅力があるんですね。

関連記事
本場ラスベガスを超えた!世界最大規模のマカオのカジノを紹介
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう

バカラの魅力とは

ポーカーやブラックジャックには勝つための戦略が必要です。初心者ではなかなか勝つことは難しいでしょう。

バカラには、特別な戦略などは必要ありません。勝率50%のゲームで、結果はすぐに分かります。このシンプルでスピーディーなところが、バカラの大きな魅力です。

そのため、ギャンブラーが最後にたどり着くのがバカラといわれています。

バカラの基本ルール

バカラは、PLAYER(プレイヤー)とBANKER(バンカー)のどちらが勝つかを当てるゲームです。ディーラーがプレイヤーとバンカーにカードを配り、その勝敗に参加者は賭けるだけです。

カードを配るのも開くのもディーラーが一人でおこないます。

関連記事
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介
人気のカジノゲーム「バカラ」のルールや盛り上がる仕組みを紹介
カジノルール攻略ガイド|ミニバカラ

バカラの賭け方

参加者は以下のようなテーブルの空いてる席に座ります。

ディーラーが「ノーモアベット(No more bet)」というまでは、チップを賭けたり移動させることができます。万が一席が埋まっていても席についている参加者の後ろに立ち、チップを置くことが可能です。

この際チップはテーブルの人と間違わないように、テーブルの参加者のチップの横に置くようにします。

ディーラーは、「ノーモアベット」と言った後に、カードをバンカーとプレイヤーに2枚ずつ配ります。

バカラの勝敗は、カードの合計が9に近い方が勝ちとなります。カードの数え方は、Aは「1」、10および絵札は「0」でカウントします。

上記では、プレイヤーが7でバンカーが6になります。バカラでは下1桁の数字を採用するので、例えば、最初の2枚が、8と7の場合、15ではなく「5」とカウントします。

バカラのルールでは、プレイヤーのカードの合計が1~5の場合は3枚目を引くことになっています。上記の場合、合計が7なのでスタンドとなります。スタンドとは、次のカードを引かない行為のことです。

一方、バンカーは2枚の合計が5以下でプレイヤーの方が上の場合は、3枚目を引くことができます。カジノでは、カードを引くことを「ドロー」といいます。

つまり、上記の場合は7対6ですから、このまま7対6でプレイヤーの勝ちとなります。

また、最初の2枚の合計が8か9であれば、「ナチュラル」と呼ばれる最強のパターンになり即勝負が決まります。双方がナチュラルの場合は、9の方が勝ちになります。同じ数の場合は、引き分けになります。

ナチュラルに限らず引き分けの場合は、賭け金は戻ります。また、賭け方は、プレイヤーとバンカー以外に、「TIE<(引き分け)」に賭けることも可能です。

バカラの賭け方をまとめると以下のようになります。

BANKERの場合は、PLAYERの合計が5以下の時に、合計が2以下で無条件で3枚目を引き、PLAYERの合計が6もしくは7の場合は、合計が5以下で3枚目を引きます。PLAYERの合計が3~6の時には条件付きで3枚目を引きます。

関連記事
初心者でも実践できる「31システム」の使い方 バカラでの応用方法も紹介!

バカラの配当はいくらになるの?

バカラ
バカラの配当は、基本的に賭け金の2倍です。

ただし、BANKERに賭けた場合は、手数料(約5%)が差し引かれます。また、手数料がない代わりに配当金が半分になる「ノーコミッションバカラ」という配当のゲームもあります。

TIEに賭けて当たると配当は8倍になり、賭け金も戻ります。しかし、確率は10%以下なので、あまりおすすめはできません。

バカラの醍醐味はスクイーズ

バカラのゲームには、「ミニバカラ」と「ビッグバカラ」の2つのタイプがあります。基本的なルールは同じですが、ビッグバカラには「スクイーズ」と呼ばれる仕組みがあります。

スクイーズとは「絞り」の意味で、伏せられたカードを念じながら「絞るように」カードをめくる行為のことです。

ミニバカラでは、カードをめくるのは全てディーラーがおこないますが、ビッグバカラでは、賭け金のもっとも高い参加者にスクイーズの権利が与えられます。

つまり、PLAYERとBANKERの賭け金の高い参加者同士が、スクイーズしながら対戦するのです。ディーラーが機械的にカードをめくるよりも、白熱したゲームが味わえます。

バカラでスクイーズの権利を獲得することは、ある種のステータスになります。つまり、「選ばれし者」の栄誉が与えられるのです。賭け金にはテーブルのリミットがありますが、リミット内であれば、誰でもスクイーズの権利を獲得できます。

スクイーズの仕方に特別なルールはありませんが、基本としては、縦方向に両手でカードの数字を隠すようにして少しめくります。この時、マークが2つ見えたら「足あり」と呼ばれ、「4・5・6・7・8・9・10」になります。

マークが1つの場合は、「2・3」、マークが見えない場合は、「A」、絵柄なら「J・Q・K」になります。

マークなしならAなので1、絵柄なら0と数字が判別できます。

足がある場合は、カードを横向きに少しめくります。マークが2つなら「4・5」、3つなら「6・7・8」、4つなら「9・10」と推測できます。

マークなしと絵柄なら、すぐに数が判明するのでもったいぶらずにめくるのがマナーです。

ドキドキしながらカードをめくるのがスクイーズの楽しさです。チップに余裕があるなら、賭け金トップでスクイーズの権利を掴むのもよいですね。

バカラは奥が深い!

バカラ
カジノの王様と呼ばれるバカラ。

初心者でも簡単に楽しめるゲームですから、マカオのカジノに行ったら、是非チャレンジして下さい。運が良ければ、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるかもしれませんよ。