トンガ

都会を忘れるバカンスタイム!小さな島トンガの魅力

2018/10/24

オセアニア州に浮かぶ170の島、それら群島から形成される国がトンガです。

日本では名前しか知らない人が大勢いるかもしれませんが、実は日本と大きな親交がある穏やかな国です。

無人島も多く、豊富な自然が残るこの国では、都会を忘れるようなバカンスタイムがきっと過ごせるはず。そんなトンガについて詳しく紹介していきます。

トンガってどんなところ?どこにあるの?

トンガ

トンガは南太平洋・オセアニア州に属する群島の国です。近くの国はフィジーやニュージーランド、オーストラリアがあげられます。

170を超える島々をもって形成されており、そのほとんどは無人島ですが、珊瑚礁やホワイトビーチ、熱帯雨林などの自然がいまなお残されています。

首都はヌクアロファといい、トンガ最大の島「トンガタプ島」の北部にあります。治安はよく、日本との関係も「良好」とされている場所です。過去にはトンガ最大の貿易相手が日本だったということもあります。

トンガへの行き方は?

日本からトンガまでは飛行機で12時間~15時間ほどです。

直行便は無いためニュージーランド・オークランドやオーストラリア・シドニー、フィジー・ナンディのいずれかを経由することになります。

ちなみに、日本とトンガの間には時差が4時間(トンガのほうが進んでいる)あります。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

トンガは何語?

公用語はトンガ語ですが、広く英語が通じます。

農作物の輸出や観光で経済を賄っているため、英語が話せれば不自由することはあまりないでしょう。

ベストシーズンはいつ?予防接種は必要?

トンガ

トンガは年間を通して気温に大きな変化はありません。

ただ、1~3月は湿度が上がり雨が降る、6~9月は朝晩が冷え込むなどの違いはあるので、この点を考慮しておいてください

トンガで有名なアクティビティといえば「ホエールウォッチング」「ホエールスイミング」ですが、目当てのザトウクジラは7月~10月にかけてトンガ周辺にやってきます。クジラも見たいという方はこの時期がオススメです。

なお、トンガ入国に際してビザや予防接種は不要です。

パスポートの残存期間(6ヶ月)のみ注意しておくほか、病気が心配な方は「A型肝炎」「B型肝炎」「破傷風」の注射は打っておきましょう。

トンガにカジノはあるの?

トンガ

2018年現在、トンガにカジノはありません。政府がギャンブル行為を禁止しているようです。

しかし、経済資源に乏しいトンガにおいて観光は大きな収入源になり得ます。2017年には一度、アメリカからの投資家がトンガの首都ヌクアロファに「ゲーム・リゾート施設」建設の計画を持ち込み、政府が容認したというニュースがありました。しかし、トンガ政府はこれを一度否認。ただ、改めて審理にかけているとのことです。

関連記事
カジノによる経済効果ってどれぐらいあるの?各地域の経済効果を紹介

トンガの近くでカジノが楽しめる地域

トンガ渡航でカジノを楽しめずとも、トンガ周辺国では公認カジノが運営されています。

人気は「ニュージーランド・オークランド」です。

場所は首都内中心業務地区にある複合施設”スカイシティ”の中。高さ328mの塔”スカイタワー”のふもとにあるので、遠くからでも発見できます。

カジノ内部にはスロットマシンが1,000台以上、ゲームテーブルも100以上あり、ニュージーランド最大規模です。

ドレスコードには少し厳しいので、ジャケットなどを羽織って行くようにしてください。

また、「オーストラリア・シドニー」にもカジノは存在します。名前を”ザ・スター”といい、シドニー唯一のカジノです。内部にはスロットマシンが約1,500台、ゲームテーブルが約200台あり、ストレス無くゲームを楽しむことができます。

ドレスコードはそこまで厳格ではありませんが、よれよれの服などでは行かないようにしてください。

関連記事
海外旅行でも注意!ドレスコードを守って素敵な旅をしよう♡
ドレスコードにおけるカジュアルスタイルってどんな服装なの?

トンガのおすすめのホテル5選

この項目ではトンガでオススメのホテルを紹介します。

Waterfront Lodge(ウォーターフロントロッジ)

ウォーターフロントロッジは首都ヌクアロファ北部に位置するホテルです。

中心部から20分ほどのアクセスで行くことができるウォーターフロントというエリアに存在しています。

雰囲気はリゾートホテルのような感じです。客室のテラスからは海や庭を望むことができ、室内には芸術品などが飾られています。朝食がおいしいという評判もあります。

ザ シービュー ロッジ

ザ シービュー ロッジはビューナ・ロード沿いにある海が見えるホテルです。

コテージのようなこの場所にはバルコニー付きの部屋や、サンデッキが完備されており、文字通り脚を伸ばしてくつろぎながらトンガの自然を楽しめる、そんな場所がたくさんあります。レストランが併設されているため、食事をとることも可能です。

リクアロファ ビーチ リゾート

リクアロファ ビーチ リゾートはカノクポル地区にあるバンガロー風の施設です。

ここの優れた点はトンガという国を全身で味わえる点でしょう。トンガの舞踊ショーやトンガ料理を提供しているほか、自然豊かなトンガを楽しめるアクティビティなども体験できます。

泊まるだけでは満足できないという人にオススメです。

シーニック ホテル トンガ

シーニック ホテル トンガは首都ヌクアロファの近く、また空港からも近いためアクセスに便利な施設です。

広い敷地の中にはトンガ原産の花々や木々が植えられているほかプールなどもあるため、落ち着いたバカンスにぴったりです。

また、ウォーキングなどのアクティビティも提供されているため、軽い運動がてらに島の色んな顔を見ることができます。

Royal Sunset Island Resort(ロイヤルサンセットアイランドリゾート)

ロイヤルサンセットアイランドリゾートはトンガのアタタ島ビーチに位置するホテルです。

受付があるメインコテージのほか、客室タイプにはバンガローなどがあり、こちらもトンガ舞踊ショーなどを見ることができます。

首都とは違う島になるため移動が必要ですが、その分都会の喧騒からはなれたアイランドリゾートを楽しめる場所です。

関連記事
絶景を楽しむならオーシャンフロントがおすすめ!海外ホテルも紹介

日本とも友好的なトンガで旅を楽しもう!

トンガのリゾート情報、カジノ情報はあまり表に出てこないかもしれません。国として非常に小さいことや、オセアニア州ではどうしてもオーストラリアやニュージーランドに目が行ってしまいがちです。

しかし、日本とは経済的ながら親交があり、太平洋で結ばれた国です。ぜひ次のバカンスではトンガにも注目してみて下さい。