パーティードレス

パーティーに相応しいパーティードレスの選び方とマナーを紹介!

2018/10/31

結婚式などのフォーマルな場所で服装に悩む方も多いのではないでしょうか。女性なら、「パーティドレスをおしゃれに着こなしたい」と願う方も少なくないはずです。

この記事では「パーティドレス」について紹介していきます。パーティードレスの着こなし方などに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

パーティードレスってそもそもなに?

パーティードレス
パーティードレスとは、パーティーに相応しいドレスのことです。

パーティーといっても、格式の高いパーティーや結婚式、ホテルでの食事会など様々なタイプがあり、その場に合ったドレスを選ぶことが大切です。

関連記事
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介
ハワイのディナーにドレスコードはこれ!NGもあわせて紹介

パーティードレスとワンピースの違い

ドレスはパーティーなどで着るもので、ワンピースは少しかしこまった服装という大まかなイメージを持つ方も多いはずです。

実はワンピースは和製英語です。外国人に「ワンピース」といっても通じないので注意して下さい。

ワンピースは、「ワンピースドレス」の意味で、元々、一枚の布からできている洋服を「ワンピース」といっていたことから、習慣的に使われてきたようです。

一般的にワンピースは、上着とスカートがつながったもので、カジュアルなものからドレッシーなものまで様々なタイプがあります。パーティドレスと比較するとデザインはすっきりしたものが多く、綿や麻など素材の種類も豊富です。

パーティドレスは、パーティーで着るドレスの総称です。一般的にパーティドレスと呼ばれるものは、シルクやシフォン、シャタンなどの素材を使用した、フリルや細やかな刺繍をほどこした華やかなデザインのドレスです。

パーティードレスのカテゴリーには、ドレッシーなワンピースも含まれます。また、ドレスコードが決められている格式あるパーティーなどに相応しいパーティードレスは、「フォーマルドレス」と呼ばれています。

パーティーに相応しくないドレスは、大人の女性としてセンスが疑われ、周囲からの評価を下げる原因にもなりかねません。パーティーに沿ったドレス選びが大切です。

関連記事
海外旅行でも注意!ドレスコードを守って素敵な旅をしよう♡

パーティドレスの選び方

パーティードレス
パーティードレスには、晩餐会や格式の高い結婚式などの「フォーマル」、一般的な結婚式や披露宴、入学式や卒業式などの「セミフォーマル」、平服やカジュアルな服装など形式にこだわらないパーティーなどの「インフォーマル」があります。

ここからは、パーティーの内容に合わせたパーティードレスの選び方を紹介していきます。

フォーマルなパーティーに相応しいドレス

格式の高いパーティーで、目立ちすぎるドレスはNGです。過度な露出があるものもよくありません。また、昼と夜では服装も異なります。

昼のフォーマルパーティーの場合は、アフタヌーンドレスが相応しいでしょう。

袖が付いているもので、丈はひざ下からロングぐらいのドレスがおすすめです。昼のパーティーでは一般的に胸や背中、二の腕などの露出を避けるのがマナーとなっています。色は黒よりも明るめの色合いのドレスを選びましょう。

夜のフォーマルパーティーの場合は、イブニングドレスが相応しいです。

袖なしのロングのローブ・デコルテがおすすめですよ。ローブ・デコルテは、ネックラインが大きくカットされ首元や胸元が露出したイブニングドレスの代表な形です。

また、華やかなフルレングスのドレスでもよいでしょう。年配の出席者が多いパーティーでは露出が少ないドレスを選ぶことをおすすめします。

セミフォーマルなパーティーに相応しいドレス

一般的な結婚式やパーティーでも昼と夜ではドレスを変えた方がよいでしょう。

昼間の結婚式や卒業式などの場合は、スーツやワンピースがおすすめです。露出は少なく、派手なアクセサリーは避けたほうがよいでしょう。

夜の結婚式や夕方からのパーティーでは、光沢のある上品なカクテルドレスがおすすめです。アクセサリーも華やかなものを身に付けましょう。

ただし、年配の方が多い場合やビジネスに関係するパーティーでは露出を少なくするのがマナーです。

インフォーマルなパーティーに相応しいドレス

「平服でどうぞ」や「カジュアルな服装で」などの指定があるインフォーマルなパーティーの場合は、昼夜に関係なくスーツやワンピースを選ぶのが一般的です。

アクセサリーや小物などでフォーマルな雰囲気を演出するとよいでしょう。

関連記事
ドレスコードにおけるカジュアルスタイルってどんな服装なの?
どんな服装を選べば良いかわからない!スマートカジュアルのポイント

パーティードレスがない場合はレンタルで揃えよう

パーティードレス
友人の結婚式やパーティーでパーティードレスを着たくても、状況に合わせたドレスを全て揃えるのは大変です。そんなときは、パーティードレスのレンタルが便利ですよ。

パーティードレスがレンタルできるお店は数多くあるため、自分の気に入ったパーティードレスを借りてみましょう。

パーティードレスのレンタルには以下のようなメリットがあります。

・気軽に新しいデザインに挑戦できる
・体形が変わっても安心
・流行のドレスが着られる
・保管場所がいらない

レンタルする場合は、ヘアメイクとドレスがセットになっていると便利です。また、お店によってはドレスのサイズが限られているものがあるので、予約は早めにしておきましょう。

パーティードレスの最新トレンド

パーティードレス
洋服と同じようにパーティードレスにもトレンドがあります。

ここからは、パーティードレスの2018年のトレンドを紹介していきます。トレンドのドレスを着こなせばオシャレに見えること間違いなしでしょう。

根強い人気があるドット柄

2017年からトレンドになっている「ドット柄」は、根強い人気です。

パーティードレスの袖だけが、ドット柄のタイプや同じ色のドットでまとめたデザインのものが人気です。

大人な雰囲気を演出できるフリルデザイン

袖やウエストまわりにフリルをあしらったパーティードレスもトレンドの一つです。

エレガントで大人の雰囲気を演出します。

個性を際立たせるワンショルダー

片方の肩だけを露出したものや、片方だけに袖やストラップが施されたタイプのパーティードレスです。

アシンメトリーなデザインは個性を際立てます。

パーティードレスを着てパーティーに臨もう!

パーティードレス
結婚式やパーティの服装で悩まないためにも、日頃からパーティードレスはチェックしておきたいものです。様々なタイプを揃えるのはお財布にも負担がかかるため、レンタルで最新トレンドのドレスを借りるのがおすすめです。

素敵なドレスを着こなしてパーティーをより楽しく満喫しましょう。

TAGS