ティルト

平常心を失うことは勝敗を左右する!? ティルトの意味ってなに?

2019/03/08

ギャンブルで一番大切なのは、平常心です。熱くなったり弱気になったり、感情の起伏が激しいと勝負の勘も鈍ってしまい、結果負けが続くことも少なくありません。

ポーカー用語に「ティルト」というものがあることを知っていますか?ポーカーの勝敗を大きく左右する大切な言葉なため、その意味をしっかりと理解してプレイすることを心がけましょう。

この記事では「ティルト」の意味と対処方法について紹介していきます。

ティルトってどんな意味?

ティルト
ティルト(tilt)は、英語で「傾ける」という意味です。

カメラの撮影などではカメラを上下に動かすことをティルト、横に動かすのをパンと呼びます。また、自動車のハンドルを上下に動かして調整する機能をティルトと言います。

また、テレビ画面のピンチング方向に調整して見やすくするのもティルトです。

ティルトは、機器や業種によって少し意味合いが異なりますが、ギャンブルの世界(特にポーカー)では特別な意味合いがあります。

ポーカーにおけるティルトの意味

ポーカーで使われるティルトの意味は、「プレイヤーが合理的な判断ができなくなり、感情にかられた行動をとってしまった状態」をさします。

ティルトの状態になると平常心を失い、正しい判断ができなくなり、大きな損失につながる危険性があります。

ポーカーはギャンブルでありながら心理ゲームという側面もあり、相手の顔色を窺いながらチップを賭けていきます。手持ちのハンド(役)が弱くてもハッタリでチップを多く賭けることで相手を勝負から下ろすことも可能です。

「ポーカーフェイス」と呼ばれるように、感情の起伏を相手に見せずに勝負することが重要な要素となります。そのため、ポーカーでティルトになることは非常に危険な状況です。

関連記事
カジノの定番ゲーム「ポーカー」って練習方法はあるの?ポーカーのルールと練習方法を紹介!
【連載】プロカジノディーラーに学ぶ!「ポーカー論」①

ティルトには2つのタイプがある

ティルト
ティルトには攻撃的な(アグレッシブ)なティルトと消極的(パッシブ)なティルトがあります。

ここからは二つのタイプのティルトについて紹介していきます。

関連記事
プレイヤー同士の心理戦が楽しいポーカーのベット方法を紹介

アグレッシブなティルト

ティルトの状態がわかりやすいのが、アグレッシブな場合です。

大きな儲けを期待して、勝ち目の薄いハンドでも多額のチップを賭けていきます。「一か八か」で手持ちのチップを全額かけるような行動をとり、悲惨な結果を招くことも少なくありません。

パッシブなティルト

わかりづらく厄介なのが、パッシブなティルトです。

勝負に臆病になり強いハンドでも積極的な勝負なプレーができません。「相手の手がこれより良かったら」とマイナス思考になり、勝っても小さな儲けしか得られずに、結果マイナスになってしまうパターンです。

ティルトになる原因ってあるの?

ティルト
ポーカーでティルトに陥る原因は色々ありますが、最も大きいのが「バッドビート」です。

ここからはティルトになる原因について紹介していきます。

バッドビートによるティルト

バッドビートとは、非常に強いハンドを持っているのに、相手が信じられないようなカードを引いて負けてしまうことです。

例えば、自分のハンドがストレートで、相手が8のワンペアだけだとします。当然、こちらはステイして、相手がカードを引くのを余裕で待つはずです。9割以上勝ちは見込めます。

相手が勝つには手持ちの8以外の数字と同じ数字を2枚引いてフルハウスにするか、8を2枚引いてフォーカードにするしか勝ち目はありません。

バッドビートは、このような状況の際に相手が同じ数字のカードを2枚引いて大逆転されてしまうケースです。予想外の展開でショックを受け、ティルトに陥る可能性は少なくありません。

関連記事
ポーカーをプレイする上で必要な知識 ポーカーの役の強さと確率を紹介

ティルトになるその他の原因

バッドビートのような大きな打撃を受けなくても、負けが続くと平常心を失い冷静な判断ができなくなる場合があります。その結果、過度にアグレッシブになったり、逆にパッシブになり、大きな損失につながります。

また、相手の挑発に乗ってティルトになったり、過度な飲酒で正常な判断を乱して、ティルトに陥ることもあります。

ティルトに陥るとブラフにも悪影響が出る

ティルトになるとポーカーの心理戦でもある「ブラフ(ハッタリ)」にも影響を及ぼします。

ブラフは、相手にこちらのハンドが強い、または、弱いと思わせる行動ですが、ティルトになると無理なブラフをする傾向が強くなります。結果、相手にこちらのハンドを見透かされる最悪の事態になることも。

また、損失を取り戻そうとしてゲームの参加回数が増え、弱いハンドでも無理に大きな賭けに出るようになります。特に、バッドビートを受けた相手には仕返ししたいという思いが強くなり、より攻撃的になります。

さらに怖いパターンが、思考停止の状態です。何も考えずにひたすら勝負を繰り返していきます。もはやそこにはゲームの楽しさはありません。破滅の道を歩んでくだけです。

ティルトの対処法

ティルト
ティルトの状態から抜け出るのはそう簡単ではありません。運によって勝敗が決まるようなゲームでは必ずつきものと言える状態です。大切なのは、「ティルト」という状態が、いつでも起こり得ることを認識する必要があります。

ティルトを回避するためには、1日の「スットプロス」を決めましょう。

ストップロスとは、許容できる最大限の損失額を設定することです。リミットを設定して、リミットを超えそうになったらその日のゲームはやめるというルールを徹底させることが重要です。

また、日頃から自分を冷静に観察する習慣をつけておくことも大切です。ゲームに熱くなった時は、「少し熱くなっているな」と冷静に自分を見つめて平常心に戻すようにしましょう。

例えば、バッドビートを食らっても、「相手がたまたまラッキーなだけ。」と心に余裕を持つことが大切です。そして、どうしても平常心に戻れない時は、休憩することも必要です。プレイをやめてしっかりと自分を見つめ直しましょう。

ティルトになって得はひとつもありません。ティルトの状態では勝負に勝てないことを理解することが大切です。

関連記事
「ポーカーフェイス」の意味と得意な人・苦手な人の特徴を紹介!
カジノのポーカーにも応用できる!インディアンポーカーの戦略を紹介

あとがき

ティルト
ギャンブルは運が大きく左右しますが、ポーカーのように心理的な要素が強いゲームでは平常心も重要です。

今、自分がどのような感情になっているのか冷静に判断して、ティルトになったら脱却する行動をすることが大切です。

TAGS