アイスランド

夜でも明るい国 「アイスランド」で自然の神秘を体感しよう

2018/10/27

アイスランドは、氷河に覆われた小さな国で、美しい自然や火山、氷河など、見どころが多い場所として人気です。

飛行機でしか入国できず、電車もない地域ですが、毎年多くの人が訪れています。この記事では、大自然の国アイスランドの魅力についてご紹介します。

アイスランドってそもそもどんな場所?

アイスランド1

アイスランドは、ヨーロッパと北米大陸の間である北大西洋上に位置しています。

北海道が少し大きくなったくらいの広さで、国というよりも大きな島という印象の大きさです。日本との時差はマイナス9時間です。

日本からの直行便は就航していません。ロンドン、コペンハーゲン、アムステルダムまで行き、乗り継ぎが必要です。どこで乗り継ぎをしても、乗り継ぎ後は3時間ほどフライトの時間が入ります。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

アイスランドの気候と治安

アイスランドは北極圏に近いことから、冬が長めという特徴があります。

特に11月から3月は特に寒く、最高気温が15度から10度前後で、最低気温は0度以下となり、厳しい寒さが続きます。

春と秋は非常に短く、4月と5月が春、9月と10月が秋です。6月から8月は夏になるため、最高気温は30度近くまで上がります。

しかし、最低気温は10度前後と、寒暖の差が激しい時期であるため注意が必要です。

アイスランドでは、日照時間も要注意です。3月ごろから日照時間が長くなり、夏には24時間明るい白夜となります。

夜中2時前後に日が昇り、23時過ぎまで明るいなど、20時間以上の日照時間がある事が特徴です。

一方で、冬になると日照時間が4時間前後と、極端に短くなります。

アイスランドの治安は、比較的よいといわれていますが、アイスランドは他の国からの旅行客が多い地域です。治安がよいとは言っても地元の人以外が犯罪を犯すこと可能性もあるでしょう。

夏の夜は長く、避暑地としても人気の場所です。観光客が夜中までバーで飲むことがあります。

酔っ払って騒いだり、夜でも明るいからといって夜中まで外で過ごしたい気持ちはわかりますが、その際はスリや強盗などの危険も伴うので注意が必要です。

アイスランドは自然を体感できる

アイスランドは火山と氷の国ともいわれ、自然が作り出した神秘な世界を体感できます。

火山、滝、氷、洞窟など、他の国では体験できないような壮大で美しい自然が人気を集めています。

関連記事
壮大な自然を味わえる「アルプス」の魅力を紹介 アルプスの基本情報も解説!
天下一の美しさ!神秘的で圧倒的な魅力を誇る中国の秘境「黄山」
地球の神秘を感じられるアリゾナ州で自然を体感できる観光を楽しもう

アイスランドのおすすめ観光スポット

アイスランドには多くのおすすめ観光スポットがあります。

ここからはその中でも特におすすめの観光スポットを紹介いたしますよ。

関連記事
他の国では見ることが出来ない神秘的な景色!アイスランドの自然溢れる観光スポットを紹介

水色のお湯が沸く泉、ブルーラグーン

ブルーラグーン

ブルーラグーンと呼ばれる大自然の中にある鮮やかな水色のお湯が有名な泉は、アイスランドに来たら絶対に欠かせない観光スポットです。

空港からは車で20分ほどで到着し、営業時間は季節にもよりますが、7時か8時にオープンし、21時から24時まで営業しています。クリスマスや年末は営業時間が短くなるため、事前に確認が必要です。

入場チケットは季節により料金が変動し、バーやエステとセットになっているなどセットものの入場チケットもあります。

ブルーラグーンは日本と違い、水着を着用して入る事が特徴です。中にはカフェやレストラン、バーなどもあります。料金はリストバンドに記録され、帰る際に精算します。

黄金に輝く滝グトルフォス

グトルフォス

グトルフォスは、アイスランド語で、黄金の滝を意味しています。晴れると滝に虹がかかり、黄金に輝くことに由来しています。

グトルフォスは幅70m、落差30mもあり、ラング氷河の溶けた水が豪快に流れ込むため、特に流れの激しくなる冬の間は危険なため行くことができません。

夏季限定の路線バスもありますが、運行時間などが限られているためツアーで訪れる方が便利です。

青色に輝く氷のヴァトナヨークトル氷河

ヴァトナヨークトル氷河

ヴァトナヨークトル氷河は、太陽光により青色に輝く氷が冬の間だけ楽しめる人気の観光スポットで、国土の約8%を占めるヴァトナヨークトル国立公園内にあります。

洞窟内は常に変化するため、専門のガイドが必要です。レイキャビクからは車で6時間ほどかかります。季節によっては、氷が溶けて危険な場所もあり、立ち入り可能区域が決まっています。

巨大なパイプオルガンが特徴的なハットルグリムス教会

ハットルグリムス教会は、レイキャビクで一番目立つ建物です。教会内には、巨大なパイプオルガンがあり、街のシンボル的な存在となっています。

アイスランドのお土産

アイスランドには多くのお土産があります。

ここからはアイスランドでおすすめのお土産を紹介していきます。ぜひ旅行に訪れた際には購入を検討してみてください。

ロパペイサは質がよく暖かいセーター

ロパペイサは、アイスランドで昔から愛用されているウールのセーターです。襟の周りにある独特の模様が人気のお土産です。上質なウールで、とても暖かいと好評です。

チョコレートは味もデザインも豊富でおすすめ

アイスランドでは、海の塩を使ったチョコなど様々な味のチョコレートが販売されています。チョコレートのパッケージも多くのデザインが施されて人気のお土産です。

アイスランドのおすすめホテル

アイスランドはホテルの数が少ないです。観光シーズンには、すぐに予約で埋まってしまうため早めの予約が必要です。

シリカ・ホテル(ブルーラグーンクリニック)はプライベートラグーンがある

ホテル内には、ホテルの宿泊者しか入れず、清掃も行き届いているプライベートラグーンがあります。

プライベートラグーンは一般客がいないため、タイミングがよいと貸し切り状態となります。

木の床と床暖房完備で冬でも暖かく、コーヒーがいつでも飲めるように用意されています。天候や季節によりますが、ホテルの部屋からはオーロラを見る事もできます。

以前はシンプルなサービスのみのホテルでしたが、リニューアル後はサービスや設備が一新しました。特に朝食は種類が多くなり、味も改善されて好評です。

クヴォシン ダウンタウン ホテルは立地がよい

クヴォシン ダウンタウン ホテルは、チョルトニン湖まで徒歩1分、国会議事堂やレイキャビク大聖堂もすぐ目の前にある、抜群の立地条件のホテルです。

簡易キッチンもあり、長期の滞在にも便利な部屋です。レストランでは、朝食も提供しています。

ホテル フッサフェルはアクティビティが豊富!

ホテル フッサフェルでは、ゴルフコース、屋外入浴施設、サイクリング、乗馬、ハイキング、プールなどもあり、自然の中で多くのアクティビティを楽しめます。

各国の料理を楽しめるレストランもあります。

アイスランドにカジノってあるの?

カジノリゾートのように、ホテルにカジノを入れようと検討されたことはありますが、現在は実現していません。

アイスランドでのんびりと過ごそう!

アイスランドは、ダイナミックな自然の風景を楽しめ、神秘的な体験ができる場所です。火山による温泉地としても知られ、自然に囲まれてのんびり過ごせる事も、アイスランドの魅力です。