一夜にして一攫千金も夢じゃない!カジノにおける大当たりの魅力

2018/11/22

ラスベガス、マカオ、シンガポールなどカジノ大国が、次々と誕生しています。

日本でも、カジノの合法化が検討されました。海外旅行の定番でもあり、わざわざ、カジノのために海外に行く人もいるほど、多くの人がカジノを楽しんでいます。

この記事では、カジノの魅力の一つでもある、大当たりについて紹介していきます。

カジノの楽しみってなに?

カジノ 大当たり
大当たりすると、一夜にして大金持ちになれるのが、カジノの魅力です。

一部のお金持ちの楽しみや、ルールが難しいなど、敷居が高いイメージもあります。しかし、実際には開かれたカジノが多く、ギャンブルというよりも、エンターテイメントや旅行のアクティビティの一つです。

年齢など、一部の制限がありますが、誰でも参加でき、楽しめるのがカジノの魅力でしょう。最近は、入場料もかからず、低予算でも一攫千金を狙えるカジノが多いです。

また、初心者向けの無料カジノレッスンが開かれるなど、初心者でも、カジノを楽しめるように配慮されているため、参加しやすくなっています。

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介

マカオのカジノで狙える大当たりはどれぐらい?

カジノ 大当たり
マカオには、30を超えるカジノがあります。ラスベガスのように、エンターテイメント性もありながら、日本からも近いカジノ大国です。

マカオでは、24時間、いつでもカジノを楽しめる場所がほとんどです。パスポートのみで作れるメンバーズカードでは、ポイントを貯めることもできて、さらにお得となります。

カジノフロアには、両替所や、キャッシュカードが使えるキャッシングもあります。入場は無料で、見学だけも可能です。初めて行く場所や、初心者は他の人のプレーを見てから、ゲームを決める方が安心でしょう。

マカオのカジノでは、ジャックポットを狙えるスロットマシーンや、ルーレットなどのゲームが、数千単位で用意してある大型のカジノも多いです。

世界一大きなカジノとも言われる、ザ・ヴェネチアン・マカオでは、カジノのベテランから初心者まで、毎晩何万円、何百万円という単位で勝ち負けが、繰り広げられています。

2018年には、グランドリスボアで、約716万香港ドル、日本円にすると約9,400万円のジャックポットが出ています。この金額は、オープン以来3番目に高額な金額です。

関連記事
本場ラスベガスを超えた!世界最大規模のマカオのカジノを紹介
香港旅行のお供に!マカオのカジノがオススメな理由♡

ラスベガスのカジノで狙える大当たりってどれぐらい?

カジノ 大当たり
世界有数のカジノリゾートといえば、ラスベガスです。ラスベガスのカジノは一大エンターテイメントであり、毎晩大金が動いています。世界中から集まった大金持ちが、ラスベガスでカジノを楽しんでいますよ。

ラスベガスのカジノは、21歳以上であれば、誰でも入場可能です。ドレスコードが厳しくない場所もあり、観光客も旅行のアクティビティとして、気軽に楽しめます。

数多くあるゲームの中でも特に人気が高いのが、スロットマシーンです。

1セントから賭けられるスロットマシンから、高額な掛け金の、多様な設定が用意されています。大当たりを狙うのであれば、高額な掛け金の方が確率はいいですが、1万円が1分でなくなってしまうケースもあるため、十分な注意が必要です。

ルーレットや、ブラックジャックなどのテーブルゲームには、ミニマムベットが表示されています。事前に確認してから参加すれば、大損を避けることも可能です。

1番人気が高いゲームは、大金を狙えるメガバックスです。10億以上の当たりが多数出ています。数年前には、32億円が当たると話題になったスロットです。かなり人気の台なため、もし空いていたら、それだけでもラッキーな機種です。

関連記事
一攫千金も狙えるカジノゲーム!スロットマシンの遊び方と流れを徹底紹介
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう

海外のカジノで大当たりした場合の税金

まず、海外で大当たりした場合は、国により税金がかかる場合と、かからない場合があります。

ラスベガスでは100万円など、一定金額を越えると、税金がかかります。申告が必要になったり、税金分が引かれて、儲け分が換金されるなど、税金の払い方や申告の仕方も違います。

租税条約を結んでいるマカオや、韓国では、その国での所得税はかかりません。しかし、その儲かったお金で、50万円以上の買い物をした場合は、その品物への関税がかかる場合があります。

日本に戻ってきてからは、カジノで50万円以上儲かった金額に、税金がかかります。免税書類や各種証明書は、税務署に送られる場合があるので、日本で確定申告をしておかないと、追加徴税の対象となる可能性もあります。

そのため、海外でカジノに行く際には、税金の支払いが海外で払い、日本で確定申告をして還付するのか、日本で一時所得として申告するのか、把握しておきましょう。

ラスベガスの大当たりの最高金額っていくらなの?

カジノ 大当たり
ラスベガスで、大当たりした人のランキングは、10名ほど発表されています。一番高額なのは、$39,710,826を当てた25歳の人です。エクスカリバー ホテル&カジノで、メガバックスのスロットで当てました。投資金額は、$100です。

実は、日本人にも高額当選した人がいます。ラスベガスで、ホイール・オブ・フォーチューンというスロットをプレーし、当時のレートで約7000万円を当てました。

億を越える金額ではありませんが、たったの25ドルで大当たりを出しました。賭け金は、25セントのレートの低い台でした。

第10位の人でも、$14,282,544を手に入れています。20ドルを投資し、たった5分で当選しました。使用していた台は、メガバックスです。

大当たりしやすいゲームってあるの?


一番大当たりしやすいゲームは、やはりスロットマシンのメガバックスでしょう。メガバックスのロゴマークが揃うと、ジャックポットです。ジャックポットを出した場合、なんと数億円の金額が手に入ります。

2003年には、当時のレートで48億円という、超高額当選となり注目されました。

ラスベガスの、MGM Grand Hotel & Casinoでは、過去に4回もジャックポットが出ています。Wynn Las Vegas(ウィンラスベガス)とPalms Casino Resort(ザ パームズ カジノ リゾート)では3回、当選が2回出ているカジノは、6箇所もあります。

関連記事
カジノのスロットマシンで大当たりが出る確率と仕組みを紹介!

カジノの大当たりには夢がある!

カジノ 大当たり
大金を投資しなくても、数億円が手に入る可能性に溢れているのがカジノです。実際に、一攫千金を手に入れた人も数多くいます。

誰でも気軽に楽しめることができ、なおかつ大金を手に入れることができるかもしれない部分がカジノの魅力の一つでしょう。