【連載】プロカジノディーラーに学ぶ!ポーカーのルールを覚えた次にするべき事①

2018/09/26

この記事では、Resortline特別企画として、プロカジノディーラーである関根大樹さんの連載をお送りします。まずは、ポーカーのルールを覚えた後に知っておくべきことをご紹介。これからポーカーテーブルにデビューする方は必読です!楽しくスマートにポーカーをするためにも、ぜひご一読ください。

ポーカーのルールを覚えたら・・・

皆様、こんにちは。今回からポーカーに関する記事を担当させて頂く関根大樹と申します。

【ポーカーのルールを覚えた次にする事】というテーマで2回に分けて、実際にポーカーテーブルにおいて何をするべきかを記していきたいと思います。

その前に、ポーカーのルールをまだ知らない方は、まずこちらからポーカーのルールを覚えた上で、この記事をご覧ください。

カジノルール攻略ガイド|テキサスホールデムポーカー

 

ポーカーをプレイする

それでは、ここからはポーカーをプレイする上でのマナー(ルール)とこれから戦術的説明をする上での準備段階としてポジションの優位性の2点について話していこうと思います。

マナー(ルール)違反

今まで国内外でディーラーをしてきて感じたこと。それは、初心者の方がやってしまう一番多いマナー(ルール)違反は「ストリングベット」であるということです。

ストリングベットとは、チップを複数回に分けてベットする事をさします。何度もチップを置いて相手の反応を伺うことを防ぐため、ポーカーのルールではストリングベットを禁止しているのです。

例えば500ドルをベットしたい場合に100ドルチップを2枚と3枚に分けてベットしてストリングベットと判定された場合、最初に出した200ドルだけが認められ、残りの300ドルはベットできずに戻されてしまいます。

このようにならないように、ベットをする場合は複数回に分けず1アクションで行う事、もしくは発声(コールやレイズ)し額を言う事によってストリングベットと取られる事を未然に防ぐことができます。

ポジションの優位性

ポーカーというのは相手の手札が見えない不完全情報ゲームです。その中で唯一の情報である相手のアクション(チェック、ベット、コール、レイズ)を知った上でプレイするのか、知らずにプレイするのかは雲泥の差です。

アクション順番はスモールブラインドが最初です(プリフロップはビッグブラインドの隣のアンダーザガン)。後に続くプレイヤーが強いハンドを持っているかもしれないという状況下でプレイしなくてはいけないのでスモールブラインドが一番不利なポジションとなります。

そしてアクションが進んでいき、最後にアクションをするのはディーラーボタンです。全てのプレイヤーのアクションを見てから自分がアクションする事になるので、このポジションが一番有利となります。

次回は「スターティングハンド」

今回はこの2点について説明させて頂きました。どちらもこれからポーカーを始めていく上でとても大切になってきますので覚えておきましょう。

次回はポジションの優位性に基づいてスターティングハンドについて解説していきたいと思います。

 

続く・・・

 

●筆者プロフィール

名前:
関根大樹(セキネタイジュ)

生年月日:
1989/06/18

出身:
神奈川県

経歴:
平成27年 日本カジノスクール 国際プロカジノディーラー学科 全課程修了
平成27年~28年 カジノヴィーナス
平成29年~30年 カナダ Edgewater Casino(Parq Casino)
平成30年~現在   カジノヴィーナス

趣味・特技:
マインドゲームであるポーカーを趣味としてプレイしています。日本にいる時は休みの日にアミューズメントカジノへ足を運び遊んでいます。海外のカジノにも遊びに行きカジノディーラーの動きを観察し勉強したり、カジノの雰囲気を楽しむのが好きです。

カジノヴィーナス公式Twitter:
https://twitter.com/casino_venus