「ポーカーフェイス」の意味と得意な人・苦手な人の特徴を紹介!

2018/11/29

カジノで人気のゲームの一つが、ポーカーです。心理戦を用いたカードゲームで、常に冷静な判断が必要となります。

それに似た言葉で、ポーカーフェイスという言葉があります。普段でも、よく耳にする言葉ですが、どのような場面で使用するのかを知っている方は少ないでしょう。

この記事では、ポーカーフェイスとは、一体どんな意味で、どのように使われているのかを紹介していきます。ポーカーフェイスはポーカーで勝利するための作戦の一つになることもあります。この機会にぜひ知っておきましょう。

ポーカーフェイスってどんな意味があるの?

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスとは、顔に何も感情がなく、無表情で何を感じているのか分からないことを意味しています。

本当は喜怒哀楽を感じていますが、それを表に出さずに、無表情で冷淡な印象を周りに与えています。そのため、周りの人も、相手の気持ちがわかりません。

ポーカーフェイスの由来は、カジノのポーカーから来ています。

ポーカーでは、相手のカードが何かを考えながら、心理戦が繰り広げられます。良いカードが揃って笑顔になったり、悪いカードで落ち込んでいたら、相手に自分のカードの状況がわかって妨害されてしまいますね。

勝つためには、自分がどのカードを持っているのか相手に悟られないように、感情を表情に出さないようにしていなければいけません。そのことから、ポーカーフェイスという、言葉ができたと伝えられています。

ポーカーフェイスな人が得すること

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスな人が得することは様々です。

ここからはポーカーフェイスな人が得することを紹介していきます。

表情を少し変えただけで強く印象に残せる

ポーカーフェイスの人は無表情のため、ちょっと笑顔を見せただけで、周りに強いインパクトを与えます。久しぶりに笑った、珍しく笑ったなど、思わず注目してしまいます。

表情が豊かな人にとっては何ともないことでも、ポーカーフェイスの人がやると、そのギャップに驚くこともあります。

冷静で落ち着いた雰囲気という印象を相手に与えられる

ポーカーフェイスは、物事に感情を流されない冷静さがないと出来ません。そのため、その場を冷静に判断して、揉め事が起きる前に、さりげなく去って行ったりします。

また、物事を冷静に見ている分、大人っぽくて落ち着いた雰囲気という印象を与えます。トラブル時にも、周りから頼られたり、頭が良さそうという知的なイメージも与えることができます。

落ち着きのある分、しっかり者や、何があっても冷静に行動できる人という、ポジティブな印象も残せますよ。

人間関係のトラブルを回避できる可能性が高い

感情を表に出さない分、自分の好きな人が目の前にいたり、逆に苦手な人がいても、相手に何も悟られないまま、冷静に過ごせますよ。

そのため、苦手な人とでも、人間関係のトラブルを避けて、気づかれないように距離を置くという、トラブル回避のための行動ができます。

ポーカーフェイスな人が損すること

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスな人は得をすることがある反面、損をしてしまうこともあります。

ここからは、ポーカーフェイスな人が損をすることについて紹介していきます。

無表情なためネガティブな印象を与えやすい

無表情のポーカーフェイスには、冷たそうや、気難しそうという印象を与えてしまいます。何を言っても無表情なので、何を考えているのかわかりにくく、付き合いがたい印象を与えてしまうこともありますよ。

また、常に怒っているのかとか、一緒にいても面白くないのではと、ネガティブな印象も強くなりやすいです。

周囲の人に対して上手く気持ちが伝わらない

周りの人に対しても、素の自分を上手く表現できずに、意思疎通が上手くいかない可能性も高くなります。本当に納得していても、周囲の人からは、我慢して合わせているのではと思われたり、相手に上手く気持ちが伝わりません。

集団生活でも、ちょっと浮いた存在というイメージです。

その一方で、家族や親しい友人と一緒だと、表情があって楽しく会話も弾むタイプの人もいます。仕事や学校では、ライバルに自分のことを知られないように、感情や発言を抑えているだけなんて人もいますよ。

しかし、周囲の人間には、何を思っているのか分かりにくくて、不思議な人という印象を与えてしまいます。

表情筋を使わないため顔の筋肉が衰えやすい

ポーカーフェイスの人は、表情筋を使うことが少ないため、顔の筋力の衰えも懸念されます。顔の筋肉が衰えると、顔全体が下に下がり、老けた印象を与えてしまいます。

特に頬が下がってしまい、ほうれい線などに影響が出ます。素直に自分の気持ちを出せず、コミュニケーションの面においては、損をしてしまうことが多いです。

ポーカーフェイスが得意な人の特徴

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスが得意な人にはいくつかの特徴があります。

ここからはポーカーフェイスが得意な人の特徴を紹介していきます。

人間関係は狭くて深い関係を好み一人でいることが多い

ポーカーフェイスの人は、周りの人に気持ちが伝わらない分、一人でいることが多いです。

広く浅い人間関係よりも、狭くて深い関係を好み、大勢で騒ぐなどは、苦手なことが多いです。そのため、一匹狼とも言われてしまいます。

自尊心が強く自分自身をコントロールする力が強い

流行よりも自分の感性をしっかりと持っており、周りの流行りに合わせて行動することは少ないです。相手に弱みを見せない分、かなり自尊心が強くないと、ポーカーフェイスは難しい傾向にあります。

すぐに感情を出さないという、自分自身をコントロールする力が強いです。

ストレスを発散できず溜め込みやすい

周りの人間に、心を開き難いために、ストレスを溜め込んでしまうこともあります。ストレス発散のために、同僚や友人と飲みに行ったり、悩みを相談するよりも、自分で溜め込んでしまうタイプです。

また、周囲の人も、表情がないので、ストレスに気づき難いという点もあります。落ち込んでいても、普段から無表情なので分かりにくく、周りのサポートも難しいです。

ポーカーフェイスが苦手な人の特徴

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスが得意な人もいれば、反対に苦手な人もいます。

ここからはポーカーフェイスが苦手な人の特徴を紹介していきます。

自分を表現することが上手な人

自分を上手に表現できる人はポーカーフェイスが苦手な場合が多いです。

自分の気持ちに素直なタイプなため、感情を上手く隠すことが苦手でしょう。

喋るのが得意で社交性のある人

おしゃべりな人も、ポーカーフェイスは難しいです。自分の思ったことを発言してしまったり、行動に出したり、顔に出してしまっては、ポーカーフェイスを維持できません。

社交的で、大勢で賑やかに過ごすタイプも、ポーカーフェイスは苦手です。ポーカーフェイスは、笑って騒いで、賑やかに楽しく過ごすタイプではありません。

常に自分の感情を抑えて、冷静に判断するスキルが必要です。カジノでも、勝ち負けに左右されて、感情の起伏が激しいようでは、ポーカーフェイスとは言えません。

ポーカーフェイスはカジノには必須のスキル!

ポーカーフェイス
ポーカーフェイスには、冷静さと自分をコントロールできるポジティブな面と、周りに付き合い難いという印象を与えてしまうネガティブな面があります。

しかし、カジノではポーカーフェイスで過ごすことが、勝つためには重要なスキルです。みなさんもカジノをする際には気を付けてみてくださいね。