サンタフェ

サンタフェ ファッションってどんな服?サンタフェの魅力を紹介!

2018/11/10

「サンタフェ」と聞いて、少し聞き慣れない方もいるかもしれません。

サンタフェはアメリカにあるけどアメリカらしくない独特の雰囲気を持ち、古くからの歴史や文化を大切に受け継いでいる魅力溢れる街となっています。

落ち着きがあり、のんびり過ごしたい方にはとてもおすすめな場所です。この記事では、そんなサンタフェやサンタフェファッションについて紹介をしていきます。

サンタフェってどんな場所?

サンタフェ
サンタフェは、アメリカ合衆国のニューメキシコ州北部に位置しています。人口は約62,203人です。

「アメリカの宝石」とも呼ばれていて歴史的な街並みや建築物が残されており、独特の食文化を持つ観光都市として栄えています。

アメリカ建国よりもはるか前の1607年に創設された長い歴史を持っていて、アメリカ合衆国に現存する都市としてはフロリダ州のセントオーガスティンに次いで古い場所となっています。

サンタフェは、芸術家が多く住む街としても有名です。美術品に溢れ、音楽祭や工芸祭が開かれるなど、芸術の街として多くの人に知られています。

先住民文化・スペイン系文化・メキシコ系文化・カウボーイ文化・芸術文化・現代アメリカ文化など、豊かな歴史と伝統を誇るサンタフェはアメリカでも指折りの独特な雰囲気を持っていて訪れる人々を魅了しています。

関連記事
ニューメキシコ州『サンタフェ』でアメリカの文化と歴史に触れる旅をしよう
サンタフェ ステーキスパイスとサンタフェは関係あるの?サンタフェの魅力を紹介!

日本からサンタフェまでのアクセス方法

日本からサンタフェまでのアクセスは、【成田】→【デンバー】→【サンタフェ】の流れです。「成田」から「デンバー」までが国際線で約10時間50分。「デンバー」から「サンタフェ」までが国内線で約1時間10分となっています。

日本からは約12時間で行くことができ、値段は63,000円~153,000円ほどかかります。

関連記事
日本とアメリカの時差ってどれぐらい?時差ボケを防ぐ方法なども紹介
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介

サンタフェの魅力

サンタフェ
サンタフェには数多くの魅力が詰まっていますよ。

ここからはサンタフェならではの魅力を紹介していきます。

アメリカで最も美しい街と称されている

たった62,203人しか住んでいないサンタフェですが、ギャラリーが200件以上あり美術品の取り引き量は、パリ・ニューヨークに次いで世界で第3位です。

特にギャラリーが並ぶ「キャニオン・ロード」では個性が感じられます。アメリカの他の都市には見られない独特の文化と歴史、また、独特な建造物と芸術が魅力を高めているといっても過言ではないでしょう。

ネイティブアメリカンの伝統的な文化を味わえる

サンタフェ
サンタフェの魅力の一つとして、ネイティブアメリカン(インディアン)の文化を体感できることがあげられます。ネイティブアメリカンの歴史抜きにはサンタフェを語ることは出来ないほど深く関わっています。

そもそも、この地を治めているスペイン・メキシコ・アメリカ合衆国の台頭は近年のことで、元々はインディアンの多くの部族が暮らしていた広大な地域でした。

インディアンの祖先はパレオインディアンと呼ばれ、2万年前ごろアジアからやってきたと言われています。世界遺産の「メサベルテ」や「チャコキャニオン」、そしてバンダリアに見られる遺跡や住居跡は彼らの生活跡です。

他にも、長い歴史に培われた伝統的な美しい「インディアンジュエリー」がいたる所でショーウィンドウに飾られています。よく見ると、部族によりデザインが異なっていて見れば見るほど奥が深いですよ。

奇跡の階段と呼ばれている階段がある

サンタフェには、「奇跡の階段」と呼ばれる、不思議ならせん階段があるロレッタ・チャペルがあります。

支柱がなく、まるでDNAの模型のように見える構造となっていて、当時の技術でどのように造られたのか明らかになっていない部分もある階段です。

ある伝説では、聖歌隊席へ上がる階段がなく、困ったシスターが聖母マリアの夫ヨセフに祈りをささげたところある日突然、大工が現れこの階段を造ってしまった・・・。というような諸説があるそうです。

サンタフェファッションって何?

サンタフェ
※画像はイメージです。

サンタフェファッションとは、メキシコの民族衣装にインディアンやカウボーイのスタイルを取り入れたエスニック・ルックのことです。

刺繍を施したベストにジーンズ・バンダナといった素朴な味わいのコーディネートでアメリカ・ニューメキシコ州を中心に広がっているスタイルですよ。

サンタフェにカジノってあるの?

サンタフェ
サンタフェには、ホテルカジノがいくつかあります。

ホテル内にカジノがあるため、基本的に24時間営業となっている場所が多いです。ゲームの種類はルーレットやポーカー、ブラックジャック、スロットといった様々な種類が楽しめるようになっています。

ドレスコードなどは必要なく、Tシャツやジーンズといった、かなりラフな服装でも大丈夫です。そのため、服装に気を遣わずにリラックスした自分の服でカジノを楽しむことが出来る場所です。

関連記事
カジノの定番ゲーム「ポーカー」って練習方法はあるの?ポーカーのルールと練習方法を紹介!
カジノ初心者でも勝率をアップさせられるルーレットの勝ち方を紹介

サンタフェでおすすめのカジノホテル

ここからはサンタフェでおすすめのカジノホテルを紹介していきます。

シティーズ オブ ゴールドカジノ

シティーズ オブ ゴールドカジノ内には3軒のレストランがあり、コーヒーショップやカフェもあるためのんびりとした時間を過ごせます。毎朝、朝食を無料で楽しむこともできますよ。

また、24時間対応のビジネスセンターと会議室へのアクセスを提供していたり、コンピューターステーションが施設内にあるため有線インターネットアクセス・WIFI(無料)も利用できます。

ビジネス向けのホテルではありますが、カジノ・ナイトクラブ・フィットネスセンターもあり、ホテルにいながら好きなことを選んで出来る事も魅力のひとつとなっています。

1泊、13,350円から宿泊できます。

ヒルトン サンタフェ バッファロー サンダー

ヒルトン サンタフェ バッファロー サンダーは、ビジネス・ファミリーの両方の方におすすめの4つ星ホテルとなっています。

5軒のレストランがありカフェもあるためくつろげます。ゴルフコース・屋外テニスコート・屋内プール・子供用プールなど身体を動かして楽しく過ごすこともできるため、アクティブに過ごしたい方にもおすすめですよ。

また、大人向けにカジノ・プールサイドバー・スナックバーなどもあるため、ホテル内だけで充実した過ごし方ができます。

1泊、13,106円から宿泊できます。

ホームウッド スイーツ バイヒルトン サンタフェノース

ホームウッド スイーツ バイヒルトン サンタフェノースには、24時間営業の屋外プールとフィットネス施設があり、施設内にはコンピューターステーションもあります。

どちらかというと、ビジネス向けのホテルとなっていて、カジノ・バーベキューグリル・ギフトショップなど、大人がくつろぎ、楽しみながら過ごせるホテルです。

1泊、16,887円から宿泊できます。

サンタフェで独特の文化を楽しんで!

サンタフェ
サンタフェは、昔から受け継がれてきた独自の伝統や文化を大切にしながら、人々を魅了している街です。

数多くの芸術品も集まっているため、芸術好きの方にもおすすめの場所となっています。ぜひ一度実際に足を運んで、アメリカで最も美しいと称される街並みをゆっくりと味わってみてください。