モアナ サーフライダー ウェスティンリゾート&スパ

ハワイ好き女子必見!白亜の宮殿『モアナ サーフライダー ウェスティンリゾート&スパ』

2018/10/20

ワイキキ最古のホテルとして、1901年の創業以来ワイキキの移り変わりを見守り、今もなおハネムーナーや旅行者に大人気の「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」。その外観からワイキキのファーストレディ(貴婦人)とも称され、エレガントな佇まいと風格はワイキキのホテルの中でも随一といってよいでしょう。

立地もカラカウア通りに面したワイキキの中心にありとても便利です。しかもオンザビーチ!伝統と品格あふれるモアナ サーフライダーの魅力に迫ります。

クラシカルな外観

まるで白亜の宮殿かのようなホテルの外観。エントランスの両側にはロッキングチェアがずらりと並べられています。ここでのんびりするととっても癒されます。正面玄関から一歩足を踏み入れると目に飛び込むシャンデリアや吹き抜けになっている2階の造り、大きな階段、支柱に至るまですべてがエレガント。思わずため息が漏れてしまいます。

さらにエントランスホールを抜けて進むと約20mもの高さの大きなバニヤンツリーが!

どこを切り取っても絵になるので、モアナ サーフライダーで写真を撮ることにあこがれている女性も多いんですよ。

客室はどうなっているの?

モアナ サーフライダーは、「バニヤンウイング」、「タワー・ウィング」、「ダイヤモンド・ウィング」の3つの棟から構成されています。

バニヤンウイング

まず、一番歴史があるのがバニヤンウイング。バスタブやラナイ(バルコニー)がなく、21平方メートルの客室は若干狭く感じる人もいるかもしれませんが、モアナ サーフライダーの歴史を感じられる部屋です。

タワー・ウイング

また、21階建てのタワー・ウィングは比較的新しく、上層階では美しい景色を存分に楽しめます。

オーシャンフロントのスイートルームからはこんなステキな景色が楽しめます!

ダイヤモンド・ウイング

全面改装されて間もない海に面するダイヤモンド・ウィングは8階建て。エメラルドグリーンの海やダイヤモンドヘッドの景色を堪能できます。高層階のあるタワー・ウィングと比べて低層のダイヤモンド・ウィングの客室からは、ヤシの木が見えたり海を泳ぐホヌ(ウミガメ)が見えたりと、これはこれで素敵ですよ!

こちらのホテルで使用されているベッドは、全て1999年にウェスティン ホテルが独自開発した「ヘブンリーベッド」。高密度の綿によってつくられたリネンと、900個ものポケットコイル・スプリングを使用したマットレスは、極上の眠りへと誘ってくれます。

宿泊者専用ラウンジ 「ビーチ・クラブ」

「ビーチ・クラブ」の利用方法

タワー・ウィング1階にはオーシャンフロント・ラウンジ「ビーチ・クラブ」があります。SPGプラチナ会員や、宿泊の客室タイプや宿泊プランなどによって無料で利用できるラウンジですが、チェックイン時にお金を払って利用することも可能です。

「ビーチ・クラブ」のおすすめポイント

時間帯に合わせて朝食や軽食、夕方からはアルコールを含むドリンクやププ(おつまみ)が楽しめます。朝は6時からオープンしているのでお出かけ前に寄ることもできますね。

こちら、オーシャンフロントだけあって目の前にはワイキキビーチが広がり、いかにも「ハワイ!」といった美しい癒しの景色を眺めることができます。そんな景色を堪能しつつ朝食を取ったり、夜はビールやワインなどを片手に寛いだりすることができます。なんてステキなリラックスタイム…。サンセットもオススメですよ!

ラウンジ利用の特典がついている客室やプランをうまく活用してみてはいかがでしょう。

一度は泊まってみたい、モアナ サーフライダー。

ワイキキの貴婦人の名を裏切らない、エレガントで重厚感あるモアナ サーフライダー。一度は泊まりたい憧れのホテルです。

 

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ

住所:2365 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815

TEL:(808)922-3111

HP:http://www.moanasurfrider.jp

参考サイト:https://www.hawaii-arukikata.com/hotel_review_ranking/dbhotel_46