自然に溢れた砂漠地帯のセントジョージで魅力ある旅をしよう!

2018/11/27

砂漠地帯が広がる「セントジョージ」という場所を知っていますか?セントジョージはアメリカの都市の1つです。

この記事では、セントジョージについて紹介していきます。この機会にセントジョージの魅力を知っておきましょう。

セントジョージってどんな場所?

セントジョージ
セントジョージは、アメリカ合衆国のユタ州、南西部に位置する都市で、アリゾナ州との州堺にあるワシントン郡に位置します。また、同郡の郡庁所在地でもあり、ネバタ州ラスベガスの北東に約188㎞、ソルトレイシティから南南西に約488㎞のところにあります。

人口が年々増加しており、セントジョージ大都市圏の主要都市です。また、2005年時点でコロラド州グリーリーに次いで、国内で2番目に成長した都市とも言われています。

関連記事
大自然と独特の文化に溢れたユタ州はどんな場所?ユタ州の魅力を紹介!
地球の神秘を感じられるアリゾナ州で自然を体感できる観光を楽しもう

セントジョージの歴史

セントジョージは、末日聖徒イエス・キリスト教会大管長のブリガム・ヤングの指示で1861年に綿花を栽培する場所として設立されました。

1877年4月、末日聖徒イエス・キリスト教会は、セントジョージ・ユタ・テンプル(街の南北に位置し、光り輝く真っ白なファサードが特徴的な大型建築物)を完成させ、現在では連続して運営されている最古のものとなっています。

日本からセントジョージへの行き方

日本からセントジョージへ行くためには空港を経由する必要があります。

ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなど、西海岸の主な空港を経由して、ユタ州のソルトレイクシティに行き、ソルトレイクシティで乗り換え、セントジョージ空港へ行きます。

それぞれの空港での乗り換え時間が短いため、海外に慣れていない方や、お子様がいる方も安心して行ける方法です。

また、日本から直行便でラスベガスに行き、シャトルバスかレンタカーでセントジョージへ行く方法もあります。日本からラスベガスへの飛行は、便数も多く便利ですよ。

シャトルバスの料金は、片道約2,800円です。また、早朝4:30のシャトルバスの場合は、片道約3,600円となっています。

関連記事
宗教の歴史や自然を感じられるソルトレイクシティで快適な旅をしよう
世界一有名なエンターテイメントの街 ラスベガスでカジノを楽しもう

セントジョージの気候と治安

セントジョージの気候は、ユタ州の中では標高が低く、南西の砂漠にあることで、州内他所とは異なり最も温かい亜熱帯乾燥気候になっています。

夏は長くて暑く、冬は短くて冷涼です。また、冬は凍結することが多くあります。

また、セントジョージの治安は、全米でもトップクラスの治安の良さを誇っています。

ユタ州は敬虔なクリスチャンの州で、厳しい教えの中で人を助けることや、他の人を大切にすることを誇りに思っている人が多いため、セントジョージは治安の良さを保てています。

セントジョージのおすすめ観光スポット

セントジョージ
ここからはセントジョージのおすすめ観光スポットを紹介していきます。

子供から大人まで楽しめるパイオニアパーク

パイオニアパークは、セントジョージのレッドヒルズ・パークウェイ沿いにある公園です。

パーク内は、赤土色をした岩山がたくさんあり、観光客は無数にあるユニークな形の岩山を登ったり、岩と岩の間を通り抜けたりと、子供から大人まで楽しめます。また、パークウェイの向こう側には、セントジョージの街並みを見ることができますよ。

整備が整っているレッドヒルズデザートガーデン

レッドヒルズデザートガーデンは、人工的に作った岩山の迷路や、舗装された道が特徴の植物園です。

階段状に流れる滝はとっても素敵で、また、赤茶色の砂地には、サボテンなども植えられていて、小さな川も流れています。綺麗で整備が整っているので小さなお子様も安心して遊べるスポットです。

観光と宿泊の両方を楽しめるカイエンタ

カイエンタは、観光と宿泊の両方を堪能でき、ちょっと贅沢な雰囲気の中で芸術とバケーションを楽しめる大人向けの観光スポットです。

カイエンタ・アートビレッジは、アートギャラリーやスタジオ、劇場、レストランなどがあります。また、岩山でのハイキングや、陶芸、ヨガなども楽しめますよ。芸術を楽しんだ後は、ホテルでゆっくりでき、お部屋の窓からは、美しい景色が広がっています。

10種類ある展示室で体験ができるセントジョージ子供博物館

セントジョージ子供博物館は、10種類ある展示室で様々な物を直接触って体験し、探索することができます。また、アートルームでは、施設が提供する道具で自由に描いたり、作ったりすることができますよ。

さらに、キャッスルルームは古いお城風のお部屋になっていて、入るとシャンデリアと巨大な龍があります。ここでは、王様の服を着て龍と闘うファンタジーの世界に入ることが可能です。

貴重な野生生物が存在するレッドクリフ国立保護区

レッドクリフ国立保護区は、モハベ砂漠、大盆地、コロラド高原の植物と動物が混在している特殊な場所です。

岩山と岩山を歩くようなちょっとしたハイレベルなハイキングを楽しみたい方や、レッドグリフの美しい写真を撮りたい方にはおすすめの観光スポットです。また、観光地として栄える一方で、生息する野生生物の保護が課題となっています。

特に、砂漠のカメは絶滅危惧種になっています。動物に気を使いながらルールを守って楽しみましょう。

セントジョージにカジノってあるの?

セントジョージ
セントジョージにはカジノを楽しめるホテルが少数ながらあります。

ここからはセントジョージにあるカジノホテルを紹介していきます。

グリーン バレー リゾート レンタルズ

グリーン バレー リゾート レンタルズは、3つの屋外プールやフルサービスのスパがある、3つ星コンドミニアムリゾートです。また、フィットネスセンターや、屋外テニスコート、レストランなどの施設もあります。

部屋数は52室で、チェックインは17:00~、チェックアウトは11:00~となっていますよ。

セントジョージの近くでカジノが楽しめる地域

セントジョージ
セントジョージの近くでカジノが楽しめる地域は、ネバタ州にあるラスベガスです。

ネバタ州では、1931年にカジノが合法化されてから、カジノ産業を主産業としており、ネバタ州議会は経済及び州民の福利向上のため、州の政策としてカジノ産業を重視していくことを明示しています。

関連記事
カジノの聖地 ラスベガスでカジノもショーも楽しめるプランを紹介
旅行に行く前に要チェック!おすすめのラスベガス旅行記を紹介

セントジョージで自然を味わってみよう!

セントジョージ
乾燥した砂漠気候で、広い平地、巨大なレッドクリフが特徴の“セントジョージ”は、美しい岩山の風景や、素晴らしい建築物など、たくさんの観光スポットがあります。

また、ユタ州南部の砂漠はアートと歴史の中心地にもなっていますよ。自然がたくさん広がる“セントジョージ”へ是非足を運んでみてください。