パーレー法

損害が比較的少ないパーレー法に挑戦してカジノを楽しもう

2018/12/27

カジノには様々な攻略法があります。その中の一つでもある、パーレー法は逆マーチンゲール法と呼ばれるように、勝ち続けるあいだ賭け金を増やす方法です。

この記事では、実際にパーレー法をどのように使うのか、注意点とともに紹介していきます。実践してみたいと考えている方はぜひ挑戦してみてください。

パーレー法ってなに?

パーレー法
パーレー法は負け数が多くなれば勝ち数も増えてくることを利用し、勝つたびに賭け金を増やしていく手法となっています。基本的に勝ち負けの確率が半々のゲームで使う手法なので、ルーレットの赤黒賭けなどに使用します。

ルーレットの赤黒は、それぞれの出る確率がおよそ半々であるにもかかわらず、どちらかが連続して出ることが多いものです。このような偏りを利用して、賭け金を倍にすることで大きな利益を出す方法といえます。

関連記事
カジノ初心者でも勝率をアップさせられるルーレットの勝ち方を紹介
ルーレットの勝率が上がる!? カジノゲーム ルーレットの必勝法
ルーレットで利益を出したい!損益の変動が少ない賭け方5選を紹介

マーチンゲール法との違いってなに?

賭け金を増やしていく賭け方としては、マーチンゲール法がありますが、パーレー法はこのマーチンゲール法と真逆のやり方となります。

マーチンゲール法は負けが続くあいだは賭け金を倍にしていきますが、パーレー法は逆に勝ちが続いているあいだは賭け金を倍に増やしていきます。

関連記事
カジノの必勝法 マーチンゲール法ってなに? 使い方やコツを紹介

マーチンゲール法が賭け金を倍にする理由

マーチンゲール法は、勝敗の確率が半々であるゲームで使う手法です。ルーレットの赤黒に賭けるようなゲームで有効に機能します。

なぜ、負けが連続するあいだは賭け金を倍にするかというと、最後に勝った時に最初の賭け金分が確実に利益となるからです。

例えば、3回続けて負けたあとに4回目に勝つとします。ルーレットではボールが落ちる色を黒に賭け続けます。また最初の賭け金を1ドルとします。

1回目 負け 1ドルの損(トータル1ドルの損失)
2回目 負け 2ドルの損(トータル3ドルの損失)
3回目 負け 4ドルの損(トータル7ドルの損失)
4回目 勝ち 8ドルの利益(トータル1ドルの利益)

このようにして、何度負けが続いても最後にはトータルで最初の賭け金である1ドルの利益となります。つまり、賭け金を倍にすることで、それまでの損失をすべて回収できるようになっています。

パーレー法は勝ち続けているあいだは賭け金を倍にする

パーレー法
パーレー法は負けているあいだは賭け金を変えず、連勝している限り賭け金を倍にしていきます。例えば、ルーレットの赤黒で勝ちを〇、負けを×として以下のような結果になるとします。

×〇×××〇×〇〇〇

この場合、賭け金とトータルの損益は以下のようになります。

1回目 1ドル ×(マイナス1ドル)
2回目 1ドル 〇(プラマイゼロ)
3回目 2ドル ×(マイナス2ドル)
4回目 1ドル ×(マイナス3ドル)
5回目 1ドル ×(マイナス4ドル)
6回目 1ドル 〇(マイナス3ドル)
7回目 2ドル ×(マイナス5ドル)
8回目 1ドル 〇(マイナス4ドル)
9回目 2ドル 〇(マイナス2ドル)
10回目 4ドル 〇(プラス2ドル)

このように連勝することで利益も倍増し、それまでの損失を回収できるようになります。マーチンゲール法は必ず最後に最初の賭け金のみが利益になることに対して、パーレー法は勝ち続けることで利益が増えていくことが特徴です。

パーレー法の注意点とは

パーレー法
マーチンゲール法に弱点があるように、パーレー法にもやはり注意点があります。例えば、マーチンゲール法は10回連続して負けてしまうと、賭け金は最初の512倍にも膨らんでしまいます。

最初に1ドルを賭けると10回目には512ドルにもなり、損失はトータルで1,023ドルにも達します。場合によってはテーブルリミットに達し、それ以上は賭け金を倍にすることはできません。

そして、ルーレットでは赤あるいは黒が10回連続して出ることは珍しくありません。パーレー法は逆に、このような場面に出くわせば相当の利益になります。

しかし実際にプレイをしていると、そこに至るまでに結構な損失を抱えることにもなります。

パーレー法は連勝しなければ利益は増えていきませんし、一度でも負けてしまうとそれまでの利益をすべて失ってしまうからです。連勝が止まれば、賭け金を最初に戻します。

ただし、マーチンゲール法と違うのは、賭け金が増えてもそのお金は実質的に利益として増えた分です。損失となるのは、あくまでも連勝が始まる前に賭けたお金だけです。

そうはいっても、連勝が止まるたびにそれまでの損失を回収できないとなれば、かなりの連続回数が続かなければ利益を出すことができません。また、連勝中にはどこで賭け金を倍にするのをやめればよいか、判断が難しいでしょう。

パーレー法の使い方って?

パーレー法
パーレー法はマーチンゲール法とは異なり、単純に勝てば1セット終わるというわけではありません。連勝が続くあいだは賭け金を倍にするというルールだけでは、いつ終了させればよいのかわからないからです。

そこで、ひとつのルールとして、とにかく利益が出たらそこで一旦終了させるようにするとよいでしょう。例えば、下記のようなケースをみてみましょう。ここでは赤に賭け続けるとします。

最初の赤16で賭けた1ドルが当たりとした場合、以下のように賭けていきます。

1回目 赤16 1ドル(プラス1ドル)
2回目 黒 4  2ドル(マイナス1ドル)
3回目 赤27 1ドル(プラマイゼロ)
4回目 黒 2  2ドル(マイナス2ドル)
5回目 赤21 1ドル(マイナス1ドル)
6回目 赤17 2ドル(プラス1ドル)
7回目 赤 7  1ドル(プラス2ドル)
8回目 黒31 2ドル(プラマイゼロ)
9回目 黒26 1ドル(マイナス1ドル)
10回目 黒11 1ドル(マイナス2ドル)
11回目 赤25 1ドル(マイナス1ドル)
12回目 赤 9  2ドル(プラス1ドル)

6回目で一度利益となっているので、ここで1セット終了してもよいでしょう。今回はそのまま続けていますが、12回目で再び利益となっているので、ここで終わりとしています。もし、そこでリセットするのであれば、次の賭け金は1ドルに戻します。

カジノで利益を出し続けるためにはリスク管理が重要です。いかに利益を増やすかよりも、いかに損失を抑えるかを考えなければなりません。

そのためにも、一度利益を出したならば、1セット終了して賭け金を最初に戻すことをおすすめします。

関連記事
低リスクで負けを回収できるカジノ戦略の2in1法ってどんな方法?
カジノで勝ちたい!シンプルでノーリスクな必勝法のダランベール法

パーレー法にチャレンジしてみよう!

パーレー法

パーレー法はマーチンゲール法のように賭け金を倍にしていきますが、実際には賭け金が増えることで損失が増大するわけではありません。マーチンゲール法のような恐怖心を味わうことがないので、安心してプレイできるでしょう。

カジノに足を運んだ時には、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。