【連載】人気ポーカー実況アナウンサーてらこ「世界のカジノはこんなところ」⑤

2018/11/16

この記事では、Resortline特別企画として、ポーカー実況アナウンサーである寺崎美保子(てらこ)さんの連載をお送りします。今回は、クルーズで楽しむカジノライフのお話。

ポーカー界の超人気実況アナウンサー、てらこさんの連載記事をぜひお楽しみください!

クルーズで楽しむカジノ旅

画像:コスタビクトリア号

クルーズの中は移動型ホテル!?

私がクルーズ旅をするようになったキッカケは、ポーカー関係者からの誘いからでした。

初めてのクルーズ旅は2012年春に乗ったホーランドアメリカのザーンダム号。その驚くべき価格が香港から神戸までの片道4日間を内側の客室1人3万円台というもの!

香港までのエア代は別でしたが、飛鳥などの日本の客船クルーズは1泊で少なくとも4、5万円はするものと知っていたので、この話を聞いてすぐに申し込みしたことは言うまでもありません。

二つ返事で参加したクルーズ旅

私をこのツアーに誘ってくださった方は奥様と2人で参加されていました。クルーズ旅に慣れているらしく、彼らは1人7万円台のバルコニー客室を利用していましたよ。

その部屋へ香港の港から船が出発する際にお邪魔して、シャンパンで乾杯したことを今でも覚えています。

充実のクルーズライフ!

ザーンダム号に限らず、クルーズには様々な楽しみ方があります。

まずは食事です。こちらは一部を除き、食事代はツアー代金に含まれているため、お得!食事の時間は決まっていますが、メニューから料理をチョイスするタイプのものやビュッフェ形式で好きなものを取り分けて食べるタイプのものなどを選択することができます。

ルームサービスを利用すれば部屋まで食事を運んでくれるため、こちらを選択しても良さげです。

画像:クルーズ船内には図書室やちょっとしたゲームもある

ちなみに、クルーズ内での支払いはカジノなどの一部を除けばキャッシュレス対応です。これはルームキーを兼ねている乗船カードにメンバーの情報を登録するため、そちらを提示すれば利用履歴が残ります。

ただし、それを利用するにはクレジットカードの事前登録が必要なので、お忘れなく!

クルーズしながら楽しむカジノライフ

画像:船から見た外の景色

航海ルートに海外が入っていればカジノはできる

カジノでは基本、アメリカドルを使用します。外国船であれば航海中はカジノライフを楽しめます。

それが日本発着クルーズであっても、航海ルートに1か所でも海外へ行くプランがあれば、カジノは楽しめるようです。

クルーズ船「飛鳥」にはアミューズメントカジノがある

飛鳥にもモンテカルロというカジノコーナーはありますが、こちらはあくまでもアミューズメントカジノです。

スロットやブラックジャックなどが遊べても、ゲームセンター同様、換金することはできません。

外国船ならテキサスホールデムもある!

ザーンダム号では、スロットマシンをメインで遊んでいましたが、メンバーが集まればテキサスホールデムの卓が開かれたので、ポーカー関係者と一緒に海外の人も交えてそれを楽しみました。

後にフォーレンダム号に乗った際、ザーンダム号に乗船していたクルーがたまたま乗り合わせていて、「あなた、前にザーンダムでポーカー遊んでいたでしょ?」と、言われてびっくりした経験もあります。恐らく3、4年ぶりくらいの再会だったはずなので…。

【豆知識】クルーズライフで気を付けること

船内で行われる避難訓練には参加がマスト

客船クルーズ乗船の際は、それがリピーターであっても、避難訓練に参加する義務があります。

たった1泊2日のショートクルーズ旅でも避難訓練へ参加しなければなりません。面倒だなと思って参加しないと、部屋までお手紙が届けられたり、クルーが訪ねてきて、「参加してください」と、参加するまで、しつこく言われるので注意が必要です。

避難訓練においては、部屋に備えられたライフジャケットを身に着け、指定の場所まで行って英語でのアナウンスをひたすら聞きます。座ることができないため、それなりの体力を要するので覚悟して取り組みましょう。

酔い止め薬は必須!

話は変わりますが、私は今までで10隻以上のクルーズに乗船したことがあります。しかし、中には揺れが激しいものもあり、特に悪天候のときには常に震度2~3程度の揺れを感じ、まともに立っていられません。

そのため、船酔いすることもあるので酔い止めの薬は上備しておくことをオススメします(カウンターに行けば、酔い止めの薬をもらえることもありますが、念のため)。

アルコールドリンクは別料金

先ほど、食事はツアー代金内に含まれると書きましたが、アルコールなどのドリンクは別料金というパターンがほとんどです。

原則的にクルーズ内には飲食物の持ち込みができないため飲まれる方は割高になってしまうかもしれませんが、キャンペーンで安くなることもあるので、船内新聞やクルーへ訪ねるなど情報をチェックしてみてくださいね。

クルーズでの体験レポートは今後もお楽しみに!

クルーズでの体験レポートは、今後も別の機会にちょくちょく書いていきますので、お楽しみに。
 

続く…

 

寺崎 美保子(てらさきみほこ)。テキサスホールデムポーカー歴12年。
AJPCや夕刊フジ杯ポーカー王位決定戦などの実況を担当。
著者「人気実況者てらこの はじめてのポーカー テキサスホールデムで勝つ」KADOKAWAより絶賛発売中!