ハーフストップ法

ハーフストップ法を駆使してカジノの資金管理を徹底しよう!

2018/12/28

カジノの負けを取り戻すため100億円以上もの会社のお金を私的流用したとして逮捕された元大王製紙会長の井川氏は、カジノは止め時の見極めが難しいと説いています。

カジノを知り尽くした人の言葉だけに真実味がありますが、そのための資金管理法としてハーフストップ法があります。この記事ではこのハーフストップ法の説明と、実践的な使い方を紹介していきます。

ハーフストップ法ってどんな方法?

ハーフストップ法
ハーフストップ法は、カジノのゲームで得た利益が半分になったらプレーを終了するというシンプルなルールです。賭け方や肝心の利益の出し方について触れるものではありません。

つまり、カジノのゲームを止めることができず、損失を膨らますことを回避するとともに、半分の利益は確保するという資金管理法となります。

例えば、最初の手持ち資金が200ドルであったとします。

ルーレットで50ドルの利益が出たとして、ここからハーフストップ法を用いるとすれば、25ドルの損失が出た時点でゲームを強制的に終了します。確実に25ドルの利益は手元に残すことができるのが、ハーフストップ法の利点です。

カジノのゲームで負けている時、多くの人はその損失を何とか取り戻そうと考えます。さらに、これだけ負けたのだから、確率的にはそろそろ勝つ回数も増えてくるだろうとも考えるものです。

例えば、ルーレットの赤黒(白いボールが赤と黒のどちらのポケットに落ちるのかに賭けるもの)で負け続けている人は、赤も黒も出る確率は同じなのだから、そろそろ勝つ回数が増えるだろうと思います。

“確率的”には赤も黒もほぼ2分の1の割合ですが、これは赤あるいは黒のどちらに多くボールが落ちていようが、次に落ちる確率は赤も黒も同じです。

つまり、10回連続で黒に落ちても、次に赤に落ちる確率は変わらずに2分の1弱(2分の1にならないのは“0”と“00”があるため)となります。

もちろん、大数の法則というものがあり、多くのプレーを続けていると赤と黒に落ちる回数はほとんど同じになります。しかし、これは相当の回数でなければ適用されません。

おそらく、一つのルーレットで数十時間も続けてプレーする必要があるでしょう。しかし、ルーレットは台によって“クセ”があるという噂もあるので、そもそも大数の法則が適用されるのか不明です。

つまり、長時間プレーをしたところで損失を取り戻すことができるかどうかはわからないため、ハーフストップ法で切り上げるのも一つの戦略といえます。

関連記事
ルーレットで利益を出したい!損益の変動が少ない賭け方5選を紹介
カジノルール攻略ガイド|ルーレット

ハーフストップ法のメリット

ハーフストップ法
ハーフストップ法のメリットはただひとつ、利益をある程度確保してゲームを止めることができる点です。

カジノのゲームには流れがあり、勝っている時はどんどん利益が膨らむことがあります。このようなケースは、そう多くないので、途中で切り上げるのは難しいものです。さらに、この勝ち続けるという経験が、心理的に悪い影響を与えます。

やがて、流れが変わり損失を出すようになっても、勝ち続けていた時の記憶が強烈に残っているので、損失は取り戻せると思ってしまいます。そして、せっかく得た利益が削り取られても止めることができず、利益のすべてを失う事態になるケースも少なくありません。

ハーフストップ法で利益の半分を失ったら終了すると決めておけば、少なくともその半分の利益だけは確保しておくことができます。

ハーフストップ法のデメリット

ハーフストップ法
ハーフストップ法は必勝法ではありません。

自分で最初にハーフストップ法を適用する利益の額を設定しますが、そこに至る前に損失が膨らんでもストップするルールがありません。

このようにハーフストップ法は、あくまでも利益が出たらという前提で適用する資金管理法にすぎないというデメリットがあります。

ハーフストップ法がおすすめの人とは

ハーフストップ法をおすすめしたいのは、自分でゲームを切り上げることができない人です。

せっかく積み上げた利益が減ってしまって悔しいと思い、それをどうにか取り戻そうと考えがちな人には、ぜひ使って欲しい方法です。

関連記事
低リスクで負けを回収できるカジノ戦略の2in1法ってどんな方法?
カジノのやめ時がわかる戦略法!ラブシェール法の使い方を紹介!

ハーフストップ法の実践的な活用方法

ハーフストップ法
メリット・デメリットを理解したうえで、どのようにハーフストップ法を活用するか考えてみましょう。

ここからは、一般的なハーフストップ法に手を加えた、オリジナルの手法を紹介していきます。

適用する利益の額をどのように設定するか決める

ハーフストップ法に大切なことは、ハーフストップ法を適用する利益の額をどのように設定するかです。そのためには、まず、自分のこれまでのプレーを振り返り、分析する必要があります。

例えば、ルーレットの赤黒で、最大どの程度の損失を出したのかを考えてみましょう。これはトータルの数字ではなく、ワンセットのプレーで生じた損失額です。

ダランベール法でルーレットの赤黒に賭けているとします。ダランベール法は負けたら賭け金を1単位増やし、勝ったら1単位減らすベット方法です。1単位とは、最初の賭け金のことです。

ダランベール法は利益が出たらリセットして1セット終了するので、その間の最大ドローダウン(下落率・損失額)を記録しておきます。

ハーフストップ法での利益設定は、この最大ドローダウンの倍にするとよいでしょう。最大ドローダウンの損失を生じたら、そこから取り返すのは難しいからです。

関連記事
カジノ初心者でも勝率をアップさせられるルーレットの勝ち方を紹介
カジノで勝ちたい!シンプルでノーリスクな必勝法のダランベール法

利益が増えていった場合は最大利益の半分にすると効果的

ハーフストップ法の運用はふたつのパターンに分かれます。一つは利益設定をしたあとにどれほど利益は増えようとも、最初の設定利益の半分を失ったらゲームをやめるという方法です。

例えば、設定利益を60とした場合、順調に利益を増やしていき設定利益の60ドルに達したとしたら、そこから設定利益の半分の30まで減ったら、利益を30と確定し、ゲームを終了させるというのが一つ目の方法です。

もう一つは、利益は増えていったならば、その都度ハーフストップ法を適用する利益を更新して、最大利益の半分にするという方法です。

どちらの方法を取るのかは、実際に試してみて利益率の高い方にすればよいでしょう。大事なことは、自分のプレースタイルと統計によって、最終的な利益率が高い方法を自分なりに作っていくということです。

もし、設定利益に届かずに損失が膨らんでいったならば、最大ドローダウンの損失を出した時点で終了するなどの工夫もするとよいでしょう。

ハーフストップ法でカジノに挑戦してみよう!

ハーフストップ法
カジノはのめり込むといくらでも資金を失っていきます。そこで自分なりの資金管理方法を作らなければなりません。これは投資と同じ考えですが、その意味でこのハーフストップ法は役立ちます。

なかなかカジノで稼げないという方は、活用してみてはいかがでしょうか。