カジノ チップ 種類

カジノチップってどんな種類があるの?交換方法や種類を紹介

2018/12/20

カジノで遊ぶ際に、ポーカーやルーレット等のゲームでは、現金ではなく、専用のチップを使用して遊びます。カジノに馴染みのない方はチップがどんなものかわからない方も多いと思いますが、チップには様々な種類があります。

この記事では、そんな“カジノチップ”の種類について紹介していきます。

カジノチップってどんなもの?

カジノ チップ 種類
「カジノチップ」は、カジノ場でのみ使用され、金銭と交換することで手に入れられるものです。

ゲーム機械の場合には、直接現金を使用できますが、サイコロやトランプを用いるゲームの場合は、現金の代わりにチップが使われています。また、チップは後で現金と交換をすることもできます。

チップを使う理由

チップを使う理由の一つとして、現金をチップ化することで金銭感覚が鈍り、より賭けやすく、遊びやすくなる効果を促すためとされています。

また、異なった金額のチップは色や数字で区別されているため、ディーラーにとっても計算がしやすいメリットがあります。

チップの特徴

チップの特徴として、まず、現金との同等の価値と交換性が保証されていることです。また、万が一、チップを顧客が持ち帰り、再度同じ施設に来場してもチップとしての有効性は変わらないという特徴があります。

チップはあくまで、現金と同等の価値、交換性をハウスが保証するものであり、そもそもチップを貸しているわけではありません。チップは法律上、特定の場所、用途のみに使用される「引換証」のようなものだと考えるとよいでしょう。

現金の代わりとなるチップは扱いに注意が必要

カジノ・ハウスにとって、チップは現金と同じです。そのため、厳重な取扱い手順が決められています。

また、制度、規制の側面からもチップの製造や販売、使用、破棄等の取扱いは厳しい規制の対象となります。万が一、偽造されたチップが紛れ込んで使用されていた場合、カジノ・ハウスにとって致命的な損失となります。

そのため、偽造を防止する手段として、チップの中に「RFIDチップ」を埋め込む方法が一部のカジノ施設で行われています。

RFIDチップを埋め込むことでテーブルで利用されているチップのポジションの全体を把握することが可能になりました。また偽造チップが紛れていると数字が合わないため、偽造防止対策にもなっています。

関連記事
カジノをプレイする上で欠かせないチップの購入方法などを紹介
カジノチップマーカーはカジノにある便利なシステム!仕組みを紹介

カジノチップの種類

 

View this post on Instagram

 

Running Good !!

The Poker Playersさん(@thepokerplayers)がシェアした投稿 –


カジノチップの種類は以下の通りとなります。(ラスベガスの例)

白/$1チップ
赤/$5チップ
緑/$25チップ
黒/$100チップ
紫/$500チップ
黄色(オレンジ)/$1000チップ
茶色(チョコレート)/$5000チップ
オレンジ(1回り大きいサイズ)/$25000

チップは、区別しやすくするために、各チップでそれぞれ異なった色となっています。色分けが定着しているため、カジノ内では色で呼んでも意味が通じます。例えば、現金$100をチップと交換する場合に、「All Red Please 」と言えば、$5チップをくれますよ。

また、チップは、スロットマシンでは使用できません。スロットマシンは昔なら金属製の重いコイン(トークン)を、現在なら現金をそのまま使用します。

関連記事
カジノチップって販売されているの?カジノチップの種類や価格などを紹介
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ

現金をチップに交換する方法って?

カジノ チップ 種類
カジノゲームを行うためには、チップを使用しなければなりません。

大金でない限り、現金とチップの交換はテーブルで行われます。テーブルの上に現金を置くことが、チップと現金の交換のサインとなります。また、ディーラーに「チェンジ」と伝えれば、大抵の国で通じるでしょう。

交換するときは、ディーラーに手渡しせず、必ずテーブルの上に置きましょう。また、交換するタイミングは、ゲームが終了し、客がベットしている間がベストです。客が大勝しているテーブルで大金を両替しないというのがマナーとなっているため注意しましょう。

現金を受け取ったディーラーは、エリアの責任者に声をかけ、責任者立ち合いの下、チップの交換が行われます。これは、ディーラーと顧客の不正を防ぐためです。欧米圏のカジノは、手続きが簡略化されているところが多いですが、マカオや韓国など、アジア圏のカジノでは、かなり厳しく手続きが行われます。

また、ゲームで遊び終わった後、小さな桁のチップが大量に手元にある場合があります。そのまま、他のゲームに行くことも可能ですが、チップ数の数は限られているため、「カラーアップ」と呼ばれる方法でチップの整理を行うのがマナーです。($5のチップが10枚なら、$25のチップを2枚に変える。)

関連記事
マカオのカジノは両替制度が充実!マカオのカジノでの両替方法を紹介
カジノに必要不可欠なディーラーってどんな仕事?年収などを紹介!

チップを現金に交換する方法って?

カジノ チップ 種類
手元にチップが残った場合は、必ず現金に換金します。

ゲーム開始のときは、ディーラーに換金してもらいましたが、ゲーム終了後はディーラーにチップを渡しても現金にはなりません。

カジノ内には「カジノキャッシャー」と呼ばれる換金場所があるので、そこでチップを現金に交換してもらいます。まず、窓口にチップを置き、偽チップがないかどうかの確認後、入念な金額チェックが行われ、現金と交換して終了です。

「キャッシャー」はお店によって1ヶ所のところもあれば、複数あるところもありますよ。ゲーム終了後にチップが残っていた場合は忘れずに現金に換金しましょう。

チップの種類を知っておくことでよりカジノを楽しめる

カジノ チップ 種類
ラスベガスやマカオに行ったら、やはりカジノで遊びたくなりますよね。

カジノチップの使い方や種類は、場所によって多少の違いはありますが、ほとんどが同じ流れなため、覚えやすく簡単です。

カジノチップについて知っておくことでよりカジノを楽しむことができますよ!