ペンシルバニア州

アメリカの魅力ある州 ペンシルバニア州の観光地や魅力を紹介!

2018/12/14

アメリカ旅行と言えば、ロサンゼルスやサンフランシスコ、ニューヨークなどが一般的ですが、この他にもアメリカには観光地として魅力的な場所が数多くあります。

「ペンシルバニア州」は、あまり馴染みのない州かもしれませんが、多くの魅力が詰まっています。この記事では、そんな「ペンシルバニア州」について紹介していきます。

ペンシルバニア州ってどんな場所?

ペンシルバニア州
ペンシルバニア州は、1787年12月12日にアメリカ第2の州として誕生しました。

アメリカの北東部に位置し、東と北東にニューヨーク州、南にデラウェア州、メリーランド州、ウエストバージニア州、西にはオハイオ州が隣り合っています。面積は北海道の約1.4倍で、人口は約1280万人(2017年)です。

ちなみに、ペンシルバニア州の名前の由来は、当初「シルバニア(森林)」という名前だったのを、州の整備に尽力したウィリアム・ペンに敬意を表して、イングランド王チャールズ2世が「ペンシルバニア」と命名したことから来ています。

州都は、中南部に位置する「ハリスバーグ」です。

関連記事
魅力的な観光スポットに溢れたアメリカ南部の州「アラバマ州」で思い出の時間を過ごそう
ジャズの発祥地としても人気の高いアメリカ ルイジアナ州!ルイジアナ州の魅力を紹介
NASAもあるアメリカ第4の都市 ヒューストンの観光地を紹介!

ペンシルバニア州の気候

ペンシルバニアは、面積も広く地形などにより気候にもバラつきがありますが、全体的には四季がはっきりして、日本の東北地方に似ています。冬には降雪があり春から夏には雨が多くなっています。

年間を通じて降雨量が多いのが特徴で、夏は暑くホタルも見られ、秋は紅葉も楽しめます。

南東にあるフィラデルフィアは、夏が暑く冬が寒いのが特徴で、春は寒暖差が10度以上にもなるので服装には注意が必要です。また、ペンシルバニア州北西の「エリー湖」付近はアメリカでも降雪の多い場所に数えられています。

ペンシルバニア州の州都でもあるハリスバーグ

ペンシルバニア州
ペンシルバニア州の州都であるハリスバーグは、植民地時代や南北戦争において重要な役割を果たし、まさにアメリカの歴史が凝縮された街と言えます。

ここからは、ハリスバーグの中で人気の高い観光スポットをいくつか紹介していきます。

定番の観光スポット ペンシルバニア州会議事堂


地元にある学校の定番観光スポットにもなっているのが、ペンシルバニア州会議事堂です。

白く美しい建物の内部に入ると壮大な階段、大きな修道院の絵画やステンドグラスに心を奪われます。また、床に敷き詰められている絵のタイルや各部屋にある豪華なシャンデリアなども印象的です。

ペンシルバニア州会議事堂の美しさは、元大統領のセオドア・ルーズベルトが「今まで見た建物の中でもっとも美しい建物」と賞賛したそうです。

ペンシルバニアの歴史を学べるペンシルバニア州立博物館

ペンシルバニアの歴史を学びたい人にオススメなのがペンシルバニア州立博物館です。ネイティブアメリカンの暮らしや19世紀の町の様子がわかりやすく展示されています。

その他、「国立南北戦争博物館」や「ペンシルバニア国立消防博物館」、「John Harris-Simon Cameron Mansion」など、アメリカの歴史が学べる場所がハリスバーグには点在しています。

子供も楽しめるハーシーパーク・ハーシーズチョコレートワールド


ハリスバーグ近郊にはチョコレートで有名な「ハーシー社」のアミューズメントパーク「ハーシーパーク」と「ハーシーズチョコレートワールド」があります。

ハーシーパークではジェットコースターやウォーターライドなどの乗り物が楽しめ、ハーシーズチョコレートワールドではチョコレートの製造過程が楽しく学べますよ。

アメリカ独立宣言がおこなわれたフィラデルフィア

ペンシルバニア州
アメリカ独立宣言がおこなわれたフィラデルフィアは、ペンシルバニア州最大の都市で、「アメリカの京都」とも呼ばれていて歴史ある街です。

ここからはフィラデルフィアで人気の高い観光スポットを紹介していきます。

アメリカ誕生の地でもある独立記念館


トーマス・ジェファーソンが起草した独立宣言の文書に署名がされた建物が、独立記念館です。

また、独立記念公園があるインディペンデンス国立歴史公園には独立を象徴する「自由の鐘」が展示され、アメリカ誕生の地であることが感じられます。

ロッキーの撮影地でもあるフィラデルフィア美術館

フィラデルフィア美術館は、映画「ロッキー」で、主人公ロッキーが階段を駆け上がり両手を広げたシーンの場所として有名です。ロッキーのマネをして記念写真を撮る観光客は少なくありません。

世界中の美術品が展示されているアメリカ有数の歴史ある美術館となっています。

関連記事
アメリカの三大美術館の一つ シカゴ美術館の見どころと魅力を紹介
アメリカの美術館といえばメトロポリタン美術館!基本情報と魅力を紹介
60,000点近くの貴重な美術品が見られる!美術好きには堪らない「ヒューストン美術館」

世界中の食材が集まるレディング・ターミナル・マーケット


古い駅舎を利用した「レディング・ターミナル・マーケット」は、世界中の食材が集まる人気の観光スポットになっています。

全米でもっとも住みやすい街 ピッツバーグ

ペンシルバニア州
ペンシルバニア州南西部に位置するピッツバーグは、フィラデルフィアに次ぐ大都市で、長い間「鉄鋼の街」として栄えていました。

現在は、IT、医療、教育、金融などが中心で、全米でもっとも住みやすい町と言われています。ここからは、ピッツバーグの観光スポットを紹介していきます。

滝の上に建つ落水荘(フォーリング・ウォーター)

 

View this post on Instagram

 

Susan SONGさん(@zhesong.susan)がシェアした投稿


ピッツバーグから車で1時間半ぐらいの場所にあるのが、建築界の巨匠フランク・ロイド・ライトが設計した落水荘です。

滝の上に立っている住宅を見ようと多くの観光客が集まっています。

アメリカの5大自然博物館の一つ カーネギー自然史博物館

「鉄鋼王」と呼ばれたカーネギーによって1896年に創設されたのが、カーネギー自然史博物館です。アメリカの五大自然史博物館のひとつで、特に恐竜のコレクションは世界でももっとも質が高いと言われています。

また、石炭を運ぶために作られたアメリカ最古のケーブルカー「モノンガヒラ・インクライン」や「デュケインインクライン」も人気の観光スポットになっています。

リンカーンで有名なゲティスバーグ

ペンシルバニア州
アメリカの南北戦争で最大の戦闘地となったゲティスバーグ。

「人民の、人民による、人民のための政治」のフレーズで有名なリンカーンの「ゲティスバーグ演説」は米国史上もっとも重要な演説と言われています。ここからはゲティスバーグの観光スポットを紹介していきます。

南北戦争の歴史を感じられるゲティスバーグ国立軍事公園

南北戦争の転換点といわれる「ゲティスバーグ戦い」の古戦場跡がゲティスバーグ国立軍事公園です。

公園内には国立墓地や博物館があり南北戦争の遺物が数多く展示されています。

アーミッシュが多く住むランカスター

ランカスターは、ペンシルバニア州の南部中央にある都市で、東部には「アーミッシュ」が多く住んでいることで有名です。

アーミッシュはドイツ系移民の宗教集団で、電化製品や電話などに頼らず、農耕や牧畜で自給自足の生活を送っています。ここからはランカスターの主な観光スポットを紹介していきます。

アーミッシュの暮らしを覗けるランカスターカウンティ

アーミッシュの住む街と言われているのがランカスターカウンティで、アーミッシュの人が作るジャムやピクルスなどのお店が数多くあります。

また、農園や学校などアーミッシュの暮らしを覗いたりするツアーにも参加できます。

ランカスター・セントラル・マーケット


アーミッシュの人々のコミュニティの中心にあるのが、アメリカ最古のファーマーズマーケットである「ランカスター・セントラル・マーケット」です。

アーミッシュの手作り製品を求めて、多くの観光客が集まっています。

アメリカの原点、ペンシルバニア州に行ってみよう!

ペンシルバニア州
自由の国アメリカの原点とも言えるペンシルバニア州。

アメリカの歴史を感じる旅も、素敵ですね。ぜひアメリカ旅行を考えている方はペンシルバニア州への旅行も検討してみてください。