ニューカレドニア レストラン

絶品グルメを思う存分満喫できるニューカレドニアのレストランを紹介!

2018/12/09

『天国に一番近い島』と称されるニューカレドニア(首都:ヌメア)は、オーストラリアの東に浮かぶ、フランス海外領土の島です。

透明度抜群の海に囲まれていることから、日本人にはハネムーン先としても人気のリゾートですが、実はニューカレドニアは、本格的なフレンチや高級食材が気軽に楽しめる島としても有名です。

この記事では、そんなニューカレドニアのグルメにスポットをあて、おすすめのレストラン、おすすめの食べ物、レストラン入店の際のドレスコードなどを紹介していきます。

ニューカレドニアのレストランの服装と靴

ニューカレドニア レストラン
古くからフランス領であるニューカレドニアには、フレンチ文化が定着しており、街中には本格的なフレンチレストランからカジュアルレストランまで、多く存在しています。

フランスまで出向かなくてもフレンチが楽しめるのは嬉しいですが、南のビーチリゾートとはいっても、入店にはそれなりのドレスコードが要求されます。

例えば高級フレンチの場合は、ジーパン、Tシャツ、ビーチサンダルは絶対にNGです。男性の場合は長ズボンに襟の付いたシャツ、女性の場合はドレスやワンピースなど、身だしなみに気遣いましょう。

靴は男性なら革靴、女性ならヒールのあるパンプスがおすすめです。ただし、男性の襟付きシャツは半袖でもOKで、ジャケット、ネクタイなどは必要ありません。

一方、高級レストラン以外のレストランでは、ジーパンでも可能な場合が多いですが、上着はポロシャツなどの襟付きを選びましょう。短パンはNGです。女性の場合は、やはりワンピースやブラウスとスカートなどの格好がベターです。

南国リゾート気分のままで出かけると、サービスを十分に受けられない場合もありますので、注意してくださいね。

関連記事
お得に「ニューカレドニア」へ旅行に行くにはツアーがおすすめ!
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介
ドレスコードにおけるカジュアルスタイルってどんな服装なの?

ニューカレドニアのレストランでおすすめの食べ物

 

View this post on Instagram

 

• Sydney Eats • | Foodie Liv 🤓さん(@liv_sy)がシェアした投稿

ニューカレドニアには、現地で採れる高級食材や希少な食材が多く存在します。

ここからは、ニューカレドニアに行ったら絶対味わって欲しい、おすすめの食べ物を紹介していきます。

世界最高級のエビ「天使のエビ」

ニューカレドニアで養殖されたエビのことを、「天使のエビ」といいます。

日本では高級レストランでしか見る事のない、世界最高級のエビです。化学飼料を使わず天然で育つため、安全性が高いことでも評判です。アミノ酸が豊富に含まれた天使のエビは、旨味、甘味、コクが深く、絶品と言われています。

レストランでも食べられますが、首都ヌメアの市場(マルシェ)でも気軽に食べられます。

イルデパンの巨大エスカルゴ

ニューカレドニア本島の東南に浮かぶ小さな島、イルデパン島原産のエスカルゴも有名です。

一般的なエスカルゴより大きいのが特徴で、ぷりぷりとした歯ごたえが楽しめます。乱獲を避けるため、現在ではイルデパンのレストランでしか味わえなくなった、幻の逸品です。

イルデパンに滞在した人だけに許された特権なので、ぜひニューカレドニアに行った際には、イルデパンにも足を運んでみてください。

フランス郷土料理のガレット

 

View this post on Instagram

 

Galette du jour 😁 . . . . . . . . .#restaurant #crepes #galette #recette #suisse #suisseromande #martignyphoto #manger #food #martigny #bretagne #breton

Crêperie Bretonneさん(@creperie_bretonne_quartz)がシェアした投稿 –


ガレットは、フランスブルターニュ地方の郷土料理ですが、ニューカレドニアでも親しまれている定番のメニューです。日本のクレープのような見た目で、薄く焼いたそば粉の皮に、フルーツやシーフードなどを乗せて食べます。

トッピングの種類が豊富で、主食にもデザートにもなりますよ。首都ヌメアにはガレットの専門店もあるので、ぜひ色々試してみましょう。

ニューカレドニアのおすすめレストラン

ニューカレドニア レストラン
ここからは、ニューカレドニアの絶品グルメが楽しめる、おすすめのレストランを紹介します。

関連記事
まさに楽園のようなニューカレドニアで幸せいっぱいの新婚旅行を楽しもう!
天国に一番近い島!ニューカレドニアの基本情報と旅行の楽しみ方をご紹介
世界中から年間約10万人が訪れるリゾート地!ニューカレドニアの首都・ヌメアで癒しの旅をしよう!

ブッフェスタイルがメインのラ・ピローグ

ホテル、ル・メリディアンイルデパンに併設する、イルデパンのレストランの中でも人気が高いラ・ピローグ。フランス料理とメラネシア料理を提供しています。

朝はブッフェスタイルがメインですが、ディナーでイルデパンの巨大エスカルゴやロブスターなどが食べられます。日本語メニューもありますよ。ディナーにはドレスコードがあるので注意しましょう。

ロケーションが最高の水上レストラン ル・ルーフ

 

View this post on Instagram

 

Memorable dinner at Le Roof in Noumea! #newcaledonia #noumea #nc #francais #french #france #beach #leroof #ansevata

Kuan Liさん(@kuanli)がシェアした投稿 –


ル・ルーフは、アンスバタ湾に浮かぶ有名な水上レストランで、ロケーションも最高です。

海に面した席では、水中で魚が泳ぐ姿を見ながら食事が楽しめますよ。「天使のエビ」も食べられます。日本語メニューもあるため安心です。海に面したテラス席に座りたい場合は、事前に予約しておきましょう。

地元民にも人気の高いガレット専門店 ル・ロシェ

シトロン湾を見渡す高台にあるレストラン、ル・ロシェ。地元民にも人気の高い、ガレット専門店です。

野菜を具にしたメインディッシュ系から、チョコレートやアイスクリームを使ったスイーツ感覚のものまで品揃えも多いので、何度行っても飽きないでしょう。定番のリンゴ酒(シードル)とあわせて頂きましょう。ボリュームもあるので、男性にもおすすめです。「天使のエビ」を使ったガレットもありますよ。

海が見える席を希望する場合は、予約していきましょう。日本語メニューもあります。

カジュアルな雰囲気が特徴のラ・マーミット

ラ・マーミットは、オルフェリナ湾を望む海沿いにある本格派フレンチレストランですが、店内はカジュアルな雰囲気なので、安心して入れます。

現地の食材を使ったオリジナルメニューも多く、特に肉料理とシーフードが人気です。デザートやワインも豊富に揃っているので、メイン、スイーツ、ワインと、全て楽しみたいという欲張りグルメ派にぴったりです。料理にあったワインをソムリエに選んで貰うことも出来ますよ。

ドレスコードは特にありませんが、最低でも長ズボンと襟付きのシャツなどで行きましょう。予約は必須です。

ニューカレドニアのレストランで絶品グルメを満喫!

ニューカレドニアレストラン
本格的なフレンチに、世界一のエビ、巨大な希少エスカルゴなど、絶品グルメがあふれるニューカレドニアは、美食とリゾートが同時に満喫できる楽園です。

透き通るような青い海を眺めながら、ここでしか味わえない高級グルメを楽しむ時間は、究極の贅沢と言えるでしょう。日本との時差も2時間しかないので、時差ボケに悩まされる事もなく、短期の休みでも行けますよ。

ニューカレドニアに行く際には、フォーマルな服や靴を忘れないように持参しておきましょう。