レンタカー 借り方

旅行でレンタカーを借りたい!レンタカーの具体的な借り方を紹介!

2018/12/14

皆さんも、一度はレンタカーを借りたいと考えたことがあるのではないでしょうか?免許は持っているけど車がない友達同士でのドライブや、旅行先での移動手段、引越しの際のトラックなど、使い方はそれぞれあると思います。

しかし、実際どのように借りるのか、借りる際に必要な物など初めて借りるとなったときに分からないこともたくさんあると思います。この記事では、そんなレンタカーの借り方を、流れに沿って紹介していきます。

海外旅行の際はレンタカーが必要になる場面も出てくると思うのでぜひ参考にしてみてください!

レンタカーの借り方の流れ

レンタカー 借り方
レンタカーは、基本的に運転免許を持っていれば、誰でも借りることが出来ます。そのため、免許取得したての未成年の方でもレンタカーを借りることが出来ますよ。

ただし、未成年者や初心者の方に貸すかどうかはそれぞれのお店次第なので、まずはそのお店に確認をとってみましょう。

レンタカー会社を決める

免許を取得して間もない方や慣れない車を運転することになるレンタカーでは、事故が多いです。

そのため、レンタカー会社選びで重要なのは「保険・補償」がしっかりしているかどうかです。料金で選ぶのではなく、事故を起こしてしまった際の補償の手厚さが重要となり、その安心感も選ぶ上での選択肢のひとつとなります。

おすすめのレンタカー会社は、「タイムズカーレンタル」です。業界最高レベルの手厚い保険に入ることが出来ます。その次におすすめなのが、「トヨタレンタカー」、「オリックスレンタカー」です。

他に、「ニッポンレンタカー」などもあるため、自分に合ったプランや料金を考えて選んでみましょう。

関連記事
海外旅行保険への加入は必要?クレジットカードの保険じゃダメ?

レンタカーを予約する

まず、日時・場所・用途に合わせてレンタカーの車種などを選びます。

レンタカーは直接お店に行って借りることも出来ますが、電話かネットでの予約が基本となっています。レンタルしたい当日の1時間前までの予約が可能な会社も多いですが、2日前ぐらいには予約をしておかないと、希望の車に乗れないかも知れないので注意しましょう。

また、予約日から1週間以内でのキャンセルは基本的にキャンセル料が発生してしまうことが多いです。そのため、しっかりと予定を立ててからレンタカーの予約をしましょう!

レンタカーを借りる際に付けられるオプションの種類

レンタカー 借り方
レンタカーを借りる際に付けられるオプションや割引などもあります。

ここからはレンタカーを借りる際に付いてくるオプションについて紹介していきます。

お得にレンタカーを借りられる会員割引

レンタカーは、会員登録やネット予約をすると大幅に割引されるところも多いようなので、公式ホームページをチェックすることをオススメします!

例えば、メンバーのお客様がネットで予約をすると10%オフ、ゴールドメンバーのお客様なら20%オフ!のように、各社いろんな割引があります。

無料でチャイルドシートを付けることもできる

オプション内容として予約の際にチャイルドシートの有無などを伝えることができます。小さいお子様がいる場合には大変便利なオプションです。

ちなみに、チャイルドシートは6歳未満のお子様が対象となっています。

補償や保険を必ず付けた方がよい

初心者の方はどうしても事故が多いです。そのため、補償や保険などが付いた安心のプランを選択するのがよいでしょう。

初心者の方は、必ず「免責補償制度」というのに加入することをおすすめします。加入していないと、事故を起こした際に最大で10万円程度の支払い義務が生じてしまいます。1日約1000円ほどの追加料金で加入出来るため、必ず入るようにしましょう。

あとは、「ノンオペレーションチャージ」(NOC)という補償制度にも加入することをおすすめします。

「ノンオペレーションチャージ」は加入しておくと、乗って帰れる程の小さな事故で2万円、乗って帰れない程の大きな事故で5万円の支払い料金が免除されます。値段は、500円から1000円程度の追加料金で加入できます。

しかし、ノンオペレーションチャージの制度自体がない会社もあるので注意しましょう。また、免責補償制度やノンオペレーションチャージに加入していれば、事故の際、運転者の支払い金は基本的に全て免除される場合もあります。

関連記事
美しい街並みを見れるハンガリーの治安っていいの?ハンガリーの治安を紹介!
南アフリカの治安ってよくないの?南アフリカの治安について紹介
旅費も安く抑えられて治安も良いマレーシアで快適な旅を楽しもう

受付と車両チェック

レンタカー 借り方
当日、受付をするときに必要な物は、(運転される方全員の)運転免許証とクレジットカードです。現金で支払いたい場合は、運転免許証と本人確認書類(保険証・公共料金領収書・住民票・印鑑証明など)を持っていきます。

そして、出発前には車両チェックを行います。車両チェックとは、車体に傷が無いかをお店のスタッフと一緒に確認します。

車両チェックは、レンタカーを貸す前と返却後に車の状態に変化が無いかを確認するのが主な理由のひとつです。他にも、車の基本的な操作の仕方が分からない場合や質問がある時はスタッフに聞くと1番良いでしょう。

万が一、車をぶつけてしまったときは、些細な傷であっても必ずレンタカー会社と警察に連絡をします。報告せずに後から分かってしまった場合、補償が利かない、大きな金額を自己負担、というようなことになってしまうこともあります。

関連記事
海外旅行に行った際の海外携帯のかけ方と会社別の料金やプランを紹介
海外旅行で携帯電話を使う時に気をつけること

返却前には必ず給油!

レンタカー 借り方
レンタカーに乗り終わって、レンタカーを返すときは必ずガソリンを満タンにしてから返しましょう。

あとは、スタッフの方と車体の最終チェックをし、問題がなければこれで返却完了となります。

レンタカーを借りて快適な旅行をしよう!

レンタカー 借り方
レンタカーを借りるということは、慣れない車に乗ることになります。そのため、計器類やナビなどをいじるときは停車してから操作するくらいの気持ちを持ち、注意した方がいいでしょう。

レンタカーの事故は意外と多いですが、ちょっとした注意で事故率は大幅に減らせます。そのため、一緒に載る人たちの間で意識的に注意をし合い、十分に気をつけてドライブを楽しんでください。

TAGS