ポルト歴史地区

世界遺産「ポルト歴史地区」の老舗カフェ”マジェスティック”のレトロな空気に思わずうっとり

2019/02/06

ポルトガルの世界遺産「ポルト歴史地区」。ポルトガルのシンボルでもある「クレリゴス教会」やドウロ川にかかる「ドン・ルイス1世橋」など、ポルトガルに来たら外せないスポットがたくさん詰まっています。

見どころは数えきれないほどあるこのポルト歴史地区ですが、中でもオススメしたいのが「カフェ・マジェスティック」という、レトロな装飾がとってもかわいい老舗カフェレストラン。創業当時と変わらないアールヌーヴォー様式の空間と落ち着いた雰囲気は、ポルトを訪れる観光客のみならず、地元の人からも長く愛されています。

歴史あるカフェレストラン「マジェスティック」

カフェ・マジェスティックの創業は、今から97年前の1921年。数字だけで見ると「ん?」という感じですが、「ウォルト・ディズニー・カンパニーよりも2歳年上」と聞けば、どうでしょうか?そう、こちらのカフェレストランは、あのキャラクターたちよりもちょっとだけ早く生まれているのです。

そんなカフェ・マジェスティックでは、長い歴史が生んだ格調高く上品な空気感を、五感のすべてでじっくりと堪能することができます。

店内にしつらえられた調度品も、歴史を感じさせるものばかり。…アンティーク好きにはたまらない、まさに極上の空間になっています…。

もちろん、マジェスティックは地元の人からも愛されるだけあって、「見て楽しめる」以外の魅力もたっぷり。

お店で注文できるのは、軽食やスイーツ、しっかりしたディナープレートまでを揃えたフードメニューに、こだわりのドリンクメニュー。また、カクテルやワインの提供も行っているので、オトナ女子の方にもきっとご満足いただけるでしょう。

さて、ということで――ポルト歴史地区の風景で心を満たした後は、老舗カフェレストラン「マジェスティック」でゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

アクセス

「カフェ・マジェスティック」はポルト歴史地区の地下鉄ボリャオン駅から徒歩3分の場所に立地しています。

ちなみにボリャオン駅の周辺には、青いタイル飾りが美しい「アルマス礼拝堂」があり、カフェが面している「サンタ・カタリーナ通り」はポルト随一のショッピングストリートになっています。ポルト歴史地区全体が見所いっぱいの場所なので、ご旅行の際はじっくりと時間をかけて堪能することをおすすめします。