ローズモスク

イランのカラフル神秘空間「ローズモスク」に感性が揺さぶられる

2018/12/07

イラン南西部の都市・シーラーズにある「ナスィーロル・モルク・モスク」は、19世紀後半に建てられたイスラム教の礼拝堂。

「礼拝堂」――と聞くと静謐で厳めしいイメージを思い浮かべるかもしれませんが、こちらのモスクには、そうした一般的な印象とは一線を画す、大きな特徴が隠されているんです。

美しい薔薇の礼拝堂「ローズモスク」

ナスィーロル・モルク・モスクの最大の特徴、それは、拝堂内部がとんでもなく華やかであることです。

その美しさを、まずはその目でお確かめください。

 

View this post on Instagram

 

Koshiro Ukiyaさん(@kou_frombigpink)がシェアした投稿

いかがでしょうか。この色彩溢れる神秘的な空間…。ペルシアの熱い日差しを受けて、色とりどりのステンドグラスがモスク全体を七色に染め上げる様子は、まさに圧巻の一言です。

 

View this post on Instagram

 

Vale Ratonさん(@valeraton)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

@sophia.chlorisがシェアした投稿

ちなみにナスィーロルの特徴は、ステンドグラスの他にもあります。

 

View this post on Instagram

 

Tatsuya Saitoさん(@saicosalam)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

Tatsuya Saitoさん(@saicosalam)がシェアした投稿

モスクの天井、壁面を飾っているのは、イスラム伝統のタイル飾り。ナスィーロル・モルク・モスクには薔薇をモチーフにしたタイルが数多く使われていることから、旅行者たちからは親しみを込めて「ローズモスク」とも呼ばれています。

薔薇の礼拝堂なんて、なんだか素敵ですよね。

 

View this post on Instagram

 

Mami Ichikawaさん(@ichikawa.mami)がシェアした投稿

ということで、光に満ちた薔薇の礼拝堂「ナスィーロル・モルク・モスク」へ、ぜひぜひ足を運んでみてくださいね♪

「ローズモスク」のベストシーズンは?

ナスィーロル・モルク・モスク(地図)の美しい光景を存分に楽しみたいなら、冬場のご旅行がおすすめです。「光が強い夏場のほうがいいのでは?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、その日差しの強さが大きな難点。

ローズモスクがあるシーラーズの夏季平均気温は32℃。静かにお祈りをするには少し暑すぎる気温のため、日によってはカーテンが閉められてしまっていることがあるんです。しかし、日差しが穏やかな冬場なら、そんな心配はありません。

ただし、冬場の最低気温は0℃近くになる日もあるため、防寒の用意もお忘れなく!